Oracle

Oracle 8i / 9i / 9iR2 / 10g / 10g R2 / 11g / 11g R2 / 12c

RDBのフィールド型フローサービスのデータ型
CHARString
VARCHAR2String
NCHARString
NVARCHAR2String
LONG(未対応)
NUMBERDecimal
RAWBinary
LONG RAW(未対応)
DATEDateTime(※1)
TIMESTAMPDateTime(※2)
ROWID(未対応)
MLSLABEL(未対応)
BLOBBinary
CLOBString
NCLOBString
BINARY_FLOATDouble(※3,※4)
BINARY_DOUBLEDouble(※3,※4)
BFILE(未対応)
SYS.XMLTYPEString(※3, ※5)

注意

※1 時刻部分は「00:00:00.000」になります。ただし、Oracle 11g以降のJDBCドライバーを使用した場合、時分秒までデータを書き込むことができます。

※2 Oracle9i以降対応

※3 Oracle10g以降対応。

※4 RDBGetまたはSQLCallコンポーネントでデータを取得する場合

  • 「ループを開始」プロパティを「はい」にするか、フローサービス管理コンソールで「設定」-「サービス」-「フロー」-「フローエンジン」で「JDBC Forward Only ドライバー」を指定する必要があります。

※5 SYS.XMLTYPEを扱う場合にはJDBCドライバーと共にOracle-XDKの以下のjarファイルを配置してください。

  • xmlparserv2.jar
  • xdb.jar
  • orai18n.jar(DBMSのcharsetによっては不要)
 

▲ このページのトップへ