com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient
クラス FlowRequest

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.FlowRequest

public class FlowRequest
extends Object

クライアントからフローの実行をリクエストする際に使用するパラメータクラスです。


フィールドの概要
static int MODE_DEBUG
          実行モード - デバッグ
static int MODE_NORMAL
          実行モード - 通常
static int MODE_PROFILE
          実行モード - プロファイル
 
コンストラクタの概要
FlowRequest()
           
 
メソッドの概要
 int getExecuteMode()
          実行するフローの実行モードを取得します。
 String getExecuteUserName()
          実行ユーザー名を取得します。
 String getFlowName()
          実行するフローのフロー名を取得します。
 long getLifetime()
          セッションが新規で作成される場合のライフタイムを取得します。
 VariableList getParams()
          実行するフローの引数を取得します。
 String getProjectName()
          実行するフローのプロジェクト名を取得します。
 String getRequestId()
          実行するフローのリクエストIDを取得します。
 String getSessionId()
          実行するフローのセッションIDを取得します。
 String getUserName()
          実行するフローのプロジェクトオーナーを取得します。
 boolean isLoginUserAsExecuteUser()
          ログインユーザーを実行ユーザーにするかどうかを取得します。
static String modeToString(int mode)
           
 void setExecuteMode(int value)
          実行するフローの実行モードを設定します。
 void setExecuteUserName(String s)
          実行ユーザー名を設定します。
 void setFlowName(String value)
          実行するフローのフロー名を設定します。
 void setLifetime(long value)
          セッションが新規で作成される場合のライフタイムを設定します。
 void setLoginUserAsExecuteUser(boolean b)
          ログインユーザーを実行ユーザーにするかどうかを設定します。
 void setParams(VariableList value)
          実行するフローの引数を設定します。
 void setProjectName(String value)
          実行するフローのプロジェクト名を設定します。
 void setRequestId(String value)
          実行するフローのリクエストIDを設定します。
 void setSessionId(String value)
          実行するフローのセッションIDを設定します。
 void setStream(org.w3c.dom.Document doc)
          実行するフローの入力ストリームをDocumentとして設定します。
 void setStream(int type, byte[] data)
          実行するフローの入力ストリームをバイト列として設定します。
 void setStream(int type, File f)
          実行するフローの入力ストリームをFileから設定します。
 void setStream(int type, InputStream is)
          実行するフローの入力ストリームをjava.io.InputStreamとして設定します。
 void setStream(int type, String data)
          実行するフローの入力ストリームを文字列列として設定します。
 void setStream(ResultSet rs)
          実行するフローの入力ストリームをjava.sql.ResultSetとして設定します。
 void setStream(String[] names, List list)
          実行するフローの入力ストリームをValue[]のListとして設定します。
 void setUserName(String value)
          実行するフローのプロジェクトオーナーを設定します。
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

MODE_NORMAL

public static final int MODE_NORMAL
実行モード - 通常

MODE_DEBUG

public static final int MODE_DEBUG
実行モード - デバッグ

MODE_PROFILE

public static final int MODE_PROFILE
実行モード - プロファイル
コンストラクタの詳細

FlowRequest

public FlowRequest()
メソッドの詳細

modeToString

public static final String modeToString(int mode)

setUserName

public void setUserName(String value)
実行するフローのプロジェクトオーナーを設定します。

getUserName

public String getUserName()
実行するフローのプロジェクトオーナーを取得します。

setProjectName

public void setProjectName(String value)
実行するフローのプロジェクト名を設定します。

getProjectName

public String getProjectName()
実行するフローのプロジェクト名を取得します。

setFlowName

public void setFlowName(String value)
実行するフローのフロー名を設定します。

getFlowName

public String getFlowName()
実行するフローのフロー名を取得します。

setSessionId

public void setSessionId(String value)
実行するフローのセッションIDを設定します。

getSessionId

public String getSessionId()
実行するフローのセッションIDを取得します。

setRequestId

public void setRequestId(String value)
実行するフローのリクエストIDを設定します。

getRequestId

public String getRequestId()
実行するフローのリクエストIDを取得します。

setExecuteMode

public void setExecuteMode(int value)
実行するフローの実行モードを設定します。
設定値にはこのクラスで宣言されているMODE_XXXXというシンボルを使用します。

getExecuteMode

public int getExecuteMode()
実行するフローの実行モードを取得します。

isLoginUserAsExecuteUser

public boolean isLoginUserAsExecuteUser()
ログインユーザーを実行ユーザーにするかどうかを取得します。

setLoginUserAsExecuteUser

public void setLoginUserAsExecuteUser(boolean b)
ログインユーザーを実行ユーザーにするかどうかを設定します。

getExecuteUserName

public String getExecuteUserName()
実行ユーザー名を取得します。

setExecuteUserName

public void setExecuteUserName(String s)
実行ユーザー名を設定します。

setStream

public void setStream(int type,
                      byte[] data)
実行するフローの入力ストリームをバイト列として設定します。
パラメータ:
type - ストリーム型。StreamTypeクラスで宣言されている定数を指定します。
data - ストリームのバイト列

setStream

public void setStream(int type,
                      String data)
実行するフローの入力ストリームを文字列列として設定します。
指定できるストリーム型はText, HTML, CSV, XMLです。
パラメータ:
type - ストリーム型。StreamTypeクラスで宣言されている定数を指定します。
data - ストリームの文字列

setStream

public void setStream(org.w3c.dom.Document doc)
実行するフローの入力ストリームをDocumentとして設定します。
ストリーム型はXMLになります。
パラメータ:
doc - 入力ストリームとなるXMLドキュメント

setStream

public void setStream(ResultSet rs)
               throws SQLException
実行するフローの入力ストリームをjava.sql.ResultSetとして設定します。
ストリーム型はRecordになります。
パラメータ:
rs - ResultSet

setStream

public void setStream(String[] names,
                      List list)
実行するフローの入力ストリームをValue[]のListとして設定します。
ストリーム型はRecordになります。
パラメータ:
names - フィールド名の配列
list - レコード

setStream

public void setStream(int type,
                      InputStream is)
               throws IOException
実行するフローの入力ストリームをjava.io.InputStreamとして設定します。
パラメータ:
type - ストリーム型。StreamTypeクラスで宣言されている定数を指定します。
is - 入力ストリーム

setStream

public void setStream(int type,
                      File f)
               throws IOException
実行するフローの入力ストリームをFileから設定します。
setStream(type, new FileInputStream(f))と同じです。
パラメータ:
type - ストリーム型。StreamTypeクラスで宣言されている定数を指定します。
f - 入力ストリームとなるファイル

setParams

public void setParams(VariableList value)
実行するフローの引数を設定します。

getParams

public VariableList getParams()
実行するフローの引数を取得します。

setLifetime

public void setLifetime(long value)
セッションが新規で作成される場合のライフタイムを設定します。(秒単位)

getLifetime

public long getLifetime()
セッションが新規で作成される場合のライフタイムを取得します。(秒単位)