com.infoteria.asteria.flowengine2.flow
クラス ComponentCompiler

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowengine2.compile.AbstractCompiler
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowengine2.compile.CompilerBase
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowengine2.flow.ComponentCompiler

public class ComponentCompiler
extends CompilerBase

標準のコンポーネントコンパイラです。
自作のコンパイラを作成する場合はこのクラスを継承して作成します。


フィールドの概要
protected  Component _component
          コンパイル中のコンポーネント。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.compile.CompilerBase から継承したフィールド
_A_ACCESS, _A_BREAKPOINT, _A_CATEGORY, _A_CONNECTOR, _A_DEFAULT, _A_ENABLED, _A_FILENAME, _A_FILEPATH, _A_FRACTION_LENGTH, _A_ID, _A_LENGTH, _A_MACRO, _A_NAME, _A_NODETYPE, _A_PARTS, _A_PREFIX, _A_PRIORITY, _A_REPEAT, _A_START_POSITION, _A_STATE, _A_STREAM, _A_TYPE, _A_URI, _A_VERSION, _E_COMPONENT, _E_EXTERNAL, _E_FIELD, _E_FLOW, _E_INPUT, _E_ITEM, _E_LINK, _E_LOG, _E_NAMESPACE, _E_OUTPUT, _E_PROJECT, _E_PROPERTY, _E_ROW, _E_VARIABLE, _E_VARIABLES, _E_WEBSERVICE, _V_CACHE_TYPE, _V_DEBUG_LOG, _V_DEFAULT, _V_EXCEPTION, _V_FIELDS, _V_LOGLEVEL, _V_LOGNAME, _V_OUTPUT_DEFAULT, _V_PRIVATE, _V_PROJECT, _V_PUBLIC, _V_SESSION, _V_SESSION_VARIABLES, _V_SYSTEM_VARIABLES, _V_TIMEOUT, _V_VARIABLES
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.compile.AbstractCompiler から継承したフィールド
log, WARN_0, WARN_1
 
コンストラクタの概要
ComponentCompiler(Component component)
          コンパイル対象のコンポーネントを引数にComponentCompilerを作成します。
 
メソッドの概要
 Logger getLogger()
          Loggerを返します。
protected  User getOwner()
           
protected  void onComponentError(ErrorInfo info)
          ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
protected  void onComponentError(int code)
          ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
protected  void onComponentError(int code, Object o1)
          ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
protected  void onComponentError(int code, Object o1, Object o2)
          ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
protected  void onComponentError(int code, Object o1, Object o2, Object o3)
          ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
protected  void onComponentError(String msg)
          ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
protected  void onComponentWarning(ErrorInfo info, int level)
          ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
protected  void onComponentWarning(int code, int level)
          ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
protected  void onComponentWarning(int code, int level, Object o1)
          ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
protected  void onComponentWarning(int code, int level, Object o1, Object o2)
          ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
protected  void onComponentWarning(int code, int level, Object o1, Object o2, Object o3)
          ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
protected  void onComponentWarning(String msg, int level)
          ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
protected  void postCompile()
          このメソッドはコンポーネントのMapを引数とするpostCompile(Map)メソッドに置き換えられました。
protected  void postCompile(Map componentMap)
          プロジェクトファイル中に定義されているすべてのPropertyが設定された後に呼び出されます。
protected  boolean processOtherProperty(Property property, Element el)
          独自のPropertyTypeを定義した場合にオーバーライドします。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.compile.CompilerBase から継承したメソッド
createErrorInfo, fireOnError, fireOnWarning, getComponentName, getFlowName, getProjectName, isFlowNode, isIgnoreNode
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.compile.AbstractCompiler から継承したメソッド
getErrorCount, getWarningCount, logElement, onError, onError, onError, onError, onError, onError, onWarning, onWarning, onWarning, onWarning, onWarning, onWarning, setLogger
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

_component

protected Component _component
コンパイル中のコンポーネント。
コンストラクタの詳細

ComponentCompiler

public ComponentCompiler(Component component)
コンパイル対象のコンポーネントを引数にComponentCompilerを作成します。
メソッドの詳細

getLogger

public Logger getLogger()
Loggerを返します。
オーバーライド:
クラス AbstractCompiler 内の getLogger

processOtherProperty

protected boolean processOtherProperty(Property property,
                                       Element el)
独自のPropertyTypeを定義した場合にオーバーライドします。
自作PropertyのProperty#getTypeメソッドが独自のPropertyTypeを返すように作成した場合、 このメソッドをオーバーライドすることによりProperty要素の内容を自由にコンパイルすることが出来ます。

postCompile

protected void postCompile(Map componentMap)
プロジェクトファイル中に定義されているすべてのPropertyが設定された後に呼び出されます。
このメソッドをオーバーライドすることによりプロパティの整合性のチェックなどを行うことが出来ます。
パラメータ:
componentMap - ownerFlowに含まれるコンポーネント名とコンポーネントインスタンスのMap

postCompile

protected void postCompile()
このメソッドはコンポーネントのMapを引数とするpostCompile(Map)メソッドに置き換えられました。
今後postCompileメソッドをオーバーライドする場合はMapを引数とするメソッドを使用してください。

onComponentError

protected void onComponentError(int code)
ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
エラーメッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentError

protected void onComponentError(int code,
                                Object o1)
ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
エラーメッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentError

protected void onComponentError(int code,
                                Object o1,
                                Object o2)
ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
エラーメッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentError

protected void onComponentError(int code,
                                Object o1,
                                Object o2,
                                Object o3)
ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。
エラーメッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentError

protected void onComponentError(ErrorInfo info)
ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。

onComponentError

protected void onComponentError(String msg)
ユーザが作成したサブクラスで使用するエラー通知メソッドです。

onComponentWarning

protected void onComponentWarning(int code,
                                  int level)
ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
警告メッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentWarning

protected void onComponentWarning(int code,
                                  int level,
                                  Object o1)
ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
警告メッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentWarning

protected void onComponentWarning(int code,
                                  int level,
                                  Object o1,
                                  Object o2)
ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
警告メッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentWarning

protected void onComponentWarning(int code,
                                  int level,
                                  Object o1,
                                  Object o2,
                                  Object o3)
ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。
警告メッセージをxscファイルから取得することができます。
パラメータ:
code - xscファイルで定義したMessage要素のkeyを指定します。

onComponentWarning

protected void onComponentWarning(ErrorInfo info,
                                  int level)
ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。

onComponentWarning

protected void onComponentWarning(String msg,
                                  int level)
ユーザが作成したサブクラスで使用する警告通知メソッドです。

getOwner

protected User getOwner()