com.infoteria.asteria.flowengine2.flow
クラス InputConnector

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowengine2.flow.Connector
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowengine2.flow.InputConnector

public class InputConnector
extends Connector

入力コネクタです。


フィールドの概要
static int LINK_UNBOUNDED
          リンクを無制限に受け入れることをあらわす定数
 
コンストラクタの概要
InputConnector(int acceptType, boolean required)
          受け入れるストリーム型と必須かどうかを指定してコネクタを作成します。
 
メソッドの概要
 int getAcceptLinkCount()
          リンクを受け入れる数を取得します。
 StreamDataObject getStream()
          getStream(isAcceptContainer(), isExpandContainer())と同じです。
 StreamDataObject getStream(boolean bAcceptContainer, boolean bExpandContainer)
          コネクタに入力された最初のストリームを返します。
 StreamDataObject[] getStreamArray()
          コネクタに入力されたストリームを配列で返します。
 boolean isAcceptContainer()
          このコネクタでStreamDataContainerを受け入れるかどうかを取得します。
 boolean isExpandContainer()
          このコネクタでStreamDataContainerを展開するかどうかを取得します。
 void setAcceptContainer(boolean value)
          このコネクタでStreamDataContainerを受け入れるかどうかを設定します。
 void setAcceptLinkCount(int value)
          リンクを受け入れる数を設定します。
 void setExpandContainer(boolean value)
          このコネクタでStreamDataContainerを展開するかどうかを設定します。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.flow.Connector から継承したメソッド
getAcceptType, getOwnerComponent, isAccept, isRequired, setAcceptType
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

LINK_UNBOUNDED

public static int LINK_UNBOUNDED
リンクを無制限に受け入れることをあらわす定数
コンストラクタの詳細

InputConnector

public InputConnector(int acceptType,
                      boolean required)
受け入れるストリーム型と必須かどうかを指定してコネクタを作成します。
パラメータ:
streamType - StreamTypeで宣言されているStream型。複数指定する場合は "|" で接続
required - このコネクタにストリームが必須の場合は true
メソッドの詳細

setAcceptLinkCount

public void setAcceptLinkCount(int value)
リンクを受け入れる数を設定します。
無制限にリンクを受け入れる場合はLINK_UNBOUNDEDを指定します。

getAcceptLinkCount

public int getAcceptLinkCount()
リンクを受け入れる数を取得します。

getStreamArray

public StreamDataObject[] getStreamArray()
                                  throws StreamException
コネクタに入力されたストリームを配列で返します。
入力ストリームがない場合は空の配列を返します。
isExpandContainerがtrueの場合はStreamDataContainerは展開されて取得されます。

getStream

public StreamDataObject getStream()
                           throws StreamException
getStream(isAcceptContainer(), isExpandContainer())と同じです。

getStream

public StreamDataObject getStream(boolean bAcceptContainer,
                                  boolean bExpandContainer)
                           throws StreamException
コネクタに入力された最初のストリームを返します。
AcceptLinkCountが 1のコネクタであれは getStreamArray()よりもこのメソッドを使用した方が若干速いです。
isExpandContainerがtrueの場合で、見つかったStreamがStreamDataContainerの場合はコンテナ内の最初のStreamが返されます。
パラメータ:
bAcceptContainer - コンテナを許容するかどうか
bExpandContainer - コンテナを分解するかどうか

isExpandContainer

public boolean isExpandContainer()
このコネクタでStreamDataContainerを展開するかどうかを取得します。

setExpandContainer

public void setExpandContainer(boolean value)
このコネクタでStreamDataContainerを展開するかどうかを設定します。

isAcceptContainer

public boolean isAcceptContainer()
このコネクタでStreamDataContainerを受け入れるかどうかを取得します。

setAcceptContainer

public void setAcceptContainer(boolean value)
このコネクタでStreamDataContainerを受け入れるかどうかを設定します。