com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger
クラス MailTrigger

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.Trigger
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.PollingTrigger
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.MailTrigger

public class MailTrigger
extends PollingTrigger

メール監視実行設定です。


内部クラスの概要
static class MailTrigger.DeleteCondition
          メール削除処理
static class MailTrigger.HtmlMailAction
          HTMLメールの扱い
 
フィールドの概要
static MailTrigger.DeleteCondition DELETE_NONE
          メールの削除処理 - 削除しない
static MailTrigger.DeleteCondition DELETE_NORMALEND
          メールの削除処理 - 正常終了時に削除
static MailTrigger.DeleteCondition DELETE_RETURNVALUE
          メールの削除処理 - フローの戻り値が指定の値の場合に削除
static MailTrigger.HtmlMailAction HTMLMAIL_ATTACHMENT
          HTMLメールの扱い - テキストを本文とし、HTMLは添付ファイルとする
static MailTrigger.HtmlMailAction HTMLMAIL_HTML
          HTMLメールの扱い - HTMLを本文とする
static MailTrigger.HtmlMailAction HTMLMAIL_TEXT
          HTMLメールの扱い - テキストを本文とする
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.Trigger から継承したフィールド
MODE_DEBUG, MODE_NORMAL, MODE_PROFILE
 
コンストラクタの概要
MailTrigger()
          実行設定を作成します。
 
メソッドの概要
 String getAttachmentFlowName()
          添付ファイルを処理するフローのフロー名を返します
 String getAttachmentProjectName()
          添付ファイルを処理するフローのプロジェクト名を返します
 String getConnectionName()
          メール本文処理と添付ファイル処理を一連のトランザクションとするかどうかを設定します
 MailTrigger.DeleteCondition getDeleteCondition()
          メールの削除処理を返します
 String getDeleteReturnValue()
          メール削除処理がDELETE_RETURNVALUEの場合にメールを削除する戻り値を返します。
 String getExceptionFlowName()
          エラーを処理するフローのフロー名を返します
 String getExceptionProjectName()
          エラーを処理するフローのプロジェクト名を返します
 MailTrigger.HtmlMailAction getHtmlMailAction()
          HTMLメールの扱いを返します
 boolean isTransaction()
          メール本文処理と添付ファイル処理を一連のトランザクションとするかどうかを設定します
 void setAttachmentFlow(String project, String flow)
          添付ファイルを処理するフローを指定します。
 void setConnectionName(String s)
          POPのコネクション名を設定します。
 void setDeleteCondition(MailTrigger.DeleteCondition a)
          メールの削除処理を設定します
 void setDeleteReturnValue(String s)
          メール削除処理がDELETE_RETURNVALUEの場合にメールを削除する戻り値を設定します。
 void setExceptionFlow(String project, String flow)
          エラーを処理するフローを指定します。
 void setHtmlMailAction(MailTrigger.HtmlMailAction a)
          HTMLメールの扱いを設定します
 void setTransaction(boolean b)
          メール本文処理と添付ファイル処理を一連のトランザクションとするかどうかを返します
static MailTrigger.DeleteCondition strToDeleteCondition(String s)
          文字列をDeleteConditionに変換します。
static MailTrigger.HtmlMailAction strToHtmlMailAction(String s)
          文字列をHtmlMailActionに変換します。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.PollingTrigger から継承したメソッド
getHolidayAction, getHolidayName, getInterval, getScheduleId, isSkipOnInprocess, setHolidayAction, setInterval, setInterval, setSkipOnInprocess
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.Trigger から継承したメソッド
getDescription, getExecuteCount, getExecuteMode, getExecuteUserName, getFlowName, getLastExecuted, getName, getProjectName, getSessionLifetime, getType, isEnabled, isNew, setDescription, setEnabled, setExecuteMode, setExecuteUserName, setFlow, setName, setSessionLifetime, toString
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

HTMLMAIL_TEXT

public static final MailTrigger.HtmlMailAction HTMLMAIL_TEXT
HTMLメールの扱い - テキストを本文とする

HTMLMAIL_HTML

public static final MailTrigger.HtmlMailAction HTMLMAIL_HTML
HTMLメールの扱い - HTMLを本文とする

HTMLMAIL_ATTACHMENT

public static final MailTrigger.HtmlMailAction HTMLMAIL_ATTACHMENT
HTMLメールの扱い - テキストを本文とし、HTMLは添付ファイルとする

DELETE_NORMALEND

public static final MailTrigger.DeleteCondition DELETE_NORMALEND
メールの削除処理 - 正常終了時に削除

DELETE_RETURNVALUE

public static final MailTrigger.DeleteCondition DELETE_RETURNVALUE
メールの削除処理 - フローの戻り値が指定の値の場合に削除

DELETE_NONE

public static final MailTrigger.DeleteCondition DELETE_NONE
メールの削除処理 - 削除しない
コンストラクタの詳細

MailTrigger

public MailTrigger()
実行設定を作成します。
メソッドの詳細

strToHtmlMailAction

public static MailTrigger.HtmlMailAction strToHtmlMailAction(String s)
文字列をHtmlMailActionに変換します。

strToDeleteCondition

public static MailTrigger.DeleteCondition strToDeleteCondition(String s)
文字列をDeleteConditionに変換します。

setAttachmentFlow

public void setAttachmentFlow(String project,
                              String flow)
添付ファイルを処理するフローを指定します。
パラメータ:
project - プロジェクト名 param flow フロー名

getAttachmentProjectName

public String getAttachmentProjectName()
添付ファイルを処理するフローのプロジェクト名を返します

getAttachmentFlowName

public String getAttachmentFlowName()
添付ファイルを処理するフローのフロー名を返します

setExceptionFlow

public void setExceptionFlow(String project,
                             String flow)
エラーを処理するフローを指定します。
パラメータ:
project - プロジェクト名 param flow フロー名

getExceptionProjectName

public String getExceptionProjectName()
エラーを処理するフローのプロジェクト名を返します

getExceptionFlowName

public String getExceptionFlowName()
エラーを処理するフローのフロー名を返します

setHtmlMailAction

public void setHtmlMailAction(MailTrigger.HtmlMailAction a)
HTMLメールの扱いを設定します

getHtmlMailAction

public MailTrigger.HtmlMailAction getHtmlMailAction()
HTMLメールの扱いを返します

setDeleteCondition

public void setDeleteCondition(MailTrigger.DeleteCondition a)
メールの削除処理を設定します

getDeleteCondition

public MailTrigger.DeleteCondition getDeleteCondition()
メールの削除処理を返します

isTransaction

public boolean isTransaction()
メール本文処理と添付ファイル処理を一連のトランザクションとするかどうかを設定します

setTransaction

public void setTransaction(boolean b)
メール本文処理と添付ファイル処理を一連のトランザクションとするかどうかを返します

getConnectionName

public String getConnectionName()
メール本文処理と添付ファイル処理を一連のトランザクションとするかどうかを設定します

setConnectionName

public void setConnectionName(String s)
                       throws IllegalArgumentException
POPのコネクション名を設定します。 コネクション名はキー項目なのでisNew() == falseのインスタンスに対して設定を行うとIllegalArgumentExceptionが発生します。

getDeleteReturnValue

public String getDeleteReturnValue()
メール削除処理がDELETE_RETURNVALUEの場合にメールを削除する戻り値を返します。

setDeleteReturnValue

public void setDeleteReturnValue(String s)
メール削除処理がDELETE_RETURNVALUEの場合にメールを削除する戻り値を設定します。