サービスから

Windowsのコントロールパネルから「管理ツール」-「サービス」を開きます。

Windowsサービス画面

「ASTERIA WARP」というエントリがあることを確認し、ダブルクリックします。

Windowsサービス画面

ここで、「スタートアップの種類」で「自動」を選択すると、Windows起動後に自動的にフローサービスを起動します。アクセス制御された共有フォルダにアクセスするなどWindowsアカウントでの認証が必要な場合には、下図のように明示的にアカウントの設定を行います。

Windowsサービス画面

設定が完了したら「OK」ボタンをクリックし、「開始」ボタンをクリックします。

Windowsサービス画面

起動を開始すると、上図のように表示されます。起動が完了したかどうかを正確に知るには、[DATA_DIR]/log/asteria-console.logファイルおよび[DATA_DIR]/log/asteria.logファイルから確認できます。

同様に、停止を行う場合には「停止」ボタンを選択します。

Windowsサービスからの起動を行う場合には、[INSTALL_DIR]/boot/bin/asjs.confをフローサービスの環境変数として使用しますので、実行パスを追加する場合などには編集が必要です。

この方法では、スタートメニューから起動・停止する方法に比べてWindows起動後に自動的にフローサービスを起動することができるため、通常はこちらでの運用を推奨します。

※ログの出力先を管理コンソールより変更している場合は、上記の説明で[DATA_DIR]/logを設定した出力先に置き換えてください。

 

▲ このページのトップへ