モニター

接続したサーバー上のフローの実行状態を表示します。

モニター画面を表示する

モニター画面の構成

モニター画面は、以下のような構成になっています。

メモ

ツールバーの各アイコンと同じ機能は以下のメニューからも操作できます。

  • 「モニター」メニュー
  • 各タブの一覧で右クリックして表示されるメニュー
  • 画面下部のボタン

ツールバー

監視状態を操作するのアイコンが揃えられています。

最新の状態に更新。フローの実行状況を最新の状態に更新して表示します。
フローを一時的に停止する。実行中のフローを一時的に停止します。
フローを再開する。停止していたフローの実行を再開します。
フローを強制終了する。実行中のフローを強制的に終了します。

「ワーカースレッド」タブ

ワーカーの稼動状態を監視します。以下の情報を確認することができます。

「フローリクエスト」タブ

リクエストの実行状態を監視します。以下の情報を確認することができます。

表示列の選択

「ワーカースレッド」タブと「フローリクエスト」タブの一覧で、それぞれの列を表示または非表示にすることができます。列の表示または非表示を選択するには、以下の操作を行います。

自動更新の設定

サーバーの状態を取得して表示する間隔を指定することができます。自動更新の設定には以下の項目があります。

自動更新の設定 説明
無効 自動更新しません。
1秒間隔で自動更新します。
通常 2秒間隔で自動更新します。
5秒間隔で自動更新します。
カスタム 指定した任意の秒間隔で自動更新します。

自動更新の間隔を指定するには、以下の操作で行います。

メモ

自動更新を無効にするには、画面下部の「自動更新停止」で行うことができます。

「カスタム」の場合、入力ダイアログボックスで自動更新の間隔を秒単位で指定して「OK」をクリックします。

 

▲ このページのトップへ