RecordGet - CSVまたはFixedLengthのレコード単位での入力

ファイルシステムからCSVまたはFixedLengthのストリームをレコード単位で読み込みます。

出力ストリームは1レコードのCSVまたはFixedLengthになります。
大量レコードのファイルを1行ずつ処理する場合などに有効です。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数無制限
説明 入力ストリームは使用せず、すべて無視します。
出力フォーマットCSV,FixedLength
説明読み込んだファイルのデータに応じて設定します。

出力ストリーム変数

名前データ型説明
FileNameString読み込んだファイルのファイル名
FilePathString読み込んだファイルのファイルパス
FileDateDateTime読み込んだファイルの最終更新日時
FileSizeInteger読み込んだファイルのサイズ

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
ファイルパスremoteFile入力&出力 読み込むファイルのパスを指定します。区切り文字「\」と「/」は区別されません。
相対パスの場合は相対パスの起点 の指定に基づいて解釈されます。
「**」と「*」と「?」の3つのワイルドカードが使用できます。「**」は0個以上の任意のパスセグメントに、「*」は0個以上の任意の文字に、「?」は任意の1文字にマッチします。

例:
directory/file.txt
C:\directory\file.txt
\\server\share\file.txt
**/*.txt - 相対パスの起点 以下のすべての「*.txt」ファイル
C:\directory\*.txt - C:\directory直下の「*.txt」ファイル

ファイルパスの詳細設定group- ファイルパスの詳細設定を行うプロパティ群です。
相対パスの起点pathResolver- 相対パス指定の場合にベースフォルダーを指定します。
プロジェクトフォルダ [Relative]
プロジェクトファイルと同じフォルダを起点にします。
ホームフォルダー [ProjectOwner]
ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
実行ユーザーのホームフォルダー [ExecuteUser]
実行ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
絶対パスを許可boolean- 絶対パスを許可するかどうか選択します。
「..」を許可boolean- 上のフォルダへ移動する記述に「..」を許可するかどうか選択します。
ファイルのエンコーディングchoice入力&出力 読み込むファイルのストリーム型がCSVの場合にそのエンコーディングを指定します。
自動判別」が指定された場合は可能な限りエンコーディングを自動検出します。
ここでの指定がストリームプロパティのエンコーディングと異なっていても構いません。
自動判別 [(AutoDetect)] - 自動判別
utf-8 [utf-8] - unicode utf-8
shift_jis [shift_jis] - シフトJIS
euc-jp [euc-jp] - EUC-JP
iso-2022-jp [iso-2022-jp] - ISO-2022-JP
utf-16 [utf-16] - unicode utf-16
Windows-31J [Windows-31J] - Windows-31J
us-ascii [us-ascii] - us-ascii
読込み開始行int- 読み込みを開始する行を指定します。
例えば「2」とした場合、1行目のレコードが読み飛ばされます。詳しくは、下記トピック「読み込み開始行について」を参照してください。
ファイルパス に複数ファイルがマッチする場合はファイル単位で評価されます。
取得行数int入力&出力 1回の実行で取得する行数を指定します。
例えば「10」とした場合、入力のファイルから10行ずつデータを読み込んで出力します。
空行をスキップするboolean- 読み込むレコードがCSVの場合に、空行を読み込むかどうかを指定します。
はい [true] - 空行があった場合、その空行を無視します。
いいえ [false] - 空行があった場合、その空行を無視しません。

■ループ処理

常にこのコンポーネントがループの起点となって、ファイル中のレコードを1つずつ出力します。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
ファイルが存在しない「ファイルが存在しないのパラメーター 」
を参照してください。
コンポーネントの入力ストリーム なし ファイルパス に指定したファイルが見つからなかった場合
汎用「汎用のパラメーター 」
を参照してください。
コンポーネントの入力ストリーム なし 相対パスの起点 が「実行ユーザーのホームフォルダー」の場合に、実行ユーザーが存在しないため相対パスが解決できなかった場合
なし ファイル内のレコード数が読込み開始行 の指定に満たない場合

■「ファイルが存在しない」のパラメーター

No.名前説明
1FilePathエラー発生時のファイルパス の値

■「汎用」のパラメーター

No.名前説明
1FilePathエラー発生時のファイルパス の値

■コンポーネントの操作について

■ファイルの読込み処理について

ファイルを読み込む時に使用される区切り文字、囲み文字などは、ストリームプロパティの値が使用されます。

読込み対象のファイルが1ファイルでサイズが0byteの場合はエラーになりますが、ファイルパス にワイルドカードを使用して複数ファイルが読込み対象となった場合、全てのファイルが0byteのときはエラーとなり、1つでも0byteではないファイルがあるときはエラーになりません。

■読込み開始行について

ループで処理するレコードの開始行は、コンポーネントプロパティの読込み開始行 とストリームプロパティの読み込み開始行という2つのプロパティで決まりますが、本コンポーネントでは指定する値に注意が必要です。

コンポーネントプロパティの読込み開始行 には、ファイルを読み込むときに何行目から読み込むかを指定します。
ストリームプロパティの読込み開始行には、CSV、FixedLengthストリームが標準で持っているプロパティで、ストリームの元となったデータから何行目以降を処理対象のストリームとするかを指定します。

読み込んだファイルの内容から先頭行を読み飛ばすには、コンポーネントプロパティの読込み開始行 に「2」を指定します。
このコンポーネントの出力は、取得行数 で指定した行数となりますが、ストリームプロパティの読込み開始行を「2」以上の値に設定した場合、指定行数よりも少ない行数が出力されます。