エラーコード一覧

ここではフローサービスに関係する主なエラーコードを紹介します。

NMON

モニタープロセスがログ出力するためのコードです。

エラーコード メッセージ 説明
NMON_F_0001 設定ファイルの読み込みに失敗しました 設定ファイルの読み込みに失敗しました。設定ファイルの存在およびその内容を確認してください。
NMON_F_0002 予期せぬ例外を受け取りました 予期せぬ例外を受け取りました。開発元に確認してください。
NMON_F_0003 予期せぬ終了が実行されます fsctrl stopを実行せずに^Cなどでプロセスを終了しようとする場合などに出力されます。
NMON_F_0999 システムに異常が発生しました。 システムに異常が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
NMON_E_1001 自ホストのIPアドレスが取得できません。/etc/hostsなどの設定を見直してください。 自ホストのIPアドレスがループバックアドレス(127.0.0.1)になっています。/etc/nsswitch.conf、/etc/hostsなどの設定を見直してください。
NMON_E_1002 メンバーサーバーの起動に失敗しました メンバーサーバーの起動に失敗しました。メンバーサーバーのポートが既に開かれているなどの原因が考えられます。
NMON_E_1003 プロセスの起動に失敗しました: %1 プロセスの起動に失敗しました。JRE、ASTERIA Warp Frameworkに問題がないか確認してください。
NMON_E_1004 プロセスが異常終了しました: %1 プロセスが異常終了しました。プロセスが終了通知することなく終了しました。
NMON_E_1005 設定情報の読み込みに失敗しました 設定情報の読み込みに失敗しました。[INSTALL_DIR]/flow/conf/asmon.xconfの存在、内容を確認してください。
NMON_E_1007 プロセスの再起動に失敗しました: %1 プロセスの再起動に失敗しました。JRE、ASTERIA Warp Frameworkに問題がないか確認してください。
NMON_E_1008 通知メールの送信に失敗しました 通知メールの送信に失敗しました。メールサーバーなどに問題がないか確認してください。
NMON_E_1009 ライセンスがありません: %1 ASTERIA Warp Serverを起動するのに必要なライセンスがありません。ライセンスファイルの存在、内容を確認してください。
NMON_E_1010 コントロールサーバーの起動に失敗しました コントロールサーバーの起動に失敗しました。既にコントロールサーバーのポートが開かれているなどの原因が考えられます。
NMON_E_1011 プロセスの開始に失敗しました: %1 プロセスの開始に失敗しました。OSレベルでのプロセス起動は成功しましたが、Runningステータスを通知する前に終了しました。
NMON_E_1012 ログサーバーの起動に失敗しました ログサーバーの起動に失敗しました。既にログサーバーのポートが開かれているなどの原因が考えられます。
NMON_E_1013 プロセスの初期化中に異常終了しました: %1 プロセスの初期化中に異常終了しました。プロセスが終了通知することなく終了しました。
NMON_E_1999 システムエラーが発生しました。 システムエラーが発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
NMON_W_2002 ワーカースレッド数の最大値は %1 に制限されます ライセンス制限を受けています。これ以上のワーカスレッド数が必要ならばライセンスを取得し直してください。
NMON_W_2003 ワーカーキューサイズの最大値は %1 に制限されます ライセンス制限を受けています。これ以上のワーカキューが必要ならばライセンスを取得し直してください。
NMON_W_2004 HTTPアクセスはlocalhostのみに制限されます ライセンス制限を受けています。localhost以外からのアクセスが必要ならばライセンスを取得し直してください。
NMON_W_2011 ライセンスが%1日後に期限切れとなります ライセンスの有効期限が近くなっています。必要ならばライセンスを取得し直してください。
NMON_W_2012 ライセンス有効期限が切れました。自動的にシャットダウンされます。 ライセンスの有効期限が切れました。必要ならばライセンスを取得し直してください。
NMON_I_3001 ASTERIA Warp Monitorが起動しました ASTERIA Warp Monitorが起動したときに出力されます。
NMON_I_3002 ASTERIA Warp Serverを停止します ASTERIA Warp Serverの停止処理を開始するときに出力されます。
NMON_I_3003 ASTERIA Warp Serverが停止しました ASTERIA Warp Serverの停止処理が完了したときに出力されます。
NMON_I_3004 設定情報を読み込みます 設定情報を読み込むときにコンソールに出力されます。
NMON_I_3005 設定情報を読み込みました 設定情報の読み込みに成功したときに出力されます。
NMON_I_3006 コントロールサーバーを起動します コントロールサーバーを起動するときにコンソールに出力されます。
NMON_I_3007 コントロールサーバーを起動しました コントロールサーバーの起動に成功したときに出力されます。
NMON_I_3018 コントロールサーバーを停止します コントロールサーバーを停止するときにコンソールに出力されます。
NMON_I_3019 コントロールサーバーを停止しました コントロールサーバーの停止に成功したときに出力されます。
NMON_I_3020 プロセスを起動します: %1 プロセスを起動するときに出力されます。
NMON_I_3021 プロセスを起動しました: %1 プロセス起動に成功したときに出力されます。
NMON_I_3022 プロセス起動をスキップしました: %1 プロセス起動をスキップしたときに出力されます。
NMON_I_3023 プロセスは開始しました: %1 プロセスがRunningステータスになり開始したときに出力されます。
NMON_I_3024 ASTERIA Warp Serverの起動が完了しました 全プロセスを起動し、開始プロセスが終了したときに出力されます。
NMON_I_3025 ASTERIA Warp Serverは停止しています ASTERIA Warp Serverが既に終了しているときに出力されます。
NMON_I_3026 ログサーバーを起動します ログサーバーを起動するときにコンソールに出力されます。
NMON_I_3027 ログサーバーを起動しました ログサーバーの起動に成功したときに出力されます。
NMON_I_3028 ログサーバーを停止します ログサーバーを停止するときにコンソールに出力されます。
NMON_I_3029 ログサーバーを停止しました ログサーバーの停止に成功したときに出力されます。
NMON_I_3030 プロセスを自動再起動します: %1 プロセスを自動再起動するときにコンソールに出力されます。
NMON_I_3031 プロセスを自動再起動しました: %1 プロセスの自動再起動に成功したときに出力されます。
NMON_I_3032 プロセスは停止しています: %1 プロセスが既に停止しているときに出力されます。
NMON_I_3033 プロセスに停止要求をだします: %1 プロセスに停止要求コマンドを送信するときに出力されます。
NMON_I_3034 プロセスに停止要求をだしました: %1 プロセスへの停止要求コマンドの送信に成功したときに出力されます。
NMON_I_3035 プロセスへの停止要求に失敗しました: %1 プロセスへの停止要求コマンドの送信に失敗したときに出力されます。
NMON_I_3036 プロセスは停止しました: %1 プロセスが正常に終了したときに出力されます。
NMON_I_3039 プロセスを強制停止しました: %1 OSレベルのプロセスをkillすることによりプロセスを強制終了させました。
NMON_I_3042 ログサーバーに接続しました: %1 ログサーバーに外部から接続があった時に出力されます。
NMON_I_3043 ログサーバーから接続解除しました: %1 ログサーバーから接続解除があった時に出力されます。
NMON_I_3044 異常なプロセスを強制終了します: %1 異常なプロセスは正常に停止させることはできないため、強制終了させます。
NMON_I_3045 %1 Server Version %2 サーバが起動したときにバージョン番号が出力されます。

AFRM

フレームワークが出力するコードです。

エラーコード メッセージ 説明
AFRM_F_0001 設定ファイルの読み込みに失敗しました 設定ファイルの読み込みに失敗しました。設定ファイルの存在およびその内容を確認してください。
AFRM_F_0002 予期せぬ例外を受け取りました 予期せぬ例外が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
AFRM_F_0003 外部マネージャーの初期化中にエラーが発生しました: %1 外部マネージャーの初期化中にエラーが発生したため処理が続行できません。
AFRM_F_0999 システムに異常が発生しました。 システムに異常が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
AFRM_E_1001 自ホストのIPアドレスが取得できません 自ホストのIPアドレスがループバックアドレス(127.0.0.1)になっています。/etc/nsswitch.conf、/etc/hostsなどの設定を見直してください。
AFRM_E_1002 初期化中にエラーが発生しました: %1 初期化中にエラーが発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
AFRM_E_1003 コントロールサーバーの起動に失敗しました コントロールサーバーの起動に失敗しました。既にコントロールサーバーのポートが開かれているなどの原因が考えられます。
AFRM_E_1004 ライセンスがありません: %1 ASTERIA Warp Frameworkを起動するのに必要なライセンスがありません。ライセンスファイルの存在、内容を確認してください。
AFRM_E_1005 外部マネージャーの終了処理中にエラーが発生しました: %1 外部マネージャーの終了処理中にエラーが発生しました。
AFRM_E_1006 終了処理中にエラーが発生しました: %1 終了処理中にエラーが発生しました。
AFRM_E_1007 スレッドの生成に失敗しました: %1 何かしらのエラーが発生し、スレッドの生成に失敗しました。スタックダンプを確認してください。
AFRM_E_1999 システムエラーが発生しました。 システムエラーが発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
AFRM_W_2001 終了していないスレッドがあります 終了していないワーカースレッドが存在する時に出力されます。
AFRM_W_2002 スレッドはタイムアウトまでに終了しませんでした: %1 監視タイムアウト時間内に終了しないワーカースレッドがある時に出力されます。
AFRM_W_2003 キューの上限値を超えました キューが既に上限値に達しており、WorkInfoを入れることができなかった時に出力されます。
AFRM_W_2004 キューに入っているアイテムがキャンセルされました キューに入っているWorkInfoが指定された時間までに処理されずに、キャンセルされたときに出力されます。
AFRM_W_2005 外部マネージャーを初期化できませんでした: %1 manager属性で指定されているマネージャーをインスタンス化できなかったときに出力されます。クラス名などを確認してください。
AFRM_W_2006 処理中に例外が発生しました Worker/Accepterの中で例外が発生しました。通常は問題なく処理が続行されます。
AFRM_W_2007 キューの上限値に近づいています (最大値:%1 現在値:%2) キューにたまっているリクエストが上限値に近づいており、まもなくあふれそうな時に出力されます。
AFRM_W_2008 統計情報ファイルの読み込みに失敗しました: %1 統計情報ファイルの読み込みに失敗しました。統計情報ファイルが壊れている可能性があります。
AFRM_I_3001 ASTERIA Warp Frameworkが起動しました: %1 ASTERIA Warp Frameworkが起動したときに出力されます。
AFRM_I_3002 ASTERIA Warp Frameworkを停止しました: %1 ASTERIA Warp Frameworkが停止したときに出力されます。
AFRM_I_3003 終了していないスレッドがありますが強制終了します 指定時間まで待っても終了しないスレッドがありました。これ以上待たずに強制終了する時に出力されます。
AFRM_I_3004 タイムアウトまでに終了していなかったスレッドが終了しました: %1 タイムアウト時間までに終了していなかったスレッドが、その後終了した時に出力されます。
AFRM_I_3005 通知メールを送信しました 通知メールを送信した時に出力されます。
AFRM_I_4000 ASTERIA Warp Frameworkの起動が完了しました 全プロセスを起動/開始が完了したときに出力されます。
AFRM_I_4001 コントロールサーバーを起動します コントロールサーバーを起動するときにコンソールに出力されます。
AFRM_I_4002 コントロールサーバーを起動しました コントロールサーバーの起動に成功したときに出力されます。
AFRM_I_4003 ASTERIA Warp Frameworkを停止します ASTERIA Warp Frameworkの停止処理を開始するときにコンソールに出力されます。
AFRM_I_4004 ASTERIA Warp Frameworkを停止しました ASTERIA Warp Frameworkの停止処理が完了したときにコンソールに出力されます。
AFRM_I_4005 コントロールサーバーを停止します コントロールサーバーを停止するときにコンソールに出力されます。
AFRM_I_4006 コントロールサーバーを停止しました コントロールサーバーの停止に成功したときに出力されます。

FLEG

主にフローエンジン本体の出力する情報のためのコードです。 通常はFlowService.logにフローエンジンのカテゴリで出力されます。

エラーコード メッセージ 説明
FLEG_I_0001 ************ フローエンジンを起動します ************ フローエンジンの起動開始時に出力されます。
FLEG_I_0002 フローエンジンが実行可能になりました フローエンジンが実行可能になったときに出力されます。
FLEG_I_0003 ************ フローエンジンが終了しました ************ フローエンジン終了時に出力されます。
FLEG_I_0021 ライブラリ変更 : %1 使用するライブラリをデフォルトから変更する場合に出力されます。通常は出力されることはありません。
%1 : ライブラリ名
FLEG_I_0022 EncodingManager : [%1][%2][%3] EncodingManagerに何らかの情報が登録された場合に出力されます。
%1 : 登録カテゴリ
%2 : param1
%3 : param2
FLEG_I_0061 コンポーネントを登録しました : %1(%2) コンポーネント登録時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : コンポーネントクラス名
FLEG_I_0062 %1件のコンポーネントを登録しました : %2 コンポーネント登録時に登録したコンポーネントの数が出力されます。
%1 : 登録コンポーネント数
%2 : コンポーネント定義ファイル名
FLEG_I_0063 コンポーネントのライセンスがありません : %1 登録しようとしたコンポーネントのライセンスがない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEG_I_0081 マッパー関数を登録しました : %1(%2) マッパー関数登録時に出力されます。
%1 : マッパー関数名
%2 : マッパー関数クラス名
FLEG_I_0082 %1件のマッパー関数を登録しました : %2 マッパー関数登録時に登録したマッパー関数の数が出力されます。
%1 : 登録マッパー関数の数
%2 : マッパー関数定義ファイル名
FLEG_I_0083 マッパー関数のライセンスがありません : %1 登録しようとしたマッパー関数のライセンスがない場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLEG_I_0101 プロジェクトを登録しました : %1 プロジェクト登録時に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLEG_I_0102 %1件のプロジェクトを登録しました 起動時に登録されたプロジェクトの件数が出力されます。
%1 : 登録プロジェクト数
FLEG_I_0103 プロジェクトを登録解除しました: %1 プロジェクトが登録解除された時に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLEG_I_0104 プロジェクト登録ファイルを保存しました: %1 プロジェクト登録ファイルが保存された時に出力されます。
%1 : プロジェクト登録ファイル名
FLEG_I_0105 プロジェクト登録ファイルを読み込みました: %1 起動時のプロジェクト登録ファイル読み込み終了時に出力されます。
%1 : プロジェクト登録ファイル名
FLEG_I_0106 プロジェクトをキャッシュしました : %1 プロジェクトがプロジェクトプールにキャッシュされた時に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLEG_I_0107 %1件のプロジェクトをキャッシュしました 起動時にキャッシュしたプロジェクト件数が出力されます。
%1 : キャッシュプロジェクト件数
FLEG_I_0108 プロジェクトをキャッシュから削除しました : %1 プロジェクトがプロジェクトプールから削除された時に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLEG_I_0109 プロジェクトキャッシュをクリアしました プロジェクトキャッシュがクリアされた時に出力されます。
FLEG_I_0110 プロジェクトをインポートしました : %1 プロジェクトのインポート時に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLEG_I_0111 関数をキャッシュしました : [%1][%2][%3] 関数コレクションの関数がキャッシュされた時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル名
%3 : 関数名
FLEG_I_0112 無効な関数をキャッシュから削除しました : [%1][%2][%3] 関数コレクションの関数がキャッシュから削除された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル名
%3 : 関数名
FLEG_I_0113 ファイルがキャッシュされました : [%1][%2][%3] ファイルがキャッシュされた時に出力されます。
%1 : オブジェクト名
%2 : ファイルパス
%3 : オプション
FLEG_I_0114 プロジェクトキャッシュの容量を超えました : [%1][%2] キャッシュのキャパシティを超えたときに出力されます。
%1 : キャパシティ
%2 : プロジェクトID
FLEG_I_0121 実行設定を登録しました : %1 実行設定の登録時に出力されます。
%1 : 実行設定
FLEG_I_0122 実行設定を削除しました : %1 実行設定の削除時に出力されます。
%1 : 実行設定
FLEG_I_0123 実行設定登録ファイルを読み込みました: %1 起動時の実行設定登録ファイル読み込み終了時に出力されます。
%1 : 実行設定登録ファイル名
FLEG_I_0124 %1件の実行設定を登録しました 起動時に登録された実行設定の件数が出力されます。
%1 : 実行設定数
FLEG_I_0125 実行設定を更新しました : %1 実行設定の更新時に出力されます。
%1 : 実行設定
FLEG_I_0126 実行設定をインポートしました : %1 実行設定のインポート時に出力されます。
%1 : 実行設定
FLEG_I_0127 実行設定の定期チェックを行いました 実行設定の定期チェックを行った時に出力されます。
FLEG_I_0128 実行設定登録ファイルを復元しました: %1 起動時に実行設定登録ファイルをバックアップから復元したときに出力されます。
%1 : 実行設定登録ファイル名
FLEG_I_0144 セッションは存在しません : %1 セッションが存在しない場合に出力されます。
%1 : セッションID
FLEG_I_0161 設定ファイルを更新しました : [%1][%2] 設定ファイルを更新した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : 更新内容
FLEG_I_0162 HttpContextの設定をリロードしました : %1 HttpContextの設定をリロードした場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_I_0181 SOAPEnvelope(%1) :\n%2 デバッグモードの場合にRequest/ResponseのSOAPEnvelopeの内容が出力されます。
%1 : 種別
%2 : SOAPEnvelope
FLEG_I_0201 FlowClientがログインしました : [%1][%2] フローデザイナーなどのクライアントがログインした時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : セッションID
FLEG_I_0202 FlowClientがログアウトしました : [%1][%2] フローデザイナーなどのクライアントがログアウトした時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : セッションID
FLEG_I_0203 FlowClientからメソッドがコールされました : %1 クライアントがエンジンのメソッドをコールした時に出力されます。
%1 : メソッド名
FLEG_I_0204 ファイルを削除しました : %1 ファイルが削除された時に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_I_0205 ユーザー情報のキャッシュを削除しました ユーザー情報のキャッシュが削除された時に出力されます。
FLEG_I_0206 ファイルを削除できませんでした : %1 ファイルを削除できない時に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_I_0207 大容量ストリームログファイルが削除されました。 このメッセージは、大容量ストリームログファイルが削除されたときに出力されます。
FLEG_I_0208 大容量ストリームログファイルを削除できません : %1 大容量ストリームログファイルの削除中にエラーが発生した場合にメッセージが出力されます。
FLEG_I_0301 HTTP Request : %1 URL実行設定によりフローの実行がリクエストされた時に出力されます。
%1 : URL
FLEG_I_0302 SOAP Request : [%1][%2] SOAP実行設定によりフローの実行がリクエストされた時に出力されます。
%1 : TargetObjectURI
%2 : MethodName
FLEG_I_0303 Schedule Request : %1 スケジュール実行設定によりフローの実行がリクエストされた時に出力されます。
%1 : スケジュールID
FLEG_I_0304 Polling Request : %1 PollingServiceが開始された時に出力されます。
%1 : タイプ
%2 : 種別
FLEG_I_0305 Skip polling : %1 PollingServiceがスキップされた時に出力されます。
%1 : タイプ
%2 : 種別
FLEG_I_0306 FTP Request : [%1.%2][%3] FTP実行設定によりフローの実行がリクエストされた時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : フォルダ
%3 : ファイル名
FLEG_I_0401 リカバリーを開始します : %1 リカバリーの開始時に出力されます。
%1 : Xid
FLEG_I_0402 リカバリーに成功しました : %1 リカバリーの成功時に出力されます。
%1 : Xid
FLEG_I_0403 リカバリーに失敗しました : %1 リカバリーの失敗時に出力されます。
%1 : Xid
FLEG_I_0404 リカバリーファイルが見つかりました : %1 起動時にリカバリーファイルが見つかった場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_I_0405 リカバリーの実行は不要です : %1 リカバリーファイルの実行が出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_I_0406 リカバリーのリトライを登録します : %1: %2秒後: あと%3回 リカバリーのリトライ登録時に出力されます。
%1 : Xid
%2 : インターバル
%3 : リトライ回数
FLEG_I_0407 リカバリーの通知メールを送信します : %1: %2 リカバリーの通知メール送信時に出力されます。
%1 : XidまたはSummary
%2 : 送信先
FLEG_I_0501 チェックポイント用RDBコネクション名 : %1 チェックポイントで使用されるRDBコネクション名が出力されます。
%1 : コネクション名
FLEG_I_0502 チェックポイント用出力パス : %1 チェックポイントで出力先となるフォルダーパスが出力されます。
%1 : パス
FLEG_I_0503 チェックポイント用出力フォルダーを作成しました : %1 チェックポイントで出力先となるフォルダーが作成された時に出力されます。
%1 : パス
FLEG_I_0504 チェックポイントが初期化されました チェックポイントが初期化された時に出力されます。
FLEG_I_0505 チェックポイント用テーブルを作成しました : %1 チェックポイント用テーブルが作成された時に出力されます。
%1 : テーブル名
FLEG_I_0507 チェックポイントが出力されました : %1 チェックポイントが出力された時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_I_0508 チェックポイントが更新されました : %1 チェックポイントが更新された時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_I_0509 チェックポイントが削除されました : %1 チェックポイントが削除された時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_I_0510 チェックポイントのメンテナンスを開始します チェックポイントのメンテナンスを開始した時に出力されます。
FLEG_I_0511 チェックポイント保存用テーブルがメンテナンスにより削除されました : %1 チェックポイント保存用テーブルがメンテナンスにより削除された時に出力されます。
%1 : テーブル名
FLEG_I_0512 チェックポイント保存用フォルダーがメンテナンスにより削除されました : %1 チェックポイント保存用フォルダーがメンテナンスにより削除された時に出力されます。
%1 : フォルダー名
FLEG_I_0513 チェックポイントのメンテナンスを終了します チェックポイントのメンテナンスを終了した時に出力されます。
FLEG_I_0514 %2件のリクエストのチェックポイントステータスを修正しました : %1 チェックポイントステータスをエラーに修正した時に出力されます。
%1 : テーブル名
%2 : 件数
FLEG_I_0515 チェックポイントの担当サーバーが更新されました : %1 チェックポイントの担当サーバーが更新された時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_I_0516 同名のチェックポイント保存用テーブルが複数発見されました:%1 同名のチェックポイント保存用テーブルが複数発見された場合に出力されます。
%1 : チェックポイント保存用テーブル名
FLEG_I_0517 チェックポイント保存テーブルのメンテナンス時にエラーが発生しました: %1 チェックポイント保存テーブルのメンテナンス時にエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_I_0520 サーバーステータスを「停止」にしました サーバーのステータスを「停止」に変更した時に出力されます。
FLEG_I_0521 サーバーを削除しました : %1 サーバーを削除した時に出力されます。
%1 : サーバーID
FLEG_I_0522 チェックポイントサービスが正常に終了しませんでした チェックポイントサービスが正常に終了しなかった場合に出力されます。
FLEG_I_0523 チェックポイントサービスが強制的に終了させられました チェックポイントサービスが強制的に終了させられた場合に出力されます。
FLEG_I_0524 チェックポイントサービスが終了しました チェックポイントサービスが終了した場合に出力されます。
FLEG_I_0525 チェックポイントサービスの終了処理でエラーが発生しました : %1 チェックポイントサービスの終了処理でエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_I_0526 チェックポイントリクエストのリトライ中にエラーが発生しました : %1 チェックポイントリクエストのリトライ中にエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_I_0527 サーバーを物理削除しました : %1 サーバーを物理削除した時に出力されます。
%1 : サーバーID
FLEG_I_0531 リトライサービス[%1]を実行間隔%2秒で開始しました リトライサービスが開始するときに出力されます。
%1 : キュータイプ
%2 : 実行間隔
FLEG_I_0532 リトライサービス[%1]を終了しました リトライサービスが終了するときに出力されます。
%1 : キュータイプ
FLEG_I_0533 リトライを実行します:%1 リトライを実行するときに出力されます。
%1 : キュータイプ
FLEG_I_0534 リトライのためのリクエストキューの空きを待っています : %1 リトライするリクエストが使用するキューに空きがない場合に出力されます。
%1 : リクエストキュータイプ
FLEG_I_0535 リトライのためのリクエストキューの空きを待っています × %1 : %2 リトライするリクエストが使用するキューに空きがない状態が継続している場合に出力されます。
%1 : 回数
%2 : リクエストキュータイプ
FLEG_I_0536 リクエストのリトライを実行します:%1/%2 リクエストをリトライする場合に出力されます。
%1 : 日付
%2 : リクエストID
FLEG_I_0541 ハートビートサービスを実行間隔%1秒で開始しました ハートビートサービスが開始するときに出力されます。
%1 : 実行間隔
FLEG_I_0542 ハートビートサービスを終了しました ハートビートサービスが終了するときに出力されます。
FLEG_I_0543 ハートビートを実行します ハートビートを実行するときに出力されます。
FLEG_I_0544 サーバーテーブルが複数発見されました:%1 サーバーテーブルが複数発見された場合に出力されます。
%1 : サーバーテーブル名
FLEG_I_0545 他サーバー %1 台にバージョンアップを促しました 他サーバーにバージョンアップの必要性を通知した場合に出力されます。
%1 : サーバー数
FLEG_I_0551 サーバーリカバリーサービスを実行間隔%1秒で開始しました サーバーリカバリーサービスが開始するときに出力されます。
%1 : 実行間隔
FLEG_I_0552 サーバーリカバリーサービスを終了しました サーバーリカバリーサービスが終了するときに出力されます。
FLEG_I_0553 サーバーリカバリーを実行します サーバーリカバリーを実行するときに出力されます。
FLEG_I_0554 %1 テーブルからリクエストをリカバリーしました:%2 件 チェックポイント保存用テーブルから異常状態のサーバーが所有するリクエストをリカバリーした場合に出力されます。
%1 : テーブル名
%2 : リクエスト数
FLEG_I_0555 サーバーをリカバリーしました : %1 サーバーをリカバリーした場合に出力されます。
%1 : サーバーID
FLEG_I_0561 リクエストリカバリーサービスを実行間隔%1秒で開始しました リクエストリカバリーサービスが開始するときに出力されます。
%1 : 実行間隔
FLEG_I_0562 リクエストリカバリーサービスを終了しました リクエストリカバリーサービスが終了するときに出力されます。
FLEG_I_0563 リクエストリカバリーを実行します リクエストリカバリーを実行するときに出力されます。
FLEG_I_0564 リクエストをリカバリーしました : %1 リクエストをリカバリーした場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_I_0565 リクエストの次回リトライ時刻を修正しました : %1 リクエストの次回リトライ時刻を修正した場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_I_0566 リクエストのオーナーになりました : %1 リカバリーのためリクエストのオーナーになった場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_I_0601 バージョンテーブルが複数発見されました:%1 バージョンテーブルが複数発見された場合に出力されます。
%1 : バージョンテーブル名
FLEG_I_0701 バージョンテーブルが作成されました バージョンテーブルの作成に成功した場合に出力されます。
FLEG_I_0702 チェックポイント保存用テーブルが更新されました:%1 チェックポイント保存用テーブルの更新に成功した場合に出力されます。
%1 : チェックポイント保存用テーブル名
FLEG_I_0703 全チェックポイント保存用テーブルが更新されました 全チェックポイント保存用テーブルの更新に成功した場合に出力されます。
FLEG_I_0704 バージョンテーブルへ登録しました:%1 バージョンテーブルへ情報を登録した場合に出力されます。
%1 : バージョン
FLEG_I_0901 Object Finalize : %1(%2) オブジェクトがガベージコレクトされる時に出力されます。
%1 : Identifier
%2 : オブジェクトクラス名
FLEG_I_0902 空きメモリ : %1bytes 空きメモリサイズがチェックされた時に出力されます。
%1 : メモリサイズ
FLEG_I_0903 実行時間 : %1ms 処理の実行時間が計測された時に出力されます。
%1 : 実行時間
FLEG_I_0904 最新バージョン番号 : %1 最新のバージョン番号を確認した時に出力されます。
%1 : 最新バージョン番号
FLEG_W_1001 ISD設定ファイルのパラメーターが不正です : [%1][%2] ISD設定ファイルのパラメーターが不正な場合に出力されます。
FLEG_W_1002 プロジェクト登録ファイルに不正があります : [%1][%2] プロジェクト登録ファイルに不正があった場合に出力されます。
%1 : 要素名
%2 : 値
FLEG_W_1003 HTTPでのフロー実行要求がフローの終了を待たずにタイムアウトしました : %1 HTTPでのフロー実行要求がフローの終了を待たずにタイムアウトした時に出力されます。
%1 : セッションID
FLEG_W_1301 不正なCookie : %1 HTTPクライアントが不正なCookieをつけてきた場合に出力されます。
%1 : MIMEのCookieヘッダ
FLEG_W_1401 Heartbeatサービスの初期化中にサーバー情報の更新に失敗しました Heartbeatサービスの初期化中にサーバー情報の存在は確認できていますが、更新に失敗した場合に出力されます。
FLEG_W_1402 Heartbeatサービスの初期化中にエラーが発生しました: %1 Heartbeatサービスの初期化中にエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_W_1501 チェックポイントのテーブルリスト更新に失敗しました: %1 チェックポイントのテーブルリスト更新に失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_W_1502 チェックポイントの設定ファイルが存在しません: %1 チェックポイントが設定ファイル(flowservice.xconf)を見つけられない場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_W_1503 チェックポイントサービスの処理時にエラーが発生しました: %1 %2 チェックポイントサービスの処理時にエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : サービス名
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2001 ファイルのフォーマットが不正です : %1 設定ファイルのフォーマットが不正な場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2002 スーパーユーザーの実行権限が不足しています : [su=%1][%2] フローエンジンのスーパーユーザーに必要な権限が不足している場合に出力されます。
%1 : スーパーユーザー名
%2 : 必要権限
FLEG_E_2003 エラーが発生しました: %1 予期せぬ例外が発生した場合に出力されます。開発元に連絡してください。
%1 : エラー詳細
FLEG_E_2004 ファイルが見つかりません : %1 ファイルが見つからない場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2011 必要なライブラリが見つかりません : %1 必要なライブラリが見つからない場合に出力されます。
%1 : クラス名
FLEG_E_2041 ユーザーにコネクションの使用権がありません : [%1][%2] ユーザーにコネクションの使用権がない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : 権限名
FLEG_E_2061 コンポーネント定義ファイルの読み込みに失敗しました : %1 コンポーネント定義ファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2062 コンポーネントの登録に失敗しました : %1(%2) コンポーネントの登録に失敗した場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : コンポーネントクラス名
FLEG_E_2063 コンポーネントの作成に失敗しました : %1(%2) コンポーネントの作成に失敗した場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : コンポーネントクラス名
FLEG_E_2064 コンポーネントが見つかりません : %1 コンポーネントが見つからない場合に出力されます。ライセンスがないなどの理由でコンポーネントが登録されていません。
%1 : コンポーネント名
FLEG_E_2081 マッパー関数定義ファイルの読み込みに失敗しました : %1 マッパー関数定義ファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2082 マッパー関数の登録に失敗しました : %1(%2) マッパー関数の登録に失敗した場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
%2 : マッパー関数クラス名
FLEG_E_2083 マッパー関数の作成に失敗しました : %1(%2) マッパー関数の作成に失敗した場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
%2 : マッパー関数クラス名
FLEG_E_2084 マッパー関数が見つかりません : %1 マッパー関数が見つからない場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLEG_E_2101 プロジェクト登録ファイルの読み込みに失敗しました : %1 プロジェクト登録ファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2102 プロジェクト登録ファイルの保存に失敗しました : %1 プロジェクト登録ファイルの保存に失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2103 プロジェクトの登録に失敗しました : %1(%2) プロジェクトの登録に失敗した場合に出力されます。
FLEG_E_2104 プロジェクトの読み込みに失敗しました : %1(%2) プロジェクトファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
%2 : ファイル名
FLEG_E_2105 プロジェクトファイルの保存に失敗しました : %1 プロジェクトファイルの保存に失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2106 プロジェクト名が重複しています : %1 登録しようとするプロジェクト名が重複している場合に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLEG_E_2107 実行設定が無効です : %1 リクエストされた実行設定が無効な場合に出力されます。
%1 : Trigger
FLEG_E_2108 外部変数の変更によりプロジェクトに不整合が発生しました : %1 外部変数セットの変更によってプロジェクトが実行できなくなった場合に出力されます。
%1 : プロジェクトId
FLEG_E_2121 実行設定の作成に必要なプロパティが見つかりません : %1 実行設定の作成に必要なプロパティが設定されていない場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
FLEG_E_2122 実行設定が重複しています : %1 実行設定が重複している場合に出力されます。
%1 : 実行設定
FLEG_E_2123 実行設定が見つかりません : %1 リクエストされた実行設定が見つからない場合に出力されます。
%1 : 実行設定
FLEG_E_2124 実行設定(スケジュール)が見つかりません : %1 リクエストされた実行設定(スケジュール)が見つからない場合に出力されます。
%1 : スケジュールID
FLEG_E_2125 実行設定(SOAP)が見つかりません : [%1][%2] リクエストされた実行設定(SOAP)が見つからない場合に出力されます。
%1 : TargetObjectURI
%2 : Method
FLEG_E_2126 プロジェクトが見つかりません : %1 リクエストされたプロジェクトが見つからない場合に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLEG_E_2127 フローが見つかりません : %1 リクエストされたフローが見つからない場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLEG_E_2128 フロー名が指定されていません リクエストや実行設定にフロー名が設定されていない場合に出力されます。
FLEG_E_2129 ユーザーが見つかりません: %1 ユーザーが見つからない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
FLEG_E_2130 ユーザーの取得に失敗しました : %1 ユーザーの取得に失敗した場合に出力されます。スーパーユーザーの権限不足、AccessControlサービスの障害などが考えられます。
%1 : ユーザー名
FLEG_E_2131 実行設定のURLが不正です : %1 URL実行設定のURLが不正な場合に出力されます。設定するURLは「/」ではじまる文字列でなければなりません。
%1 : URL
FLEG_E_2132 実行設定登録ファイルの読み込みに失敗しました : %1 実行設定登録ファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2133 実行設定登録ファイルの保存に失敗しました : %1 実行設定登録ファイルの保存に失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2134 TriggerManagerにタイプが登録できません : %1 TriggerManagerに登録するタイプが不正な場合に出力されます。
%1 : タイプ
%2 : Serializer
FLEG_E_2135 実行設定(%1)が見つかりません : %2 リクエストされたポーリング実行設定が見つからない場合に出力されます。
%1 : タイプ
%2 : id
FLEG_E_2136 実行設定(%1)が特定できません : %2 実行設定が特定できない場合に出力されます。
%1 : タイプ
%2 : 名前
FLEG_E_2137 コネクションマネージャーが取得できません : %1 コネクションマネージャーが取得できない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
FLEG_E_2138 実行設定の名前が重複しています : %1 実行設定の名前が重複している場合に出力されます。
%1 : 名前
FLEG_E_2141 フローの実行リクエストが破棄されました : [%1][%2] フローの実行リクエストが破棄された場合に出力されます。サーバーに設定以上の負荷がかかっているのでifxファイルを見直してください。
%1 : セッションID
%2 : フロー名
FLEG_E_2142 [%1] フローの実行中にエラーが発生しました : %2 フローの実行中にエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : セッションID
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2143 [%1] フローの実行前後にエラーが発生しました : %2 フロー実行の前処理または後処理にエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : セッションID
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2144 スケジューラアクセスでエラーが発生しました : %1 スケジューラアクセスでエラーが発生した場合に出力されます。Schedulerサービスの障害などが考えられます。
%1 : スケジュールID
FLEG_E_2145 SOAPでのフロー実行要求がフローの終了を待たずにタイムアウトしました : [%1][%2] SOAPでのフロー実行要求がフローの終了を待たずにタイムアウトした場合に出力されます。フローの「タイムアウト」プロパティを調整してください。
%1 : セッションID
%2 : フロー名
FLEG_E_2146 SOAP実行でのフローの入力ストリーム型が不正です。 : [%1][%2][%3] SOAP実行設定されているフローの入力ストリーム型が不正な場合に出力されます。
%1 : TargetObjectURI
%2 : メソッド名
%3 : フロー名
FLEG_E_2147 SOAP実行でのフローの出力ストリーム型が不正です。 : [%1][%2][%3] SOAP実行設定されているフローの出力ストリーム型が不正な場合に出力されます。
%1 : TargetObjectURI
%2 : メソッド名
%3 : フロー名
FLEG_E_2148 SOAP実行のフローの引数の型がマッチしません : [%1][%2][%3] SOAP実行設定されているフローの入力ParameterListのフィールド定義がリクエストの引数の形式と異なる場合に出力されます。
%1 : TargetObjectURI
%2 : メソッド名
%3 : フロー名
FLEG_E_2149 不正なSOAPRequestです : [%1][%2] 不正なSOAPRequestの場合に出力されます。通常は出力されません。
%1 : メソッド名
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2150 SOAPRequestの実行に失敗しました : %1 SOAPRequestの実行に失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_E_2151 このSOAPオペレーションはサポートされていません : %1 サポートされていないSOAPメッセージ形式の場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_E_2152 フローの実行がタイムアウトまでに終了しませんでした : %1 フロー実行要求がフローの終了を待たずにタイムアウトした場合に出力されます。フローの「タイムアウト」プロパティを調整してください。
%1 : フロー名
FLEG_E_2153 このフローはHTTPからの直接実行が許可されていません : %1.%2 フローがHTTPダイレクト実行を許可されていない場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLEG_E_2154 フローの実行に時間がかかっています。
フローは現在も実行中ですが、結果は破棄されます。
フロー実行要求がフローの終了を待たずにタイムアウトした場合のエラーページメッセージ
FLEG_E_2155 実行設定が無効に設定されています。 実行設定が無効になっている場合のエラーページメッセージ
FLEG_E_2156 フローのダイレクト実行は許可されていません。 ダイレクト実行が許可されていない場合のエラーページメッセージ
FLEG_E_2157 指定されたURLに対して実行設定がされていないか、
実行設定されているフローのコンパイルに失敗しています。
リクエストされたフローが見つからなかった場合のエラーページメッセージ
FLEG_E_2158 この実行設定は%1では実行できません。 リクエストされたフローがそのスキームで実行できない場合のエラーページメッセージ
FLEG_E_2159 ログインユーザーにフローの実行が許可されていません: [LoginUser=%1][Flow=%2] ユーザーにフローの実行が許可されていない場合に出力されます。
FLEG_E_2160 フローの実行がタイムアウトまでに終了しませんでした: %1\n(フローの実行はバックエンドで継続されています) フロー実行要求がフローの終了を待たずにタイムアウトした場合に出力されます。フローの「タイムアウト」プロパティを調整してください。(詳細版 - デザイナーで表示)
%1 : フロー名
FLEG_E_2161 設定ファイルの読み込みに失敗しました : %1 設定ファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEG_E_2162 設定ファイルの更新に失敗しました : [%1][%2] 設定ファイルの更新に失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2163 このコンテキストは削除できません : %1 削除不可のコンテキストを削除しようとした場合に出力されます。
%1 : コンテキストパス
FLEG_E_2201 FlowClientからのログインに失敗しました : [%1][%2] フローデザイナーなどのクライアントがログインに失敗した場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2202 FlowClientがログインしていません : %1 リクエストを出しているクライアントがログインしていない場合に出力されます。
%1 : セッションID
FLEG_E_2203 フォルダーが見つかりません : %1 フォルダーが見つからない場合に出力されます。
%1 : フォルダー名
FLEG_E_2204 ログインしていません クライアントがログインしていない場合に出力されます。
FLEG_E_2205 クライアントは既にログインしています : %1 既にログインしているクライアントが再度ログインしようとした場合に出力されます。
%1 : セッションID
FLEG_E_2206 不正なコマンドです : %1 不正なコマンドがリクエストされた場合に出力されます。
%1 : コマンド名
FLEG_E_2207 コマンドの使用権がありません : %1 ユーザーに権限のないコマンドがリクエストされた場合に出力されます。
%1 : コマンド名
FLEG_E_2301 リクエストは実行中ではありません : %1 リクエストが実行中でない場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2302 リクエストはブレイク可能ではありません : %1 リクエストがブレイク可能でない場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2401 メールのパースに失敗しました : %1 メールのパースに失敗した時に出力されます。
%1 : 詳細メッセージ
FLEG_E_2402 メール添付ファイルのパースに失敗しました : %1 メールの添付ファイルのパースに失敗した時に出力されます。
%1 : 詳細メッセージ
FLEG_E_2403 Mailboxへの接続に失敗しました : [%1][%2] Mailboxへの接続に失敗した場合に出力されます。
%1 : コネクション名
%2 : 実行設定
FLEG_E_2501 文書要素の名前空間がTargetNamespaceと異なります。 : {%1}%2 SOAP実行設定の文書要素がTargetNamespaceと異なる場合に出力されます。
%1 : NamespaceURI
%2 : LocalName
FLEG_E_2502 同じ名前の要素が異なる定義で使用されています。 : {%1}%2 同じ名前の要素が異なる定義となる場合に出力されます。
%1 : NamespaceURI
%2 : LocalName
FLEG_E_2503 実行設定のOperationNameとXML定義が異なります。 : [%1][%2] SOAP実行設定のOperationNameと文書要素が異なる場合に出力されます。
%1 : MessageName
%2 : LocalName
FLEG_E_2504 異なるstyleのオペレーションが混在しています。 : [%1][%2] SOAP実行設定で異なるひとつのTargetNamespaceに対してstyleが指定されている場合に出力されます。
%1 : OperationName
%2 : style/use
FLEG_E_2601 JMSQueueシステムへの接続に失敗しました : [%1][%2] JMSQueueシステムへの接続に失敗した場合に出力されます。
%1 : コネクション名
%2 : 実行設定
FLEG_E_2602 JMSQueueシステムのメッセージ受信に失敗しました : [%1][%2] JMSQueueシステムからの受信に失敗した場合に出力されます。
%1 : コネクション名
%2 : 実行設定
FLEG_E_2603 JMSQueueシステムのメッセージ受信に失敗しました : [%1][%2] JMSQueueシステムから受信したメッセージの削除に失敗した場合に出力されます。
%1 : コネクション名
%2 : 実行設定
FLEG_E_2604 メッセージからストリームを作成できません : [%1][%2] キュー監視実行設定でメッセージからフロー用のストリームが作成できない場合に出力されます。
%1 : コネクション名
%2 : 実行設定
FLEG_E_2701 メールサーバーを監視して実行するトリガーに使用できないフローが指定されました : [%1] スタートコンポーネントでチェックポイントプロパティを使うと指定したフローをメールサーバーを監視して実行するトリガーに登録することはできません。
%1 : フロー名
FLEG_E_2702 チェックポイント用RDBコネクションが存在しません : %1 チェックポイントで使用されるRDBコネクションが存在しない時に出力されます。
%1 : コネクション名
FLEG_E_2703 チェックポイントで出力先となるフォルダーの作成に失敗しました : %1 チェックポイントで出力先となるフォルダー作成に失敗した時に出力されます。
%1 : パス
FLEG_E_2704 リクエストデータファイルが存在しません : %1 リクエストデータファイルが存在しない時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2705 チェックポイントの初期化に失敗しました : %1 チェックポイントの初期化に失敗した時に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_E_2706 チェックポイントデータの取得に失敗しました : %1 チェックポイントデータの取得に失敗した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2707 チェックポイントの削除に失敗しました : %1 チェックポイントの削除に失敗した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2708 チェックポイントの更新に失敗しました : %1 チェックポイントの更新に失敗した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2709 WorkInfoの作成に失敗しました : %1 チェックポイント再実行時にWorkInfoの作成に失敗した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2710 チェックポイントの担当サーバー更新に失敗しました : %1 チェックポイントの担当サーバーの更新に失敗した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2711 サーバーステータスの変更に失敗しました。 サーバーステータスを「停止」に変更しようとして失敗した時に出力されます。
FLEG_E_2712 サーバーの削除に失敗しました : %1 サーバーの削除に失敗した時に出力されます。
%1 : サーバーID
FLEG_E_2713 実行準備ステータスへ移行しました : %1 リクエストが実行準備ステータスへ移行した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2714 実行準備ステータスへの移行に失敗しました : %1 リクエストの実行準備ステータスへの移行に失敗した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2715 チェックポイントが終了処理に失敗しました: %1 チェックポイントが終了処理に失敗した時に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_E_2716 チェックポイントは設定ファイルの読込みに失敗しました: %1 チェックポイントが設定ファイル(flowservice.xconf)の読込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_E_2717 チェックポイントのデータファイルが見つかりません チェックポイントのデータファイルが見つからない場合に出力されます。
FLEG_E_2718 チェックポイントサービスの初期化時にエラーが発生しました: %1 %2 チェックポイントサービスの初期化時にエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : サービス名
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2719 チェックポイントサービスの終了処理でエラーが発生しました: %1 %2 チェックポイントサービスの終了処理でエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : サービス名
%2 : エラー詳細
FLEG_E_2720 チェックポイントサービスがフローを強制終了しようとしたときにエラーが発生しました: %1 チェックポイントサービスがフローを強制終了しようとしてエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEG_E_2721 リトライ待ちステータスへ変更しました : %1 リクエストがリトライ待ちステータスへ変更した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2722 リトライ待ちステータスへの変更に失敗しました : %1 リクエストのリトライ待ちステータスへの変更に失敗した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEG_E_2723 サーバーの物理削除に失敗しました : %1 サーバーの物理削除に失敗した時に出力されます。
%1 : サーバーID
FLEG_E_2801 バージョンテーブルの作成に失敗しました バージョンテーブルの作成に失敗した場合に出力されます。
FLEG_E_2802 チェックポイント保存用テーブルへのフィールドの追加に失敗しました:%1 チェックポイント保存用テーブルへのフィールド追加処理に失敗した場合に出力されます。
%1 : テーブル名
FLEG_F_9001 フローエンジンの起動に失敗しました : %1 フローエンジンの起動に失敗した場合に出力されます。設定を見直してください。
%1 : エラー詳細
FLEG_F_9002 FlowServiceのライセンスがありません。 FlowServiceのライセンスがない場合に出力されます。
FLEG_F_9003 FlowServiceのエンタープライズライセンスがありません。 FlowServiceのエンタープライズライセンスがない場合に出力されます。
FLEG_F_9100 他サーバーよりバージョンアップの必要性を通知されました。 他サーバーのバージョンアップにより自サーバーのバージョンアップが必要になり、サーバーを停止する場合に出力されます。
FLEG_F_9101 他サーバーよりリカバリーを受けています。 他サーバーからのリカバリー処理が継続中のため、サーバーを停止する場合に出力されます。
FLEG_F_9102 自サーバーより新しいバージョンのサーバーが存在します。 自サーバーより新しいバージョンのサーバーの存在を確認し、サーバーを停止する場合に出力されます。

FLEX

フローの実行時に発生する情報やエラーを出力するためのコードです。 通常はFlowService.logにそれぞれのフローのカテゴリで出力されます。

エラーコード メッセージ 説明
FLEX_I_0001 フローの実行を開始します: %1 %2 フローの実行開始時に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : チェックポイントステータス
FLEX_I_0002 フローの実行が終了しました: %1 [%2ms] フローの実行終了時に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : 実行時間
FLEX_I_0003 サブフローの実行を開始します: %1 サブフローの実行開始時に出力されます。
%1 : フロー名
FLEX_I_0004 サブフローの実行が終了しました: %1 [%2ms] サブフローの実行終了時に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : 実行時間
FLEX_I_0005 エラー処理フローの実行を開始します: %1 エラー処理フローの実行開始時に出力されます。
%1 : フロー名
FLEX_I_0006 エラー処理フローの実行が終了しました: %1 [%2ms] エラー処理フローの実行終了時に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : 実行時間
FLEX_I_0007 サブフローとしてフローを実行します: %1 別ユーザーのフローの実行開始時に出力されます。
%1 : フロー名
FLEX_I_0008 サブフローとして実行したフローが終了しました: %1 [%2ms] 別ユーザーフローの実行終了時に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : 実行時間
FLEX_I_0009 インラインサブフローの実行を開始します: %1 インラインサブフローの実行開始時に出力されます。
%1 : フロー名
FLEX_I_0010 インラインサブフローの実行が終了しました: %1 [%2ms] インラインサブフローの実行終了時に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : 実行時間
FLEX_I_0021 コネクションを初期化します: %1.%2 コネクションの初期化時に出力されます。
%1 : コネクション種別
%2 : コネクション名
FLEX_I_0022 コネクションの終了処理を実行します: %1.%2 コネクションの終了処理時に出力されます。
%1 : コネクション種別
%2 : コネクション名
FLEX_I_0023 コネクションをコミットします: %1.%2 コネクションのコミット時に出力されます。
%1 : コネクション種別
%2 : コネクション名
FLEX_I_0024 コネクションをロールバックします: %1.%2 コネクションのロールバック時に出力されます。
%1 : コネクション種別
%2 : コネクション名
FLEX_I_0025 コネクションをリセットします: %1.%2 コネクションのリセット時(初期化されているコネクションが別コンポーネントにより使用される時)に出力されます。
%1 : コネクション種別
%2 : コネクション名
FLEX_I_0041 コンポーネントを初期化します: %1 コンポーネントの初期化時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0042 コンポーネントを実行します: %1(%2) コンポーネントの実行時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0043 コンポーネントのループを実行します: %1(%2) コンポーネントのループ実行時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0044 コンポーネントをコミットします: %1 コンポーネントのコミット時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0045 コンポーネントをロールバックします: %1 コンポーネントのロールバック時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0046 コンポーネントのリクエスト終了処理を実行します: %1 コンポーネントの終了処理時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0047 コンポーネントのフロー終了処理を実行します: %1 コンポーネントのフロー終了処理時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0048 ExceptionHandlerを実行します: %1.%2 ExceptionHandlerが実行された時に出力されます。
%1 : ハンドラー名
FLEX_I_0049 トランザクションマネージャーをコミットします: %1 トランザクションマネージャーのコミット時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0050 トランザクションマネージャーをロールバックします: %1 トランザクションマネージャーのロールバック時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_I_0051 情報(%1) : %2 コンポーネントが情報を出力する場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : メッセージ
FLEX_I_0052 デバッグ情報(%1) : %2 コンポーネントがデバッグ情報を出力する場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : メッセージ
FLEX_I_0053 デバッグ(%1) : %2 コンポーネントがデバッグ情報を出力する場合に出力されます。通常は出力されることがありません。
%1 : コンポーネント名
%2 : メッセージ
FLEX_I_0054 トランザクションをスタートします: %1 : %2 トランザクションのスタート時に出力されます。
%1 : トランザクション名
FLEX_I_0055 トランザクションをプリペアします: %1 トランザクションのプリペア時に出力されます。
%1 : トランザクション名
FLEX_I_0056 トランザクションをコミットします: %1 トランザクションのコミット時に出力されます。
%1 : トランザクション名
FLEX_I_0057 トランザクションをロールバックします: %1 トランザクションのロールバック時に出力されます。
%1 : トランザクション名
FLEX_I_0061 パラメーター情報: [Name=%1][Value=%2] デバッグモードでのフローの実行時にフローの引数情報が出力されます。
%1 : パラメーター名
%2 : 値
FLEX_I_0062 定義外のパラメーターが無視されました: %1 引数として渡された名前がフローの引数にない場合に出力されます。
%1 : パラメーター名
FLEX_I_0071 リカバリーデータ : %1: %2: %3 リカバリーデータの開始時に出力されます。
%1 : リカバリーデータ名
%2 : ステータス
%3 : アクション
FLEX_I_0072 リカバリーデータ 成功: %1 リカバリーデータの成功時に出力されます。
%1 : リカバリーデータ名
FLEX_I_0073 リカバリーできませんでしたがこのエラーは無視できます : %1 リカバリー失敗を無視できる場合に出力されます。
%1 : メッセージ
FLEX_I_0074 リカバリー情報 : %1 リカバリー実行時のメッセージが出力されます。
%1 : メッセージ
FLEX_I_0081 エラー処理フローは設定されていません フローでExceptionが発生し、それをキャッチするエラー処理フローがない場合に出力されます。
FLEX_I_0091 並列実行でリクエストの実行を開始します: %1 %2 並列実行でリクエストの実行開始時に出力されます。
%1 : リクエストID
%2 : フロー名
FLEX_I_0092 並列実行でリクエストの実行を終了します: %1 %2 並列実行でリクエストの実行終了時に出力されます。
%1 : リクエストID
%2 : フロー名
FLEX_I_0093 並列実行でリクエストを登録します: %1 並列実行でリクエストを登録した時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_I_0094 並列実行でリクエストの登録を待っています: %1 並列実行でリクエストの登録待ち時に出力されます。
%1 : 元リクエストID
FLEX_I_0095 並列実行で処理終了を待っています 並列実行の処理終了待ち時に出力されます。
FLEX_I_0096 並列実行でリクエストのキャンセルを開始します: %1 並列実行でリクエストのキャンセル開始時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_I_0097 並列実行でリクエストのキャンセルを終了します: %1 並列実行でリクエストのキャンセル終了時に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_I_0098 並列実行でキャンセルを開始します 並列実行のキャンセル開始時に出力されます。
FLEX_I_0901 実行時間 : %1ms デバッグモードでの実行時に実行時間が計測され出力されます。
%1 : 実行時間
FLEX_W_1001 設定されたエンコーディングとXMLのエンコーディング宣言が異なります : [%1][%2] 読み込んだXMLのエンコーディングがストリームプロパティと異なる場合に出力されます。
FLEX_W_1002 設定されたエラー処理フローは見つかりません : %1.%2.%3 設定されたエラー処理フローが見つからない(コンパイルエラーとなっているなど)場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : プロジェクト名
%3 : フロー名
FLEX_W_1003 デバッグログの作成に失敗しました : %1 フローのデバッグログの作成に失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLEX_W_1004 プロパティ式の変換結果が不正です : [Component=%1][Macro=%2][Value=%3] プロパティ式の変換結果がプロパティ値として不正な場合に出力されます。
%1 : コンポーネント
%2 : プロパティ式
%3 : 変換結果
FLEX_W_1011 Exception をキャッチしました : [%1] %2 エラー処理フローがExceptionをキャッチした時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : エラーメッセージ
FLEX_W_1054 警告(%1) : %2 コンポーネントが警告を出力する場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : メッセージ
FLEX_W_1071 OracleではXAResouce#recoverメソッドを実行するためにはユーザーに権限が必要です OracleでXAResouce#recoverメソッドが失敗した場合に出力されます。
FLEX_W_1081 AWSConnectionを設定してください(コネクション名 : %1) Amazonのコンポーネントで汎用コネクションが設定されていた場合に出力されます。
FLEX_E_2001 フローがAbortしました: %1 フローが異常終了した場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLEX_E_2002 コミット中にExceptionが発生しました: %1 トランザクション化したフローのコミット中にExceptionが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2003 ロールバック中にExceptionが発生しました: %1 トランザクション化したフローのロールバック中にExceptionが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2004 終了処理中にExceptionが発生しました: %1 フローの終了処理中にExceptionが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2005 フローの呼び出しが再帰しています: %1 エラー処理フローの呼び出しが再帰している場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLEX_E_2006 エラーが発生しました: %1 予期せぬ例外が発生した場合に出力されます。開発元に連絡してください。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2007 フローの実行がキャンセルされました: %1 フローの実行がキャンセルされた場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_E_2008 フローの実行キャンセルがタイムアウトまでに完了しませんでした フローの実行キャンセルがタイムアウトまでに終了しなかった場合に出力されます。
FLEX_E_2009 フローの実行再開がタイムアウトしました フローの実行再開がタイムアウトまでに終了しなかった場合に出力されます。
FLEX_E_2010 フローが応答を返しません : %1 フローの実行ステータス確認が応答を返さない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_E_2021 ユーザーの取得に失敗しました : %1 ユーザーの取得に失敗した場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
FLEX_E_2022 実行ユーザーが設定されていません フロー内で実行ユーザーが要求されたにも関わらず実行ユーザーが設定されていない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
FLEX_E_2055 エラー(%1) : %2 コンポーネントがエラーを出力する場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : メッセージ
FLEX_E_2056 致命的エラー(%1) : %2 コンポーネントが致命的エラーを出力する場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : メッセージ
FLEX_E_2061 サポートされないエンコーディングです: %1 指定されたエンコーディングがサポートされない場合に出力されます。
%1 : エンコーディング名
FLEX_E_2062 不正なXMLです 外部から取得したXMLが不正な場合に出力されます。
FLEX_E_2063 XMLのパースに失敗しました: %1 XMLのパースに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2064 ストリームの読み込みに失敗しました: %1 ストリームの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2065 マッピング中のStreamException: %1 マッピング処理中にストリームでExceptionが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2066 ストリームにレコードがありません 「入力が無い場合エラー」プロパティを「はい」に設定したMapperでストリームにレコードがない場合に出力されます。
FLEX_E_2067 不正な型のストリームです : [要求=%1][出現=%2] 要求されたフォーマット以外のストリームが入力された場合に出力されます。サブフローやエラー処理フローの出力ストリームのフォーマットが呼び出し側と異なるなどのケースで発生します。
%1 : 要求されたストリーム型
%2 : 出現したストリーム型
FLEX_E_2068 入力ストリームの数が多すぎます 入力ストリームの数がコンポーネントが受け入れ可能な数よりも多い場合に出力されます。
FLEX_E_2069 不正な型のストリームが入力されました 不正な型のストリームが入力された場合に出力されます。
FLEX_E_2070 このコンポーネントはストリームコンテナを受け入れません: %1 コンテナを受け入れないコンポーネントにコンテナが入力された場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_E_2071 この型のストリーム変換はサポートされません。: %1 > %2 サポートされないストリームの変換が要求された場合に出力されます。
%1 : 入力ストリーム型
%2 : 出力ストリーム型
FLEX_E_2072 ファイルサイズがサポートする最大サイズを越えています : [File=%1][%2byte] ファイルサイズがサポートする最大サイズを越えている場合に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : サイズ
FLEX_E_2073 フィールド値の取得に失敗しました : [Record=%1][Field=%2][%3] CSVやFixedLengthのフィールド値の取得に失敗した場合に出力されます。
%1 : 行番号
%2 : フィールド名
%3 : エラー詳細
FLEX_E_2074 Validationエラーが発生しました : %1 XMLのValidationエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2075 値の変換に失敗しました : [Type=%1][Value=%2] データ型の変換に失敗した場合に出力されます。
%1 : データ型
%2 : 値
FLEX_E_2076 ストリームプロパティが見つかりません : %1 ストリームプロパティが見つからない場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
FLEX_E_2077 マッピング対象のフィールドが見つかりません : %1 マッピング対象のフィールドが見つからない場合に出力されます。Mapper編集後にフィールド定義が編集された場合などに発生します。
%1 : フィールド名
FLEX_E_2078 ストリームのフォーマットではありません 入力されたRecordやParameterListのXML形式が規定と異なる場合に出力されます。
FLEX_E_2079 ストリームのフィールド定義が異なります 入力のストリームtのField定義がコンポーネントのフィールド定義と異なる場合に出力されます。
FLEX_E_2080 大容量ストリームログ保存用のサブフォルダーを作成できません : %1 大容量ストリームログファイルのサブフォルダを作成できない場合にメッセージが出力されます。
FLEX_E_2081 JSONのパースに失敗しました: %1 JSONのパースに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2082 Value can't be mapped to JSON field. Field contains child elements. If a value can't be mapped to a JSON field, because it has child elements, this message is output.
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2101 パラメーター値が不正です: [Name=%1][Value=%2] フローの引数が定義されたデータ型として不正な場合に出力されます。
%1 : パラメーター名
%2 : パラメーター値
FLEX_E_2102 プロパティ値が不正です : [Property=%1][Value=%2] 設定された値がプロパティ値として不正な場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : 値
FLEX_E_2121 データベースより取得したフィールド数と定義されたフィールド数が異なります データベースからSELECTしたフィールド数と定義されたフィールド数が異なる場合に出力されます。
FLEX_E_2122 サポートされないデータベースのデータ型です : %1 サポートされないデータベースのデータ型がSELECTされた場合に出力されます。
%1 : データ型
FLEX_E_2123 フィールド定義のデータ型が一致しません : %1 フィールド定義とSELECTされたデータベースのデータ型が一致しない場合に出力されます。
%1 : フィールド名
FLEX_E_2124 レコード長の定義が不正です。 FixedLengthのレコード長の定義が不正な場合に出力されます。
FLEX_E_2125 SQLException : %1 使用しているRDBMSで何らかのExceptionが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLEX_E_2126 LOB列のサイズがサポートする最大サイズを越えています : [Name=%1][Length=%2] LOB列のサイズがサポートする最大サイズを越えている場合に出力されます。
%1 : フィールド名
%2 : サイズ
FLEX_E_2171 リカバリーデータ 失敗: %1 リカバリーデータの失敗時に出力されます。
%1 : リカバリーデータ名
FLEX_E_2181 ループ処理内でチェックポイントコンポーネントを実行することはできません ループ処理内でチェックポイントコンポーネントを実行した場合に出力されます。
FLEX_E_2182 チェックポイントのステータス更新に失敗しました チェックポイントのステータス更新に失敗した場合に出力されます。
FLEX_E_2183 指定したリクエストが存在しません : %1 チェックポイントの再実行時に指定したリクエストが存在しない、もしくはステータスが既に更新されている場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_E_2184 指定したリクエストはすでに再実行されています : %1 チェックポイントの再実行時に指定したリクエストが既に再実行中の場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_E_2185 再実行を開始するコンポーネントが見つかりません : %1 チェックポイントの再実行時に保存された再スタートコンポーネントが存在しない場合に出力されます。
%1 : ステータス
FLEX_E_2186 指定したリクエストは担当サーバー以外からの再実行を許可していません : %1 チェックポイントの再実行時に指定したリクエストが担当サーバー以外からの再実行を許可していない場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_E_2187 指定したリクエスト用のキューマネージャーが初期化されていません : %1 チェックポイントの再実行時に指定したリクエスト用のキューマネージャが初期化されていない場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_E_2188 リトライ回数を超えました : %1 チェックポイントのリトライ回数が上限に達した場合に出力されます。
%1 : リクエストID
FLEX_E_2189 サーバーがチェックポイントの再実行を行える状態ではありません : %2 [%1] サーバーの状態が「正常」ではなくチェックポイントの再実行を行える状態でない場合に出力されます。
%1 : リクエストID
%2 : ステータス
FLEX_E_2190 並列実行でエラーが発生しました 並列実行でエラーが発生した場合に出力されます。
FLEX_E_2201 条件式が設定されていません 条件式が設定されていない場合に出力されます。
FLEX_E_2202 条件式が不正です : %1 条件式が不正な場合に出力されます。
FLEX_E_2211 プロパティのプロパティ式が不正です : %1 プロパティ式の書式が不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLEX_E_2212 このプロパティ式には述語が必要です : %1 述語が必要なプロパティ式に述語が指定されなかった場合に出力されます。
%1 : 書式名
FLEX_E_2213 このプロパティ式には述語は不要です : %1 述語が不要なプロパティ式に述語が指定された場合に出力されます。
%1 : 書式名
FLEX_E_2214 不正なプロパティ式キーワードです : %1 プロパティ式キーワードが不正な場合に出力されます。
%1 : 書式名
FLEX_E_2301 不正な入力値です。 : %1 マッパー関数の入力値が不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLEX_E_2302 ファイルパスの指定が不正です。 : [%1][%2] ファイルパスの指定が不正な場合に出力されます。
%1 : モード
%2 : パス
FLEX_E_2303 絶対パスはここでは使用できません。 : [%1][%2] 絶対パスが指定できない箇所に指定された場合に出力されます。
%1 : モード
%2 : パス
FLEX_E_3001 この位置でループを開始することはできません。パラレル分岐では実行順序が最後の分岐でのみループを開始できます。 : %1 パラレル分岐の実行順が最後でない分岐でコンポーネントがループを開始しようとした場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_E_3002 フローが複数箇所から結果を返しています フローの実行が複数のEndResponseコンポーネントにたどり着いた場合に出力されます。
FLEX_E_3003 実行可能なコンポーネントがありません フローの実行中に実行可能なコンポーネント(入力ストリームが揃っているコンポーネント)がなくなった場合に出力されます。
FLEX_E_3004 コンポーネントのリンクが途切れています : %1 コンポーネントの出力コネクタにリンクが繋がっていない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_E_3005 分岐終了コンポーネントに複数のストリームが入力されました: %1 分岐終了コンポーネントに複数のストリームが入力された場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLEX_E_3006 エラー処理フローから返されたストリームの型が違います : [Flow=%1][Stream=%2] エラー処理フローから返されたストリームのフォーマットがコンポーネントの出力ストリーム型と異なる場合に出力されます。
%1 : エラー処理フロー名
%2 : ストリーム型
FLEX_E_3007 エラー処理フローから返されたStateに対応するコネクタがありません : [%1][%2] エラー処理フローから返されたStateに対応する出力コネクタセットがない場合に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : 復帰先ステート
FLEX_E_3008 NextFlowが見つかりません : %1 NextFlowに指定されたフローが見つからない場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLEX_E_4001 出力コネクタに必要なストリームがセットされていません 出力コネクタに必要なストリームがセットされていない場合に出力されます。
FLEX_E_4002 Stateに対応する出力コネクタがありません Stateに対応する出力コネクタが定義されていない場合に出力されます。
FLEX_E_4003 コンテナにストリームを追加できません ストリーム型、フィールド定義の異なるストリームをコンテナ化しようとした場合に出力されます。
FLEX_E_4004 この操作はサポートされません サポートされない操作を実行しようとした場合に出力されます。
FLEX_E_4005 executeLoopの返り値が不正です executeLoopの返り値が不正な場合に出力されます。
FLEX_E_4006 プロパティが見つかりません: %1 プロパティが見つからない場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
FLEX_E_4007 プロパティクラスが異なります: [%1][%2] プロパティのクラスが異なる場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : クラス名
FLEX_E_8000 MIMEのパラメーターが不正です MIMEExceptionのコードの規定値です。
FLEX_E_8001 MIMEのパラメーターが不正です MIMEのパラメーターが不正な場合に出力されます。
FLEX_E_8002 MIMEの文字が不正です MIMEの文字が不正な場合に出力されます。
FLEX_E_8003 MIMEのデータ長が不正です MIMEのデータ長が不正な場合に出力されます。
FLEX_E_8004 MIMEのContent-Typeが不正です MIMEのContent-Typeが不正な場合に出力されます。
FLEX_E_8005 MIMEのContent-Transfer-Encodingが不正です MIMEのContent-Transfer-Encodingが不正な場合に出力されます。
FLEX_E_8006 MIMEのコンテンツが不正です MIMEのコンテンツが不正な場合に出力されます。
FLEX_E_8007 MIMEのヘッダが不正です MIMEのヘッダが不正な場合に出力されます。
FLEX_E_8008 不正なマルチパートのMIMEです 不正なマルチパートのMIMEな場合に出力されます。
FLEX_E_8009 不正なMIMEパートです 不正なMIMEパートな場合に出力されます。
FLEX_E_8010 MIMEのcharsetが不正です MIMEのcharsetが不正な場合に出力されます。
FLEX_F_9003 FlowServiceのエンタープライズライセンスがありません。 FlowServiceのエンタープライズライセンスがない場合に出力されます。

FLCP

主にコンパイル時の情報やエラーを出力するためのコードです。 通常はFlowCompile.logに出力されます。

エラーコード メッセージ 説明
FLCP_I_0001 プロジェクトがコンバートされました : %1 > %2 プロジェクトがコンバートされた場合に出力されます。
%1 : 元のバージョン
%2 : コンバート後のバージョン
FLCP_I_0002 コンバートファイルを読み込みます : %1 コンバートファイル読み込み開始時に出力されます。
%1 : ファイル名
FLCP_I_0003 コンバートファイルを読み込みました : %1ms コンバートファイル読み込み終了時に出力されます。
%1 : ファイル名
FLCP_I_0004 コンバートを開始します コンバートの開始時に出力されます。
FLCP_I_0005 コンバートが終了しました : %1ms コンバートの終了時に出力されます。
%1 : 処理時間
FLCP_I_0011 プロジェクトのコンパイルを開始します: %1.%2 プロジェクトのコンパイル開始時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : プロジェクト名
FLCP_I_0012 プロジェクトのコンパイルが終了しました : [%1][%2ms] プロジェクトのコンパイル終了時に出力されます。
%1 : プロジェクト名
%2 : 処理時間
FLCP_I_0021 フローのコンパイルを開始します : %1 フローのコンパイル開始時に出力されます。
%1 : フロー名
FLCP_I_0022 フローのコンパイルが終了しました : [%1][%2ms] フローのコンパイル終了時に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : 処理時間
FLCP_I_0023 不要コンポーネントの削除を開始します : [All components=%1][All links=%2] 不要コンポーネントの削除開始時に出力されます。
%1 : 削除前コンポーネント数
%2 : 削除前リンク数
FLCP_I_0024 不要コンポーネントの削除が完了しました : [Delete components=%1][Delete links=%2][%3ms] 不要コンポーネントの削除終了時に出力されます。
%1 : 削除コンポーネント数
%2 : 削除リンク数
%3 : 処理時間
FLCP_I_0025 リンクを削除しました : %1 リンクの削除時に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_I_0031 コンポーネントのコンパイルを開始します : %1 コンポーネントのコンパイル開始時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_I_0032 コンポーネントのコンパイルが終了しました : [%1][%2ms] コンポーネントのコンパイル終了時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : 処理時間
FLCP_I_0101 実行順チェックを開始します : %1 実行順チェックの開始時に出力されます。
%1 : フロー名
FLCP_I_0102 実行順チェック(実行) : %1 実行順チェック時の各コンポーネントの実行が出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_I_0103 実行順チェック(Branch) : %1.%2 実行順チェック時のブランチの状態が出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : 出力State
FLCP_I_0104 実行順チェック(終了) : %1 実行順チェック時の終了コンポーネントの実行が出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_I_0901 エレメント情報 : %1 プロジェクトファイルの各要素の情報が出力されます。
%1 : 要素・属性情報
FLCP_I_0902 プロパティ式が変換されました : %1 プロパティ式文字列が変換された場合に出力されます。
%1 : プロパティ式文字列
FLCP_W_1001 未知の要素を無視しました : %1 プロジェクトファイルに未知の要素が出現した場合に出力されます。
%1 : 要素名
FLCP_W_1002 名前定義が重複しました : [Name=%1/%2] 変数の名前定義が重複した場合に出力されます。
%1 : 変数種別
%2 : 変数名
FLCP_W_1003 未知のプロパティです : %1.%2 プロジェクトファイル中に未知のプロパティが出現した場合に出力されます。
%1 : ターゲット名
%2 : プロパティ名
FLCP_W_1004 必須プロパティが設定されていません : %1 必須プロパティに値が設定されていない場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
FLCP_W_1005 プロパティ定義が重複しました : %1 プロジェクトファイル中のプロパティ定義が重複した場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
FLCP_W_1006 プロパティ値が不正です : [Name=%1][Value=%2] プロパティ値が不正な場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : 値
FLCP_W_1007 [%1 - %2] %3 ユーザー定義のComponentCompilerが警告を発した場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : エラーコード
%3 : エラー詳細
FLCP_W_1008 参照されているサブフローはコンパイルされていません : %1 サブフローコンポーネントで参照されているフローがコンパイル済みでない場合に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLCP_W_1009 パラレルサブフローコンポーネントで実行するフローで選択されているフローはコンパイルされていません : %1 パラレルサブフローコンポーネントで実行するフローとして選択されているフローがコンパイル済みでない場合に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLCP_W_1010 フローが循環参照しています : %1 サブフローコンポーネントなどで参照されているフローが循環参照の場合に出力されます。
%1 : プロジェクト名
FLCP_W_1021 フローのコンパイルに失敗しました : %1 フローのコンパイルに失敗した場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLCP_W_1022 リンクされていないコンポーネントを無視します : %1 フロー中のリンクされていないコンポーネントが削除された場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_W_1023 コンポーネントにリンクされていない出力Stateがあります : %1 ブランチのあるコンポーネントにリンクされていない出力コネクタがある場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_W_1031 プロパティが見つかりません : [Target=%1][Property=%2] コンポーネントまたはマッパー関数にプロパティが見つからない場合に出力されます。
%1 : ターゲット名
%2 : プロパティ名
FLCP_W_1032 サポートされないプロパティです : %1 サポートされないプロパティが出現した場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
FLCP_W_1041 リンクされていないマッパー関数を無視します : %1 リンクされていないマッパー関数が削除された場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLCP_W_1042 関数コンパイル警告 : [%1] %2 マッパー関数のコンパイルで警告が発生した場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
%2 : 警告詳細
FLCP_W_1043 UnknownItemへのリンクを無視します : %1 UnknownItemへのリンクが無視された場合に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_W_1051 プロパティ式が不正です : [Component=%1][Property=%2][Value=%3] プロパティで使用されているプロパティ式が不正な場合に出力されます。
FLCP_W_1052 このプロパティではプロパティ式は使用できません : [Component=%1][Property=%2] プロパティ式が使用できないプロパティで使用されている場合に出力されます。
FLCP_W_1101 実行順チェック(LoopWarning) : %1 実行順チェックでループの発生するコンポーネントが実行された時に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_W_1102 実行順チェック(Abort) : %1 実行順チェックがAbortコンポーネントで終了した場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_W_1103 コンポーネント「%1」は非推奨です。「%2」を使用してください : %3 非推奨のコンポーネントが使用されている場合に出力されます。
%1 : コンポーネント
%2 : 推奨コンポーネント
%3 : コンポーネント名
FLCP_W_1104 マッパー関数「%1」は非推奨です。「%2」を使用してください : %3 非推奨のマッパー関数が使用されている場合に出力されます。
%1 : マッパー関数
%2 : 推奨マッパー関数
%3 : マッパー関数名
FLCP_W_1105 「%1」は出力が確定しない場合があります: 出力%2 マッパー関数の出力が不確定の場合に出力されます
%1 : マッパー関数
FLCP_W_1106 このコンポーネントは動作保証対象外となりました。今後のバージョンで削除される予定です。利用は推奨されません : %1 動作保証対象外のコンポーネントが使用されている場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_W_1107 このマッパー関数は動作保証対象外となりました。今後のバージョンで削除される予定です。利用は推奨されません : %1 動作保証対象外のマッパー関数が使用されている場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLCP_E_2001 フローのプロジェクトではありません : %1 コンパイルしようとしたファイルがフローのプロジェクトではない場合に出力されます。
%1 : 文書要素名
FLCP_E_2002 プロジェクトのバージョンが異なります : %1 プロジェクトファイルのバージョンが不正な場合に出力されます。
%1 : バージョン番号
FLCP_E_2003 コンバートファイルの読み込みに失敗しました : %1 プロジェクトコンバートファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLCP_E_2004 プロジェクトのコンバートに失敗しました : %1 プロジェクトのコンバートに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLCP_E_2005 プロジェクト名が一致しませんでした : [%1][%2] コンパイルしたプロジェクトの名称が指定と異なる場合に出力されます。
%1 : プロジェクト名1
%2 : プロジェクト名2
FLCP_E_2006 ユーザーの取得に失敗しました : %1 ユーザーの取得に失敗した場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
FLCP_E_2007 コンポーネントのコンパイルに失敗しました : %1 コンポーネントのコンパイルに失敗した場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_E_2008 コンパイルエラーが検出されました : %1 コンパイルエラーが検出された場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLCP_E_2009 プロジェクトにフローがありません プロジェクトファイルにフローがひとつもない場合に出力されます。
FLCP_E_2010 コネクションが見つかりません : [Property=%1][Value=%2] プロパティで指定されたコネクションが定義されていない場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : 値
FLCP_E_2011 必須属性が見つかりません : %1/@%2 プロジェクトファイル中の要素に必須属性が存在しない場合に出力されます。
%1 : 要素名
%2 : 属性名
FLCP_E_2012 未知のデータ型です : [Name=%1.%2][Type=%3] 変数に指定されたデータ型が不正な場合に出力されます。
%1 : ターゲット名
%2 : 変数名
%3 : データ型名
FLCP_E_2013 プロパティ値の型が異なります : %1.%2 : %3 プロパティ値として不正な値が設定された場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : プロパティ名
%3 : 値
FLCP_E_2014 デフォルト値が不正です : [Name=%1][Value=%2] 変数のデフォルト値として不正な値が設定された場合に出力されます。
%1 : 変数名
%2 : 値
FLCP_E_2015 名前定義が重複しました : [Name=%1/%2] 名前定義が重複した場合に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : コンポーネント名
FLCP_E_2016 コンポーネントが登録されていません : [Name=%1][Class=%2] フロー中に登録されていないコンポーネントが存在する場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : コンポーネントクラス名
FLCP_E_2017 リンクがコンポーネントに接続されていません : %1 リンクがコンポーネントに接続されていない場合に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_E_2018 要素が多すぎます : [Target=%1][Element=%2] ターゲットが必要とする要素数以上の要素がプロジェクトファイルに存在する場合に出力されます。
%1 : ターゲット名
%2 : 要素名
FLCP_E_2019 リンク先のコンポーネントが見つかりません : [Link=%1][Component=%2] リンク先のコンポーネントが見つからない場合に出力されます。
%1 : リンク名
%2 : コンポーネント名
FLCP_E_2020 コンポーネントにStateに対応する出力コネクタが見つかりません : [Component=%1][State=%2] ブランチするコンポーネントにStateに対応する出力コネクタが存在しない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : 出力State
FLCP_E_2021 コンポーネントにサブコネクタが見つかりません : [Component=%1][Connector=%2] コンポーネントにサブコネクタが見つからない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : コネクタ名
FLCP_E_2022 コンパイル要素がフロー要素ではありません : %1 コンパイル対象の要素がフローの要素ではない場合に出力されます。
%1 : 要素名
FLCP_E_2023 ストリーム型の異なるコネクタが接続されています : [Link=%1][In=%2][Out=%3] ストリーム型の異なるコネクタが接続されている場合に出力されます。
%1 : リンク名
%2 : 入力ストリーム型
%3 : 出力ストリーム型
FLCP_E_2024 開始コンポーネントが多すぎます : [%1][%2] フロー中に複数の開始コンポーネントが配置されている場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : コンポーネント名
FLCP_E_2025 リンクが多すぎます : %1 複数入力を受け入れないコネクタに複数のリンクが接続されている場合に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_E_2026 コンパイル要素がコンポーネント要素ではありません : %1 コンパイル対象の要素がコンポーネント要素ではない場合に出力されます。
%1 : 要素名
FLCP_E_2027 コンポーネント登録名がコンパイル要素と異なります : [Component=%1][Element=%2] コンポーネント登録名がコンパイル要素と異なる場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : 要素名
FLCP_E_2028 コンポーネント名がコンパイル要素と異なります : [Component=%1][Element=%2] コンポーネント名がコンパイル要素と異なる場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : 要素名
FLCP_E_2029 未知のプロパティ型です : [Property=%1][Type=%2] 未知のプロパティ型が出現した場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : プロパティ型
FLCP_E_2030 コンポーネントのリンクが途切れています : %1 コンポーネントの出力リンクが途切れている場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_E_2031 終了コンポーネントが見つかりません : %1 終了コンポーネントが見つからない場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLCP_E_2032 不明なストリーム型です : %1 ストリーム型が不正な場合に出力されます。
%1 : ストリーム型
FLCP_E_2033 サポートされないプロパティです : %1 サポートされないプロパティが出現した場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
FLCP_E_2034 サポートされないプロパティ値です : [Property=%1][Value=%2] サポートされないプロパティ値が出現した場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : 値
FLCP_E_2035 プロパティ値が不正です : [Property=%1][%2] プロパティ値が不正な場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : 値
FLCP_E_2036 このストリームではフィールドはサポートされません : %1 フィールド定義のサポートされないストリームにフィールド定義が現れた場合に出力されます。
%1 : ストリーム型
FLCP_E_2037 フィールド定義のコンパイルに失敗しました フィールド定義のコンパイルに失敗した場合に出力されます。
FLCP_E_2038 属性値を数字に変換できません : [Name=%1][Value=%2] 数値となるべき属性値を数字に変換できなかった場合に出力されます。
%1 : 属性名
%2 : 値
FLCP_E_2039 不正な名前です : %1 名前定義が不正な場合に出力されます。
%1 : 名前
FLCP_E_2040 未知のフィールド型です : [Name=%1][Type=%2] 未知のフィールド型が出現した場合に出力されます。
%1 : フィールド名
%2 : フィールド型
FLCP_E_2041 このストリームでサポートされないフィールド型です : %1 ストリームでサポートされないフィールド型が出現した場合に出力されます。
%1 : フィールド型
FLCP_E_2042 リンクの定義が重複しています : %1 リンクの定義が重複している場合に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_E_2043 リンクの定義がループしています : %1 リンクの入力と出力が同じコンポーネントに接続されている場合に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_E_2044 フロー名が不正です : [Name=%1][Value=%2] サブフロー名が不正な場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : 値
FLCP_E_2045 フローに実行可能なパスがありません : %1 フローに正常終了する実行パスがない場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLCP_E_2046 コンポーネント呼び出しがループしています : %1 コンポーネント呼び出しがループしている場合に出力されます。
%1 : フロー名
FLCP_E_2047 不正な型のストリームです : [要求=%1][出現=%2] 入力ストリームの型が要求した型と異なる場合に出力されます。
%1 : 要求ストリーム型
%2 : 出現ストリーム型
FLCP_E_2048 レコード区切りがレコード長の場合はレコード長が必要です FixedLength型のストリームで「レコード区切り」プロパティが「レコード長」で、かつレコード長が定義されていない場合に出力されます。
FLCP_E_2049 サポートされないシステム変数です : %1 サポートされないシステム変数です : %1(変数名)
FLCP_E_2050 [%1 - %2] %3 ユーザー定義のComponentCompilerがエラーを発した場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : エラーコード
%3 : エラー詳細
FLCP_E_2051 参照されているフローが存在しません: [Flow=%1][Property=%2][SubFlow=%3] プロパティにより参照されているフローが存在しない場合に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : プロパティ名
%3 : サブフロー名
FLCP_E_2052 サブフローコンポーネントのプロパティが見つかりません : [Flow=%1][Component=%2][Property=%3] サブフローコンポーネントに参照しているフローに存在しないフロー変数がプロパティとして定義されている場合に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : コンポーネント名
%3 : プロパティ名
FLCP_E_2053 ログ設定が見つかりません : [Component=%1][Name=%2] コンポーネントで指定されたログ設定が定義されていない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : ログ設定名
FLCP_E_2054 インラインサブフローが閉じていません : %1 インラインサブフローが閉じていない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_E_2055 不正な変数種別です : %1 外部変数に未知の変数種別が出現した場合に出力されます。
%1 : 変数種別
FLCP_E_2056 変数定義が変更されています : %1 プロジェクトのコンパイル時に外部変数の定義が変更されている場合に出力されます。
%1 : 変数ファイル名
FLCP_E_2057 改行区切りのFixedLength型のストリームではサポートされないフィールド型です : %1 FixedLength型のストリームで「レコード区切り」プロパティが「改行」の場合は、フィールドのデータ型としてBinaryとPackedDecimalを指定することはできません。
%1 : フィールド型
FLCP_E_2101 ネームスペースプレフィクスが重複しています : %1 ネームスペースプレフィクスが重複している場合に出力されます。
%1 : ネームスペースプレフィクス
FLCP_E_2102 ネームスペースURIが重複しています : %1 ネームスペースURIが重複している場合に出力されます。
%1 : ネームスペースURI
FLCP_E_2103 属性定義が重複しています : %1 属性定義が重複している場合に出力されます。
%1 : 属性名
FLCP_E_2104 インデックス付けされた要素定義がRepeatしています : %1 インデックス付けされた要素定義がRepeatしている場合に出力されます。
%1 : 要素名
FLCP_E_2105 宣言されていないネームスペースプレフィクスが使用されています : %1 宣言されていないネームスペースプレフィクスが使用されている場合に出力されます。
%1 : ネームスペースプレフィクス
FLCP_E_2106 ノードタイプが不正です : %1 ノードタイプが不正な場合に出力されます。
%1 : ノードタイプ
FLCP_E_2107 文書要素が複数定義されています 文書要素が複数定義されている場合に出力されます。
FLCP_E_2108 文書要素がRepeatしています ストリーム定義で文書要素の「繰り返し」フィールドが「あり」として定義されている場合に出力されます。
FLCP_E_2109 文書要素は属性ではありえません 文書要素が属性として定義されている場合に出力されます。
FLCP_E_2110 属性定義はRepeatできません : %1 ストリーム定義で属性の「繰り返し」フィールドが「あり」として定義されている場合に出力されます。
%1 : 属性名
FLCP_E_2111 属性は子ノードを持つことはできません : %1 属性に子ノードが定義されている場合に出力されます。
%1 : 属性名
FLCP_E_2201 マッパー関数が登録されていません : %1 フロー中に登録されていないマッパー関数が存在する場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLCP_E_2202 マッパーアイテムのタイプが不正です : [Name=%1][type=%2] マッパーアイテムのタイプが不正な場合に出力されます。
%1 : アイテム名
%2 : アイテム型
FLCP_E_2203 マッパーアイテムはプロパティを持ちません : %1 マッパー関数以外のマッパーアイテムにプロパティが出現した場合に出力されます。
%1 : アイテム型
FLCP_E_2204 マッピング定義が存在しません Mapperにマッピング定義が存在しない場合に出力されます。
FLCP_E_2205 リンクの数が不正です : %1 リンクの数が不正な場合に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_E_2206 リンク定義が不正です : %1 リンクの定義が不正な場合に出力されます。
%1 : リンク名
FLCP_E_2207 マッパー関数が見つかりません : %1 マッパー関数が見つからない場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLCP_E_2208 マッパー関数に対するリンクが不正です : %1 マッパー関数に対するリンク数が不正な場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLCP_E_2209 マッパー関数が無限ループしています : %1 マッパー関数が無限ループしている場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
FLCP_E_2210 マッピング対象のコンポーネントが決定できません : %1 マッピング対象のコンポーネントが決定できない場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
FLCP_E_2211 マッピング対象のフィールドが見つかりません : %1 マッピング対象のフィールドが見つからない場合に出力されます。
%1 : フィールド名
FLCP_E_2212 この型のプロパティにはマッピングできません : [Name=%1][Class=%2] マッピング不可のプロパティ型にマッピングが定義された場合に出力されます。
%1 : プロパティ名
%2 : プロパティクラス名
FLCP_E_2213 この型のアイテムはこの場所で使用できません : [Name=%1][Type=%2] アイテム型の使用個所が不正な場合に出力されます。
%1 : アイテム名
%2 : アイテム型
FLCP_E_2214 関数コンパイルエラー : [%1] %2 マッパー関数でコンパイルエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
%2 : エラー詳細
FLCP_E_2215 マッパー関数の必須リンクが設定されていません : [%1][%2] マッパー関数で必要なリンクが設定されていない場合に出力されます。
%1 : マッパー関数名
%2 : リンクインデックス
FLCP_E_2216 条件式が不正です : %1 条件式が不正な場合に出力されます。
FLCP_E_2217 入出力ストリームのフィールド定義が異なります : [%1][%2] 入出力ストリームのフィールド定義が異なる場合に出力されます。
FLCP_E_2301 ストアドプロシージャが複数のResultSetを定義しています ストアドプロシージャが複数のResultSetを定義している場合に出力されます。
FLCP_E_2501 関数コレクションではありません : %1 不正な関数コレクションをコンパイルしようとしている場合に出力されます。
FLCP_E_2502 関数のコンパイルに失敗しました : %1 関数のコンパイルに失敗した場合に出力されます。
FLCP_E_2503 関数の出力値が指定されていません 関数の出力が指定されていない場合に出力されます。
FLCP_E_2601 トランザクション化されているフローでチェックポイントを使用することはできません トランザクション化されているフローでチェックポイントを使うと設定した場合に出力されます。
FLCP_E_2602 メール監視で使用されているフローはチェックポイントを使用することはできません メール監視で使用されているフローをチェックポイントを使うと設定した場合に出力されます。
FLCP_E_2603 チェックポイントコンポーネントはチェックポイントフロー以外に使用することはできません : %1 スタートコンポーネントでチェックポイントを使わないと設定しているがチェックポイントコンポーネントを配置した場合に出力されます。
FLCP_E_2604 呼び出されるフローでチェックポイントを使用することはできません: [Flow=%1][Property=%2][SubFlow=%3] 呼び出されるフローがチェックポイントを使うと設定されている場合に出力されます。
%1 : フロー名
%2 : プロパティ名
%3 : サブフロー名
FLCP_E_2605 パラレル処理内でチェックポイントコンポーネントを使用することはできません : %1 パラレル処理内にチェックポイントコンポーネントを配置した場合に出力されます。
FLCP_E_2606 ループ処理内でチェックポイントコンポーネントを使用することはできません : %1 ループ処理内にチェックポイントコンポーネントを配置した場合に出力されます。
FLCP_E_2607 チェックポイント用ステータスプロパティに重複した値を設定することはできません : %1 - %2 複数のコンポーネントでチェックポイント用ステータスプロパティに重複した値を設定した場合に出力されます。
%1 : コンポーネント名
%2 : コンポーネント名
FLCP_E_2608 チェックポイント機能が有効になっていません サーバーでチェックポイントの設定がされていない場合に出力されます。
FLCP_E_2609 パラレルサブフローコンポーネントで指定したフロー内でチェックポイントコンポーネントを使用することはできません : %1 パラレルサブフローコンポーネントで実行するフローとして指定したフロー内にチェックポイントコンポーネントを配置した場合に出力されます。
FLCP_E_2610 最終リトライ時刻が3日後を超えないように「リトライ回数」と「リトライ間隔(秒)」を調整してください 「リトライ回数」と「リトライ間隔(秒)」で指定した値から計算される最終リトライ時刻が3日後を超えた場合に出力されます。
FLCP_E_2701 パラレルサブフローコンポーネントで指定したフロー内でパラレルサブフローコンポーネントを使用することはできません : %1 パラレルサブフローコンポーネントで実行するフローとして指定したフロー内にパラレルサブフローコンポーネントを配置した場合に出力されます。
FLCP_F_9003 FlowServiceのエンタープライズライセンスがありません。 FlowServiceのエンタープライズライセンスがない場合に出力されます。
FLCP_F_9004 FlowServiceのスタンダードライセンスがありません。 FlowServiceのスタンダードライセンスがない場合に出力されます。

FLCM

flow-ctrlの応答メッセージを出力するためのコードです。 通常はログには出力されません。

エラーコード メッセージ 説明
FLCM_W_1001 実行設定をエクスポートしました : %1 export結果の表示
FLCM_W_1002 変更のあったパス: 変更のあったパス
FLCM_W_1003 状態の背景となるリビジョン: %1 svn/git statusコマンドで状態の背景となるリビジョン
FLCM_W_1004 リビジョン %1 に更新しました svn/git updateコマンドで更新されたリビジョン
FLCM_W_1005 実行設定を有効にしました: %1 実行設定を有効にしました
FLCM_W_1006 実行設定を無効にしました: %1 実行設定を無効にしました
FLCM_W_1007 すべてのトリガーの実行設定を有効にしました すべてのトリガーの実行設定を有効にしました
FLCM_W_1008 すべてのトリガーの実行設定を無効にしました すべてのトリガーの実行設定を無効にしました
FLCM_E_2001 ログインしていません クライアントがログインしていない場合に出力されます。
FLCM_E_2011 ファイルが見つかりません : %1 ファイルが見つからない場合に出力されます。
%1 : ファイル名
FLCM_E_2012 パラメーターが見つかりません : %1 パラメーターが見つからない場合に出力されます。
%1 : パラメーター
FLCM_E_2013 インターバルのフォーマットが不正です : %1 インターバルのフォーマットが不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2014 日時のフォーマットが不正です : %1 日時のフォーマットが不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2015 時刻のフォーマットが不正です : %1 時刻のフォーマットが不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2016 日付のフォーマットが不正です : %1 日付のフォーマットが不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2017 休日時の処理のフォーマットが不正です : %1 休日時の処理のフォーマットが不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2018 曜日のフォーマットが不正です : %1 曜日のフォーマットが不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2019 未知のストリーム型です : %1 未知のストリーム型が指定された場合に出力されます。
%1 : ストリーム型
FLCM_E_2020 パラメーターの指定が不正です : %1 パラメーターの指定が不正な場合に出力されます。
%1 : パラメーター
FLCM_E_2021 引数が不正です : %1 引数が不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2022 フロー名が不正です : %1 フロー名の指定が不正な場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2023 実行設定を削除できませんでした : %1 実行設定の削除に失敗した場合に出力されます。
%1 : 値
FLCM_E_2024 リポジトリのタイプが一致しません: %1 バージョン管理コマンドがユーザーの現在のリポジトリのタイプと一致しない場合。
%1 : 値
FLCM_E_2025 Updateコマンドが失敗しました。上記のファイルが競合しています。 GIT Updateコマンドが競合で終了した場合。
FLCM_E_2026 Updateコマンドが失敗しました。上記のファイルが削除できませんでした。 GIT Updateコマンドがファイルを削除できずに終了した場合。
FLCM_E_2027 Updateコマンドが失敗しました。ローカルファイルが変更されています。スタッシュに入れるなどしてから再実行してください。 GIT Updateコマンドが、ローカルファイルの変更が原因で失敗した場合。
FLCM_E_2028 Update コマンドは成功しました。ただし、自動コミットができなかったためコミットしてください。 GIT Updateコマンドは成功しましたが、マージによる変更が自動的にコミットされていない場合。
FLCM_E_2051 XAResourceが見つかりません: %1.%2 XAResourceが見つからない場合に出力されます
%1 : コネクション名
FLCM_E_2052 不明なフラグです : %1 XAコマンドのフラグが不正な場合に出力されます。
%1 : フラグ
FLCM_E_2053 リカバリー対象のトランザクションは残っていません XAResource#recoverメソッド実行の結果トランザクションが残っていなかった場合に出力されます。
FLCM_E_2054 XAメソッドの実行で予期せぬ例外が発生しました: %1 XAコマンドの実行で予期せぬ例外が発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
FLCM_E_2055 指定のトランザクションは存在しません: %1 指定のトランザクションが見つからない場合に出力されます。
%1 : トランザクションID
FLCM_E_2061 リビジョンが複数指定されています svn/gitコマンドにリビジョンが複数指定された場合に出力されます。

SCH

スケジューラーがログを出力するためのコードです。

エラーコード メッセージ 説明
SCH_I_0002 スケジュールしました: %1 スケジュールがスケジューラーに入れられました。
SCH_I_0003 スケジュールを実行します: %1 スケジュールがきたので、指定された処理をします。
SCH_I_0004 スケジュールを削除しました: %1 スケジュールを削除しました。
SCH_I_0005 スケジュールを一時停止しました: %1 スケジュールを一時停止しました。
SCH_I_0006 スケジュールを再開しました: %1 スケジュールを再開しました。
SCH_I_0010 休日情報を設定しました: %1 休日情報を設定しました。
SCH_I_0011 休日情報を削除しました: %1 休日情報を削除しました。
SCH_I_0012 スケジュールが終了しました: %1 スケジュールが終了したので削除しました。
SCH_I_0013 スケジュールを待ちます: %1 スケジュールがくるまでスケジューラーはスリープ状態になります。デバッグメッセージです。
SCH_I_0014 スケジューラースレッドが終了します スケジューラースレッドが終了します。以後スケジュールが実行されることはありません。デバッグメッセージです。
SCH_E_2001 スケジュールを実行できませんでした スケジュールを実行した際、エラーが発生しました。プログラムの間違いの可能性が高いです。
SCH_E_2002 スケジュールを入れることができませんでした スケジュールをスケジューラーに入れることができませんでした。プログラムの間違い、過去の日付を指定するなどユーザーの間違いなどが考えられます。
SCH_E_2003 スケジュールを取得することができませんでした: %1 スケジューラーからスケジュールを取得することができませんでした。プログラムの間違いの可能性が高いです。
SCH_E_2004 スケジュールリストを取得することができませんでした: %1 スケジューラーからスケジュールリストを取得することができませんでした。プログラムの間違いの可能性が高いです。
SCH_E_2005 スケジュールを削除することができませんでした: %1 スケジューラーからスケジュールを削除することができませんでした。プログラムの間違いの可能性が高いです。
SCH_E_2006 スケジュールを一時停止することができませんでした: %1 スケジュールを一時停止することができませんでした。プログラムの間違いの可能性が高いです。
SCH_E_2007 スケジュールを再開することができませんでした: %1 スケジュールを再開することができませんでした。プログラムの間違いの可能性が高いです。
SCH_E_2010 スケジュールを保存する領域を作成することができませんでした スケジュールを保存するための領域を作成することができませんでした。ディスク領域が不足しているか、フォルダーを作成できないなんらかの原因が考えられます。処理は継続されますが、スケジュールがディスクには保存されません。
SCH_E_2011 マネージャースレッド内で予期せぬ例外が発生しました 通常プログラムミスなどで発生します。

HTTP

HTTPリスナー、HTTPSリスナーがログ出力するためのコードです。

エラーコード メッセージ 説明
HTTP_F_0999 システムに異常が発生しました。 システムに異常が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
HTTP_E_1001 例外が発生しました 予期せぬ例外が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
HTTP_E_1002 ソケットエラーが発生しました ソケットエラーが発生しました。ネットワーク機器や通信の状態を確認してください。
HTTP_E_1003 HTTPリクエストラインが長すぎます HTTPリクエストラインが確保してある領域より長いです。正しいリクエストである場合は、requestline.maxsizeパラメーターを調整してください。
HTTP_E_1004 HTTPヘッダが長すぎます HTTPヘッダが確保してある領域より長いです。正しいリクエストである場合は、headers.maxsizeパラメーターを調整してください。
HTTP_E_1005 HTTPボディが長すぎます: %1 HTTPボディが確保してある領域より長いです。正しいリクエストである場合は、body.maxsizeパラメーターを調整してください。
HTTP_E_1006 仮想ホストがありません: %1 リクエストやHostヘッダに合致する仮想ホストがありません。
HTTP_E_1007 コンテキストがありません: %1 リクエストのパスに合致するコンテキストがありません。
HTTP_E_1008 コンテキストサーブレットクラスを初期化できません: %1 コンテキストサーブレットクラスを初期化できませんでした。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
HTTP_E_1009 レスポンス書き込み中にエラーが発生しました HTTPレスポンスの書き込み中にエラーが発生しました。クライアントがレスポンスを待たずに切断した時などに出力されます。
HTTP_E_1010 リクエスト読み込み中にエラーが発生しました HTTPリクエストの読み込み中にエラーが発生しました。クライアントがリクエストの途中で切断した時などに出力されます。
HTTP_E_1011 サーバーソケットの作成に失敗しました サーバーソケットの作成に失敗しました。netstatコマンドなどで状況を確認してください。
HTTP_E_1012 サーバーソケットのアクセプト中に例外が発生しました サーバーソケットのアクセプト中に例外が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
HTTP_E_1013 JSSEの初期化中に例外が発生しました JSSEの初期化中に例外が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
HTTP_E_1014 localhost以外からアクセスがありました localhost以外からアクセスできるライセンスがありません。
HTTP_E_1015 クローズ処理中に例外が発生しました クローズ処理中に例外が発生しました。クライアントは正しく処理されていない可能性があります。
HTTP_W_2001 MIMEマップテーブルの読み込みに失敗しました [INSTALL_DIR]/flow/conf/ashttpd.xconfファイルを確認してください。
HTTP_W_2002 SOAPサーバーにはGETメソッドではアクセスできません。POSTメソッドを使用してください。 クラインアントからSOAPサーバーにGETメソッドでアクセスされました。
HTTP_W_2003 ソケットが閉じられていました 処理が始まる前に既にソケットが閉じられていました。キューにある間に、クライアントから閉じられた可能性があります。
HTTP_I_3001 アクセプトしました: %1 アクセプトした時に出力されます。
HTTP_I_3002 SSLSession[PeerHost:%1, Protocol:%2] SSLデバッグモードの時に出力されます
HTTP_I_3003 LocalCertificate[%1][発行先:%2, 発行元:%3, 有効期間:%4] SSLデバッグモードの時に出力されます
HTTP_I_3004 LocalCertificate[%1][%2] SSLデバッグモードの時に出力されます
HTTP_I_3005 LocalCertificate[なし] SSLデバッグモードの時に出力されます
HTTP_I_3006 PeerCertificate[%1][発行先:%2, 発行元:%3, 有効期間:%4] SSLデバッグモードの時に出力されます
HTTP_I_3007 PeerCertificate[%1][%2] SSLデバッグモードの時に出力されます
HTTP_I_3008 PeerCertificate[なし] SSLデバッグモードの時に出力されます
HTTP_I_3009 クローズ処理中に例外が発生しました クローズ処理中に例外が発生しました。クライアントは正しく処理されていない可能性があります。

ASSN

セッション関連モジュールのログを出力するためのコードです。

エラーコード メッセージ 説明
ASSN_I_0141 セッションが作成されました : [%1][有効期間 %2] セッション作成時に出力されます。
ASSN_I_0142 セッションがタイムアウトしました : [%1] セッションがタイムアウトした時に出力されます。
ASSN_I_0143 セッションが終了しました : [%1] タイムアウト以外でセッションが終了した時に出力されます。
ASSN_I_0144 サブセッションが作成されました : %1 サブセッション作成時に出力されます。
ASSN_I_0145 セッションライフタイムが変更されました : [%1][%2] セッションライフタイムの変更時に出力されます。
ASSN_I_0201 ASTERIA Warp Clientがログインしました : [%1][%2] ASTERIA Warp Designerなどのクライアントがログインした時に出力されます。
ASSN_I_0202 ASTERIA Warp Clientがログアウトしました : [%1][%2] ASTERIA Warp Designerなどのクライアントがログアウトした時に出力されます。
ASSN_I_0203 ASTERIA Warp Clientからメソッドがコールされました : %1 クライアントがエンジンのメソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0210 コネクションを登録します : [%1]%2 クライアントがコネクションの登録メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0211 コネクションを削除します : [%1]%2 クライアントがコネクションの削除メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0310 プロジェクトファイルを削除します : [%1]%2 クライアントがプロジェクトファイルの削除メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0311 プロジェクトを登録解除します : [%1]%2 クライアントがプロジェクトの登録解除メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0312 プロジェクトを登録します : [%1] クライアントがプロジェクトの登録メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0313 フローの名前を変更します : [%1]%2 クライアントがフローの名前の変更メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0314 スケジュールを一時停止します : [%1]%2 クライアントがスケジュールの一時停止メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0315 スケジュールを再開します : [%1]%2 クライアントがスケジュールの再開メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0316 実行設定を無効にします : [%1]%2 クライアントが実行設定を無効にするメソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0317 実行設定を有効にします : [%1]%2 クライアントが実行設定を有効にするメソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0318 全トリガーを無効化します : [%1] クライアントが全トリガーを無効化するメソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0319 全トリガーを有効化します : [%1] クライアントが全トリガーを有効化するメソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0320 プロジェクトファイルを保存します : [%1]%2 クライアントがプロジェクトファイルの保存メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0321 フローを保存します : [%1]%2 クライアントがフローの保存メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0322 実行設定を登録します : [%1]%2 クライアントが実行設定の登録メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0323 実行設定を削除します : [%1]%2 クライアントが実行設定の削除メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0324 プロジェクトを登録します : [%1]%2 クライアントがプロジェクトの登録メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0325 プロジェクトファイルを保存します : [%1]%2 クライアントがプロジェクトファイルの保存メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_I_0326 プロジェクトのファイル名を変更します : [%1]%2 クライアントがプロジェクトのファイル名の変更メソッドをコールした時に出力されます。
ASSN_E_1001 旧バージョンのASTERIA Warp Clientからログインがありました。 旧バージョンのASTERIA Warp Designerなどのクライアントからログインがあった場合に出力されます。
ASSN_E_2201 ASTERIA Warp Clientからのログインに失敗しました : [%1][%2] ASTERIA Warp Designerなどのクライアントがログインに失敗した場合に出力されます。
ASSN_E_2202 ASTERIA Warp Clientがログインしていません : %1 リクエストを出しているクライアントがログインしていない場合に出力されます。
ASSN_E_2203 セッションは存在しません : %1 セッションが存在しない場合に出力されます。

ASCN

主にコネクションマネージャーの出力する情報のためのコードです。 ログファイルにConnectionManagerのカテゴリで出力されます。

エラーコード メッセージ 説明
ASCN_I_0101 コネクション情報を登録しました : %1.%2 コネクション登録時に出力されます。
%1 : コネクションタイプ
%2 : コネクション名
ASCN_I_0102 %1件のコネクション情報を登録しました : %2 コネクション登録時に登録されたコネクション件数が出力されます。
%1 : コネクション登録数
ASCN_I_0103 コネクション情報の変更を検出しました : %1 定義ファイルの変更を検出しリロードした場合に出力されます。
ASCN_I_0104 コネクション情報が削除されました : %1.%2 コネクション削除時に出力されます。
ASCN_I_0105 コネクション定義ファイルを保存しました : %1 コネクション定義ファイルが保存された時に出力されます。
ASCN_I_0201 コネクションがタイムアウトしました: %1.%2 コネクションがコネクションプールからタイムアウトした場合に出力されます。
%1 : コネクションタイプ
%2 : コネクション名
ASCN_I_0202 コネクションプールをクリアしました コネクションプールがクリアされた場合に出力されます。
ASCN_I_0203 コネクションをプールしました : [Name=%1][PoolSize=%2] コネクションがコネクションプールに追加された場合に出力されます。
%1 : コネクション名
%2 : プールされている件数
ASCN_I_0204 %2回使用されたコネクションを破棄します : %1 コネクションプールが再利用可能回数に達して破棄された場合に出力されます。
%1 : コネクション名
%2 : プールされている件数
ASCN_I_0311 すべてのコネクションをクローズできませんでした:クローズ中のコネクション数、クローズ待ちコネクション数(%1) サーバー終了時にすべてのコネクションをクローズできなかった場合に出力されます。
%1 : クローズ中コネクション数, クローズ待ちコネクション数
ASCN_I_0901 ASTERIA R2のフォーマットのasconnections.xconfがoldconnections.acxに変換されました ASTERIA R2のフォーマットのasconnections.xconfが変換された場合に出力されます。
ASCN_W_1001 コネクションのクローズでエラーが発生しました : %1 コネクションのクローズに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
ASCN_W_1002 終了処理中はコネクションをクローズできません。コネクションは破棄されます:%1 終了処理中にコネクションを追加した場合に出力されます。
%1 : コネクション名(コネクション種別)
ASCN_W_1003 コネクションのクローズ処理に時間がかかっています。コネクションは無応答になっている可能性があります:%1 コネクションのクローズ処理に時間がかかっている場合に出力されます。
%1 : コネクション名(コネクション種別)
ASCN_E_2001 コネクションの属性が取得できません : %1 定義ファイルに必須属性が見つからない場合に出力されます。
%1 : 属性名
ASCN_E_2002 コネクションが見つかりません : [Type=%1][Name=%2] コネクションが見つからない場合に出力されます。
%1 : コネクションタイプ
%2 : コネクション名
ASCN_E_2003 パスワードの解析に失敗しました : %1 パスワードの解析に失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
ASCN_E_2004 コネクションの属性値が不正です : [Name=%1][Value=%2] 定義ファイルの属性値が不正な場合に出力されます。
%1 : 属性名
%2 : 属性値
ASCN_E_2005 JDBCドライバーが見つかりません : %1 JDBCドライバーが見つからない場合に出力されます。
%1 : ドライバー名
ASCN_E_2006 ユーザーにコネクションの使用権がありません : [%1][%2] ユーザーにコネクションの使用権がない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : コネクション名
ASCN_E_2007 このドライバーではXAはサポートされていません : %1 JDBCドライバーでXAがサポートされていない場合に出力されます。
%1 : ドライバー名
ASCN_E_2008 URLが不正です : %1 JDBCのURLが不正な場合に出力されます。
%1 : URL
ASCN_E_2009 コネクションがXA対応ではありません : [%1][%2] リカバリー対象のコネクションがXA対応でない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : コネクション名
ASCN_E_2010 MetadataProviderが実装されていません : [%1] MetadataProviderが実装されていない場合に出力されます。
%1 : コネクションタイプ
ASCN_E_2101 コネクション情報の取得に失敗しました : %1 定義ファイルの読み込みに失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
ASCN_E_2102 ワークグループマスタの取得に失敗しました : %1 ワークグループのマスタの取得に失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
ASCN_E_2103 コネクションマネージャーの取得に失敗しました : %1 コネクションマネージャーの取得に失敗した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
ASCN_E_2201 プールされたコネクションが無効です: %1.%2 プールされたコネクションが無効な場合に出力されます。
%1 : コネクションタイプ
%2 : コネクション名
ASCN_E_3001 コネクションエラー : %1 コネクションで使用しているライブラリでエラーが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
ASCN_E_3002 OAuth認証情報が見つかりません。コネクションの接続テストを実行して認証を行ってください。: %1.%2 OAuth認証情報が見つからない場合に出力されます。コネクションの接続テストを実行して認証を行う必要があります。
%1 : コネクションタイプ
%2 : コネクション名
ASCN_F_9001 クローズ処理で無応答となっているコネクションの数が増加しています。サーバーを再起動してください:%1 クローズ処理に時間がかかって破棄されたコネクションの数が多くなった場合に出力されます。コネクションをこれ以上クローズ出来ない可能性が高くなっています。サーバーの再起動が必要です。
%1 : 無応答になって破棄されたコネクションの数

AREP

RepositoryManagerの出力する情報のためのコードです。 カテゴリは「asteria.repository.ユーザー名」となります。

エラーコード メッセージ 説明
AREP_I_0001 リポジトリが作成されました : %1 Repositoryが作成された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
AREP_I_0002 リポジトリが破棄されました : %1 使用されなくなったリポジトリがGCに回収された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
AREP_I_0003 リポジトリにファイルが追加されました : [File=%1][User=%2] リポジトリにファイルが追加された時に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_I_0004 リポジトリからファイルが削除されました : [File=%1][User=%2] リポジトリの対象からファイルが削除された時に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_I_0005 リポジトリからファイルがチェックアウトされました : [File=%1][User=%2] ファイルがチェックアウトされた時に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_I_0006 リポジトリにファイルがチェックインされました : [File=%1][User=%2] ファイルがチェックインされた時に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_I_0007 チェックアウトをキャンセルしました : [File=%1][User=%2] ユーザーがファイルのチェックアウトを取り消した時に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_I_0008 ファイルを取得しました : [File=%1][User=%2] ユーザーが最新版のファイルを取得した時に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_I_0011 ファイルをバックアップしました : [File=%1][Backup=%2] ファイルがバックアップされた時に出力されます。
%1 : 元ファイル名
%2 : バックアップファイル名
AREP_E_2001 リポジトリにファイルが登録されていません : %1 操作しようとしたファイルがリポジトリ登録されていない場合に出力されます。
%1 : ファイル名
AREP_E_2002 ファイルが見つかりません : %1 操作しようとしたファイルが見つからない場合に出力されます。
%1 : ファイル名
AREP_E_2003 ファイルは他のユーザーによってチェックアウトされています : [File=%1][User=%2] 操作しようとしたファイルが他のユーザーによってチェックアウトされている場合に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_E_2004 ファイルはチェックアウトされていません : [File=%1][User=%2] チェックアウトしていないファイルをチェックインしようとした場合に出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : ユーザー名
AREP_E_2005 ファイルはすでにリポジトリに登録されています : %1 リポジトリに追加しようとしたファイルが既に存在する場合に出力されます。
%1 : ファイル名
AREP_E_2006 リポジトリ入出力でIOExceptionが発生しました : %1 リポジトリ入出力でIOExceptionが発生した場合に出力されます。
%1 : エラー詳細
AREP_E_2101 定義ファイルの読み込みに失敗しました : %1 定義ファイルの読み込みに失敗したときに出力されます。
%1 : エラー詳細
AREP_E_2102 定義ファイルの保存に失敗しました : %1 定義ファイルの保存に失敗したときに出力されます。
%1 : エラー詳細
AREP_E_2103 ファイルのバックアップに失敗しました : [%1] %2 ファイルのバックアップに失敗したときに出力されます。
%1 : ファイル名
%2 : エラー詳細
AREP_E_2104 ユーザーにリポジトリ権限がありません : %1 指定のユーザーがリポジトリマスタ権限を持たない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
AREP_E_2105 ユーザーにワークグループ接続権限がありません : %1 指定のユーザーがリポジトリへの接続権限を持たない場合に出力されます。
%1 : ユーザー名
AREP_E_2106 リポジトリに接続していません ユーザーがリポジトリに接続していない場合に出力されます。
AREP_E_2107 ワークグループが存在しません : %1 指定のワークグループが存在しない場合に出力されます。
%1 : ワークグループ名
AREP_E_2201 他のユーザーーが編集中のため削除できません : %1 他のユーザーーがロックしているファイルを削除しようとした場合に出力されます。
%1 : ファイル名
AREP_E_2202 ファイルを更新できませんでした : %1 ファイルのアップロードによる更新に失敗した場合に出力されます。
%1 : ファイル名

VCTL

VersionControlの出力する情報のためのコードです。 カテゴリは「com.infoteteria.asteria.vc.VersionControl」となります。

エラーコード メッセージ 説明
VCTL_I_0001 バージョン管理(%1) - チェックアウト : %2 Checkoutが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : SVNのURL
VCTL_I_0002 バージョン管理(%1) - 追加 : %2 Addが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0003 バージョン管理(%1) - クリーンアップ : %2 Cleanupが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0004 バージョン管理(%1) - コミット : %2 Commitが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0005 バージョン管理(%1) - 削除 : %2 Deleteが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0006 バージョン管理(%1) - ロックを取得 : %2 Lockが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0007 バージョン管理(%1) - ロックを解除 : %2 Unlockが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0008 バージョン管理(%1) - フォルダー作成 : %2 Mkdirが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : フォルダー
VCTL_I_0009 バージョン管理(%1) - 移動 : %2 -> %3 Moveが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : 移動元ファイル
%3 : 移動先ファイル
VCTL_I_0010 バージョン管理(%1) - 置換(%2) : %3 Replaceが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0011 バージョン管理(%1) - 競合解決 : %2 Resolveが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0012 バージョン管理(%1) - 元に戻す : %2 Revertが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : ファイル
VCTL_I_0013 バージョン管理(%1) - 更新(%2) : %3 Updateが実行された時に出力されます。
%1 : ユーザー名
%2 : リビジョン
%3 : ファイル

CONF

設定ファイルの操作時に出力されるメッセージです。

エラーコード メッセージ 説明
CONF_E_2001 設定ファイル読み込みに失敗しました。%1 設定ファイル読み込みに失敗した時に出力されます。設定ファイルが破損している可能性がありますので、ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CONF_E_2002 設定ファイルのXML解析に失敗しました。%1 設定ファイルのXML解析に失敗した時に出力されます。設定ファイルが破損している可能性がありますので、ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CONF_E_2004 設定ファイルが見つかりません。%1 設定ファイルが見つからなかった時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CONF_E_2101 設定情報の取得に失敗しました。%1 設定情報の取得に失敗した時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CONF_E_3001 設定ファイルの書き込みに失敗しました。%1 設定ファイルの書き込みに失敗した時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CONF_E_3002 バックアップファイルの生成に失敗しました。%1 バックアップファイルの生成に失敗した時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CONF_E_3101 設定情報XMLの構築に失敗しました。%1 設定情報XMLの構築に失敗した時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。

CERT

証明書関連モジュールのログを出力するためのコードです。

エラーコード メッセージ 説明
CERT_E_2001 キーストアファイルの読み込みに失敗しました。%1 キーストアファイルの読み込みに失敗した時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CERT_E_2003 キーストアファイルが見つかりません。%1 キーストアファイルが見つからなかった時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CERT_E_2005 キーストアが初期化されていません。%1 キーストアが初期化されていません。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CERT_E_2101 鍵が不正です。%1 鍵が不正だった時に出力されます。
CERT_E_2102 アルゴリズムが見つかりません。%1 アルゴリズムが見つからなかった時に出力されます。サポートされていないアルゴリズムであった可能性があります。
CERT_E_2103 鍵が復元できません。パスワードが間違っている可能性があります。%1 鍵が復元できまなかった時に出力されます。パスワードが間違っている可能性があります。
CERT_E_2104 証明書がX509形式ではありません。%1 証明書がX509形式でなかった時に出力されます。証明書の形式を確認してください。
CERT_E_2105 証明書チェーンの取得に失敗しました。%1 証明書チェーンの取得に失敗した時に出力されます。証明書を確認してください。
CERT_E_2106 キーストアタイプがサポートされていません。%1 キーストアタイプがサポートされていなかった時に出力されます。キーストアがJavaキーストアであるか確認してください。
CERT_E_2201 秘密鍵のパスワードが見つかりません。%1 秘密鍵のパスワードが見つからなかった時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
CERT_E_2281 ルートグループの情報が取得できません。%1 ルートグループの情報が取得できなかった時に出力されます。ログを確認して開発元に問い合わせてください。

PKIU

PKI処理モジュールのログを出力するためのコードです。

エラーコード メッセージ 説明
PKIU_E_2001 処理対象ファイルが存在しない場合 パス、ファイルを確認して下さい。
PKIU_E_2002 入出力エラーが発生した場合 ファイルのアクセス権を確認して下さい。
PKIU_E_3001 処理対象ファイルが存在しない場合 パス、ファイルを確認して下さい。
PKIU_E_3002 入出力エラーが発生した場合 ファイルのアクセス権を確認して下さい。
PKIU_E_4000 PKI操作時にエラーが発生した場合 PKI操作時に予期せぬ例外が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
PKIU_E_5001 Exceptionが発生した場合 予期せぬ例外が発生しました。ログを確認して開発元に問い合わせてください。
PKIU_E_5002 ルート証明書が見つからなかった場合 ルート証明書を含んだ証明書連鎖を指定して下さい。
PKIU_E_5003 証明書の情報にカンマ「,」が使用されているため、CSRの作成を実行できません 証明書作成時にカンマ「,」をスペース「 」等へ変更して下さい。

SSL

SSL関連モジュールのログを出力するためのコードです。

エラーコード メッセージ 説明
SSL_W_1001 サーバー証明書のファイルが見つからないためSSLサーバーが起動できません。ASTERIA Warp Flow Service Management ConsoleでSSL証明書を確認してください。 サーバー証明書ファイルが見つかりません。証明書がインストールされていない可能性があります。サービスは起動されません。
SSL_W_1101 接続先のSSLサーバー証明書の有効期限が不正です。DN: %1, 有効期限: %2 -> %3 接続先のSSLサーバー証明書の有効期限が不正です。SSLサーバー管理者に確認してください。
SSL_W_1102 接続元のSSLクライアント証明書の有効期限が不正です。DN: %1, 有効期限: %2 -> %3 接続元のSSLクライアント証明書の有効期限が不正です。SSLクライアントの管理者に確認してください。
SSL_E_2001 SSLサーバーソケットのacceptでエラーが発生しました。 SSLサーバーソケットのacceptでエラーが発生しました。
SSL_E_2101 接続先のSSLサーバー証明書の有効期限が不正なためアクセスを拒否します。DN: %1, 有効期限: %2 -> %3 接続先のSSLサーバー証明書の有効期限が不正です。SSLサーバー管理者に確認してください。
SSL_E_2102 接続元のSSLクライアント証明書の有効期限が不正なためアクセスを拒否します。DN: %1, 有効期限: %2 -> %3 接続元のSSLクライアント証明書の有効期限が不正です。SSLクライアントの管理者に確認してください。
SSL_E_9001 システムストアの初期化に失敗しました。 サーバー証明書を格納しているキーストアが壊れている可能性があります。
SSL_E_9002 SSLの初期化に失敗しました。 サーバー証明書を格納しているキーストアが不正または壊れている可能性があります。
SSL_E_9003 SSLサーバーソケットの初期化に失敗しました。 ポート番号が競合している可能性があります。
SSL_E_9004 SSLサーバーのポート番号が設定されていません。 SSLサーバーのポート番号が設定されていません。設定ファイルを確認してください。

CMMD

コマンド実行で使用するメッセージです。

エラーコード メッセージ 説明
CMMD_I_0001 未知のパラメーター : 未知のパラメーターが指定された場合に出力されます。
%1 : パラメーター
CMMD_I_0103 ログファイル名が必要です spoolのファイル名が指定されていない場合に出力されます。
CMMD_I_0105 不正なSETパラメーター名です : 不正なSETパラメーター名が指定された場合に出力されます。
CMMD_I_0109 未知のAlias: 未知のAliasが指定された場合に出力されます。
CMMD_I_0113 未知のコマンド : 未知のコマンドが指定された場合に出力されます。
CMMD_E_2001 引数の数が不正です 引数の数が不正な場合に出力されます。

API

MCAPI実行時に発生するエラーを出力するためのコードです。通常はmcapi.logに出力されます。

エラーコード メッセージ 説明
API_E_2000 リクエスト不正
API_E_2001 パラメーター %1 の値が正しくありません
API_E_2002 パラメーター %1 の値が設定されていません
API_E_2003 パラメーター %1 の値のデータ型が %2 ではありません
API_E_2004 パラメーター %1 の値が %2 文字以上必要です
API_E_2005 スレッド最大サイズ(%1)はリクエストキューサイズ(%2)より小さくしてください。
API_E_2101 キー %1 の値が正しくありません
API_E_2102 キー %1 の値が設定されていません
API_E_2103 キー %1 の値のデータ型が %2 ではありません
API_E_2104 マップ %1 の内容のデータ型が全部 %2 ではありません
API_E_2105 キー %1 の値のデータ型が正しくありません
API_E_2106 配列 %1 の内容が全部同じデータ型ではありません
API_E_2107 キー %1 の値が %2 文字以上必要です
API_E_2108 キー %1 が正しくありません
API_E_2201 同じ名前のファイルは既に存在しています
API_E_2202 リクエストからファイル名を取得できません
API_E_2203 リクエストからファイルデータを取得できません
API_E_2204 アップロードされた証明書情報の解析でエラーが発生しました
API_E_2205 アップロードされたバックアップファイルの名前が間違っています
API_E_2301 リクエストデーターの解析でエラーが発生しました
API_E_2302 リクエストデーターの読み込みでエラーが発生しました
API_E_2303 Content-Typeが間違っています : %1
API_E_2304 リクエストURLの解析でエラーが発生しました
API_E_2305 時刻 %1 の解析でエラーが発生しました
API_E_2306 日付 %1 の解析でエラーが発生しました
API_E_2307 日付時刻 %1 の解析でエラーが発生しました
API_E_2401 パスワードが間違っています
API_E_2402 ユーザー名またはパスワードが間違っています
API_E_2403 同じパスのドメインが既に存在しています
API_E_2404 サブドメインが存在しています
API_E_2405 所属しているドメインは削除できません
API_E_2406 ドメインにユーザーが存在しています
API_E_2407 同じ名前のユーザーが既に存在しています
API_E_2408 スーパーユーザーは削除できません
API_E_2409 ログインユーザーは削除できません
API_E_2410 同じパスのコンテキスト設定情報が既に存在しています
API_E_2411 ログインサーバーは削除できません
API_E_2412 絶対パスで指定してください
API_E_2413 Subversionのユーザー名またはパスワードが間違っています
API_E_2414 当ユーザーは削除できません
API_E_2415 Gitサーバーに接続できません。リポジトリURL、ブランチ名、ユーザー名、パスワードが正しいことを確認してください。
API_E_2416 Gitサーバーに接続できません。リポジトリURL、ブランチ名、ユーザー名、APIトークンが正しいことを確認してください。
API_E_2417 Gitサーバーに接続できません。リポジトリURL、ブランチ名、SSHキー、パスフレーズ、フィンガープリントが正しいことを確認してください。
API_E_2418 指定されたリポジトリURLのGITサーバーはSSHキーでの認証を許可していません。認証方法やリポジトリURLが正しいことを確認してください。
API_E_2419 指定されたリポジトリURLのGITサーバーはSSHキーによる認証のみサポートされています。
API_E_2420 ブランチを切り替えることができませんでした。
API_E_2501 同じタイプと名前のトリガーが既に存在しています
API_E_2502 トリガーが重複しています
API_E_2503 パラメーター %1 の値の変換に失敗しました : %2
API_E_2601 サーバー名が他のサーバーで使われています
API_E_2701 新しいフォルダが元のフォルダのサブフォルダなので、元のフォルダをコピーあるいは削除することはできません
API_E_2702 ホームフォルダーが変更されていません
API_E_2801 公開鍵の検証でエラーが発生しました
API_E_2802 証明書は有効期限が切れています
API_E_2803 指定したエイリアスは既に存在しています
API_E_2901 指定したコネクションの初期化でエラーが発生しました
API_E_2902 コネクションで使用するライブラリがありません
API_E_2903 同じ名前のコネクションが既に存在しています
API_E_2904 同じ名前のアプリケーションログが既に存在しています
API_E_2905 コネクション名が不正です : %1
API_E_3000 禁止されています
API_E_3001 ログインしていません
API_E_3002 ログインに失敗しました
API_E_3101 権限 %1 が必要です
API_E_3102 指定されたURLへのアクセスが拒否されました
API_E_3103 システムコネクションへのアクセスが拒否されました
API_E_3104 実行ユーザーを設定する権限がありません
API_E_4000 未検出
API_E_4001 URL %1 が存在しません
API_E_4002 パラメーター %1 で指定したユーザーが存在しません
API_E_4003 パラメーター %1 で指定したセッションが存在しません
API_E_4004 指定したカレンダーが存在しません
API_E_4005 指定したコネクションが存在しません
API_E_4006 パラメーター %1 で指定したサービスが存在しません
API_E_4007 ログ %1 が存在しません
API_E_4008 パラメーター %1 で指定したファイルが存在しません
API_E_4009 パラメーター %1 で指定した実行設定が存在しません
API_E_4010 パラメーター %1 で指定したドメインが存在しません
API_E_4011 パラメーター %1 で指定した属性が存在しません
API_E_4012 パラメーター %1 で指定したコンテキストの情報が存在しません
API_E_4013 証明書が存在しません
API_E_4014 パラメーター %1 で指定したサーバーが存在しません
API_E_4015 指定したログファイルが存在しません
API_E_4016 %1 以内のページ数で指定してください。
API_E_4017 指定したコネクションのフォーム設計情報が存在しません
API_E_5000 サーバーエラー
API_E_5001 ファイル %1 の読み込みでエラーが発生しました
API_E_5002 ファイル %1 の書き込みでエラーが発生しました
API_E_5003 ファイル %1 の解析でエラーが発生しました
API_E_5004 ファイル %1 を削除した時にエラーが発生しました
API_E_5005 ZIPファイル %1 のフォーマットが正しくありません
API_E_5006 ファイルをZIPした時にエラーが発生しました
API_E_5007 ファイルをUNZIPした時にエラーが発生しました
API_E_5008 フォルダー %1 を作成した時にエラーが発生しました
API_E_5009 異常通知メールのテスト送信時にエラーが発生しました
API_E_5010 ファイル %1 をフォルダー %2 へ移動できませんでした
API_E_5101 内部の通信に失敗しました
API_E_5102 サーバー内部にエラーが発生しました
API_E_5103 サーバーのクリアでエラーが発生しました
API_E_5104 内部サーバーのURLが見つかりませんでした
API_E_5105 バックアップをリストアする前に、サービスを停止してください
API_E_5106 サービス %1 を起動してください
API_E_5107 Subversionサーバーとの同期でエラーが発生しました
API_E_5108 Gitサーバーとの同期でエラーが発生しました
API_E_5201 ファイル %1 の解析に失敗:プロセス %2 が見つかりません
API_E_5202 ファイル %1 の解析に失敗:プロセスが存在しません
API_E_5203 ファイル %1 の解析に失敗:ログ設定情報が存在しません
API_E_5204 ファイル %1 の解析に失敗:Element %2 が見つかりません
API_E_5205 ファイル %1 の解析に失敗:プロセス %3 のElement %2 が見つかりません
API_E_5301 復号化でエラーが発生しました
API_E_5302 暗号化でエラーが発生しました
API_E_5303 証明書情報の読み込みでエラーが発生しました
API_E_5304 証明書情報の解析でエラーが発生しました
API_E_5305 キーストア格納時にエラーが発生しました
API_E_5306 キーストアの読み込みあるいは削除時にエラーが発生しました
API_E_5307 キーの作成でエラーが発生しました
API_E_5308 プライベートキーの取得でエラーが発生しました
API_E_5309 CSRの作成でエラーが発生しました
API_E_5310 CSRが存在しません
API_E_5401 名前の重複している実行設定が存在しています
API_E_5501 ログの検索でエラーが発生しました
API_E_5601 Documentの作成に失敗しました
API_E_5602 JARファイルの読み込み中にエラーが発生しました
API_E_5603 コネクションの作成に失敗しました
API_E_6000 許可されていないメソッド

APILOG

ログメッセージのリストです

エラーコード メッセージ 説明

▲ このページのトップへ