FileList - ファイル一覧の取得

あるフォルダーのファイル一覧をレコードとして出力します。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数無制限
説明 入力ストリームは使用せず、すべて無視します。
出力フォーマットRecord
説明 出力ストリームは固定フォーマットのレコードとなります。
フィールド定義とその内容は以下の通りです。
各フィールドの順序は固定です。順序を変更したり、途中のフィールドを削除した場合、正しくデータが取得できませんので注意してください。
フィールド名データ型説明
FileNameStringファイル名
FilePathStringファイルのフルパス
FileDateDateTimeファイルの更新日時
FileSizeIntegerファイルサイズ
FileTypeStringファイル種別「file」または「directory」

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
ファイル名のパターンstring入力&出力 一覧に含めるファイルのパターンです。ここで指定したパターンにマッチしたファイル名だけが出力されます。
「**」と「*」と「?」の3つのワイルドカードが使用できます。 「**」は0個以上の任意のパスセグメントに、「*」は0個以上の任意の文字に、「?」は任意の1文字にマッチします。
空の場合はマスクによる絞込みを行わず対象フォルダー直下のファイルをすべて返します。(「*」を指定した場合と同じになります。)
例:
** - 対象フォルダー以下のすべてのファイルにマッチします。
* - 対象フォルダー直下のすべてのファイルにマッチします。
**/*.txt - 対象フォルダー以下のすべての「.txt」ファイルにマッチします。
*.txt - 対象フォルダー直下の「.txt」ファイルにマッチします。
**/src/**/*.java - 対象フォルダー以下の任意の階層にある「src」というフォルダー以下にある「*.java」ファイルにマッチします。
対象フォルダーremoteFile入力&出力 ファイル一覧を取得するフォルダーを指定します。区切り文字「\」と「/」は区別されません。
空の場合は相対パスの起点に指定されたフォルダーの一覧を取得します。
例:
directory
C:\directory
\\server\share\
対象フォルダーの詳細設定group- ファイルパスの詳細設定を行うプロパティ群です。
相対パスの起点pathResolver- 相対パス指定の場合にベースフォルダーを指定します。
プロジェクトフォルダ [Relative]
プロジェクトファイルと同じフォルダを起点にします。
ホームフォルダー [ProjectOwner]
ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
実行ユーザーのホームフォルダー [ExecuteUser]
実行ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
絶対パスを許可boolean- 絶対パスを許可するかどうか選択します。
「..」を許可boolean- 上のフォルダへ移動する記述に「..」を許可するかどうか選択します。
種別choice入力&出力 ファイル一覧に含めるファイル種別を選択します。
ファイルとフォルダー [All] - ファイルおよびフォルダー。
ファイルのみ [File] - ファイルのみ。
フォルダーのみ [Directory] - フォルダーのみ。
対象更新日時group- 更新日時を指定するプロパティ群です。
これ以前datetime入力&出力 指定した場合、更新日時がこれ以前のファイルのみが一覧対象となります。書式については、下記トピック「これ以前、これ以後プロパティの設定書式」を参照してください。
これ以後datetime入力&出力 指定した場合、更新日時がこれ以後のファイルのみが一覧対象となります。書式については、下記トピック「これ以前、これ以後プロパティの設定書式」を参照してください。
ソート順choice入力&出力 ファイル一覧のソート順を指定します。
ファイルパス(昇順) [FilePath]
ファイルパス(昇順)でソート(昇順)
ファイルパス(降順) [FilePath(Desc)]
ファイルパス(昇順)でソート(降順)
更新日時(昇順) [FileDate]
更新日時(昇順)でソート(昇順)
更新日時(降順) [FileDate(Desc)]
更新日時(昇順)でソート(降順)
ファイルサイズ(昇順) [FileSize]
ファイルサイズ(昇順)でソート(昇順)
ファイルサイズ(降順) [FileSize(Desc)]
ファイルサイズ(昇順)でソート
ループを開始loopProcess- ファイル一覧をまとめて出力するか1レコードずつループして出力するかを選択します。
はい [true] - ループの起点となって1レコードずつストリームに出力されます。
いいえ [false] - すべてのレコードがまとめてストリームに出力されます。

■ループ処理

ループを開始が「はい」の場合、このコンポーネントが起点となってファイル一覧を1レコードずつ出力します。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラ
メータ
エラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム なし ファイル名のパターンの指定が不正な場合
フォルダーが存在しない なし コンポーネントの入力ストリーム1対象フォルダーで指定したフォルダーが見つからない場合
ファイルが存在しない なし コンポーネントの入力ストリーム2対象フォルダーで指定したフォルダーにファイルがない場合

■コンポーネントの操作について

■これ以前、これ以後プロパティの設定書式

これ以前これ以後に値を設定する場合は「yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss」形式で指定します。時刻情報の省略はできません。また、取得するファイルリストには、更新日時が設定時刻ちょうどでミリ秒が0でないファイルは含まれません。逆に、設定時刻ちょうどでミリ秒が0のファイルは含まれます。