HTTPGet - HTTP(Get)サービスの呼び出し

HTTPのGetメソッドを使ってHTTPサーバーからデータを取得します。
SSL通信を行う場合、管理コンソールで登録された証明書を使用してPKI基盤に従って通信を行います。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明入力ストリーム型にParameterListを使用した場合は、各パラメーターがGETのパラメーターとして使用します。
出力フォーマットXML,CSV,FixedLength,Text,HTML,Binary,MIME

出力ストリーム変数

名前データ型説明
StatusCodeintHTTPレスポンスのステータスコード

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
コネクションを使用boolean- 接続先に以下のコネクション名を使用するかどうか選択します。
はい [true] - 以下のコネクション名で指定されたHTTP接続名をHTTPの接続先サーバーとして使用します。
いいえ [false] - コネクション情報以下のプロパティを使ってHTTPによる接続を行います。
コネクション名connection-コネクションを使用が「はい」の場合に接続先のHTTPサーバーを指定します。 コネクションペインまたは管理コンソールにて作成したHTTP接続名を選択します。
コネクション情報group-コネクションを使用プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
URLstring入力&出力 取得するロケーションとしてのURLを設定します。
指定するURLは「 http(s)://~ 」の形式でフルパス指定します。 コネクションを使用が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。
URLエンコーティングchoice入力&出力URLプロパティで指定したURLをどのようにエンコーディングするかを指定します。
コネクションを使用が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。URLのエンコーディングについては、下記トピック「URLのエンコーディングについて」を参照してください。
タイムアウト(秒)int入力&出力 リクエスト時およびコネクション接続時のタイムアウトまでの時間を秒単位で指定します。
コネクションを使用が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。
認証group-コネクションを使用が「いいえ」の場合に使用される認証プロパティ群です。 サポートしている認証方式は以下の3つです。
  • Basic認証
  • Digest認証
  • WSSE認証
ユーザー名string入力&出力 接続先のサーバーで認証を行う場合のユーザー名を設定します。
コネクションを使用が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。
パスワードpassword入力&出力 接続先のサーバーで認証を行う場合のパスワードを設定します。
コネクションを使用が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。
プロキシ設定を使用boolean- 管理コンソールで設定したプロキシ設定を使用するかどうかを指定します。
コネクションを使用が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。
はい [true] - プロキシ設定を使用します。
いいえ [false] - プロキシ設定を使用しません。
パスstring入力&出力 取得するロケーションとしてのURLを設定します。
ここで指定したURL文字列は上記のコネクション名またはURLで指定されているURLに付加されます。
※URLのパス名に付加するパス文字列であり、スキームやホスト名を含むことはできません。
HTTPのバージョンchoice- リクエストに使用するHTTPのバージョンを指定します。
HTTP/1.1 の場合 ヘッダーに Connection:close がヘッダーに強制的に設定されます。
HTTP/1.0 - HTTP/1.0を使用します。
HTTP/1.1 - HTTP/1.1を使用します。
リトライ回数int入力&出力 リクエスト時にHTTPサーバーに接続できなかったときに自動的にリトライするカウントを指定します。リトライしない場合は0を指定します。
リトライ間隔(秒)int入力&出力 上記リトライ時に再度接続リクエストを送るまでの間隔を秒単位で指定します。
リダイレクトを処理boolean- サーバーからリダイレクト先が返されたときの処理の方法を設定できます。
はい [true] - サーバーから返されたリダイレクトに自動的にリダイレクトします。
いいえ [false] - リダイレクトされません。
送信ヘッダーcategory入力   送信ヘッダータブで指定したパラメーターをHTTPヘッダーに載せて、HTTP Getリクエストを発行します。
受信ヘッダーcategory   出力 HTTPサーバーからのレスポンスを受信した際に、受信ヘッダータブに指定したパラメーターに一致するヘッダー属性がある場合、そのヘッダー属性の値を受信ヘッダータブの指定したパラメーターに設定して返します。また、このプロパティは自動的にストリーム変数になります。本コンポーネントの後に連結したマッパーで、ストリーム変数として見えるようになっています。ストリーム変数については、「はじめに」-「詳細なトピック」-「フローの構成要素」-「変数」-「ストリーム変数」を参照してください。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラ
メータ
エラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム なし コネクション名に指定したコネクションが見つからない場合
なし HTTPサーバーに接続できない場合
HTTPException「HTTPExceptionのパラメーター 」
を参照してください。
サーバーから返されたHTTPレスポンスのMIMEHTTPレスポンスのステータスコードHTTPサーバーがエラーを返した場合

■HTTPExceptionのパラメーター

No.名前説明
1HTTPStatusLineサーバーから返されたHTTPステータスラインが返されます。
2HTTPBodyサーバーから返されたHTTPレスポンスのボティが返されます。

■フローの強制終了

フローを強制終了すると、通常は実行中のコンポーネントの処理が終了してから次のコンポーネントに制御が遷移する時点でフローがアボートしますが、本コンポーネントでは実行中の処理を強制的に終了してフローがアボートします。

■URLのエンコーディングについて

例えば、URLに以下のような文字列を指定した場合、
	http://SERVER.COM/cgi-bin/program?param=あいう
	
URLエンコーティングにShift_JISを指定した場合は以下のように変換されてからリクエストが行われます。
	http://SERVER.COM/cgi-bin/program?param=%82%A0%82%A2%82%A4
	
URLに日本語を含まない場合(US-ASCII文字のみの場合)にはどれでも構いません。 URLエンコーティングに指定するエンコーディングの詳細についてはRFC1738をご参照ください。

■コネクションを使用するケース

コネクションを使用しない場合は接続先のURLに関する情報をすべてコンポーネントで設定しなければなりませんが、 コネクションを使用する場合は接続先ホストの基本情報をコネクションとして定義しておき「パス」プロパティとの組み合わせでURLを組み立てることができます。
例えば、コネクション定義でURLとして

	http://SERVERNAME
	

のようにホスト名だけを指定しておき「パス」プロパティに「/page1.html」を指定することで

	http://SERVERNAME/page1.html
	

に対してリクエストを実行することができます。
同一Webサーバーに対して複数のHTTPコンポーネントからアクセスする必要がある場合に

ようなケースではコネクションを使用する方が便利です。

■備考