com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger
クラス QueueTrigger

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.Trigger
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.PollingTrigger
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.QueueTrigger

public class QueueTrigger
extends PollingTrigger

キュー監視実行設定です。


内部クラスの概要
static class QueueTrigger.DeleteCondition
          メッセージ削除処理
 
フィールドの概要
static QueueTrigger.DeleteCondition DELETE_AFTER
          メッセージ削除処理 - フロー終了時に削除
static QueueTrigger.DeleteCondition DELETE_BEFORE
          メッセージ削除処理 - フロー開始時に削除
static QueueTrigger.DeleteCondition DELETE_NORMALEND
          メッセージ削除処理 - 正常終了時に削除
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.Trigger から継承したフィールド
MODE_DEBUG, MODE_NORMAL, MODE_PROFILE
 
コンストラクタの概要
QueueTrigger()
          実行設定を作成します。
 
メソッドの概要
 String getConnectionName()
          JMSのコネクション名を返します。
 QueueTrigger.DeleteCondition getDeleteCondition()
          メッセージの削除処理を返します。
 String getQueueName()
          キュー名を返します。
 String getSelection()
          選択条件を返します。
 void setConnectionName(String s)
          JMSのコネクション名を設定します。
 void setDeleteCondition(QueueTrigger.DeleteCondition a)
          メッセージの削除処理を設定します。
 void setQueueName(String s)
          キュー名を設定します。
 void setSelection(String s)
          選択条件を設定します。
static QueueTrigger.DeleteCondition strToDeleteCondition(String s)
          文字列をDeleteConditionに変換します
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.PollingTrigger から継承したメソッド
getHolidayAction, getHolidayName, getInterval, getScheduleId, isSkipOnInprocess, setHolidayAction, setInterval, setInterval, setSkipOnInprocess
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.thinclient.trigger.Trigger から継承したメソッド
getDescription, getExecuteCount, getExecuteMode, getExecuteUserName, getFlowName, getLastExecuted, getName, getProjectName, getSessionLifetime, getType, isEnabled, isNew, setDescription, setEnabled, setExecuteMode, setExecuteUserName, setFlow, setName, setSessionLifetime, toString
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

DELETE_BEFORE

public static final QueueTrigger.DeleteCondition DELETE_BEFORE
メッセージ削除処理 - フロー開始時に削除

DELETE_NORMALEND

public static final QueueTrigger.DeleteCondition DELETE_NORMALEND
メッセージ削除処理 - 正常終了時に削除

DELETE_AFTER

public static final QueueTrigger.DeleteCondition DELETE_AFTER
メッセージ削除処理 - フロー終了時に削除
コンストラクタの詳細

QueueTrigger

public QueueTrigger()
実行設定を作成します。
メソッドの詳細

strToDeleteCondition

public static QueueTrigger.DeleteCondition strToDeleteCondition(String s)
文字列をDeleteConditionに変換します

setDeleteCondition

public void setDeleteCondition(QueueTrigger.DeleteCondition a)
メッセージの削除処理を設定します。

getDeleteCondition

public QueueTrigger.DeleteCondition getDeleteCondition()
メッセージの削除処理を返します。

getConnectionName

public String getConnectionName()
JMSのコネクション名を返します。

setConnectionName

public void setConnectionName(String s)
                       throws IllegalArgumentException
JMSのコネクション名を設定します。
コネクション名はキー項目なのでisNew() == falseのインスタンスに対して設定を行うとIllegalArgumentExceptionが発生します。

getQueueName

public String getQueueName()
キュー名を返します。

setQueueName

public void setQueueName(String s)
                  throws IllegalArgumentException
キュー名を設定します。
キュー名はキー項目なのでisNew() == falseのインスタンスに対して設定を行うとIllegalArgumentExceptionが発生します。

getSelection

public String getSelection()
選択条件を返します。

setSelection

public void setSelection(String s)
選択条件を設定します。