CopyFile - ファイルコピー

ファイル、フォルダーをコピーします。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明すべてのストリームを入力できます。
出力フォーマットすべて
説明 入力ストリームをそのまま出力します。

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
コピー元ファイルパスremoteFile入力&出力 コピー元のファイル、フォルダーのパスを指定します。
UNIXシステムの場合は、パス名は接頭辞が "/" の場合に絶対パスとみなします。Windowsシステムの場合は、パス名は接頭辞がドライブ指示子のあとに "\\" が続く場合、または接頭辞が "\\" の場合に絶対パスとみなします。
相対パスで指定した場合は、相対パスの起点 で指定したホームからの相対になります。
「*」と「?」の2つのワイルドカードを使用して1つ以上のファイル、フォルダーを指定することができます。 「*」は0個以上の任意の文字に、「?」は任意の1文字にマッチします。
ワイルドカードが指定された場合は、コピー先ファイルパス の指定はフォルダー名として解釈されます。
フォルダーが指定された場合は、そのフォルダー下のすべてのファイル、フォルダーもコピーされます。
コピー先ファイルパスremoteFile入力&出力 コピー先のファイル、フォルダーのパスを指定します。
UNIXシステムの場合は、パス名は接頭辞が "/" の場合に絶対パスとみなします。Windowsシステムの場合は、パス名は接頭辞がドライブ指示子のあとに "\\" が続く場合、または接頭辞が "\\" の場合に絶対パスとみなします。
相対パスで指定した場合は、相対パスの起点 で指定したホームからの相対になります。
ファイルパスの詳細設定group- ファイルパスの詳細設定を行うプロパティ群です。
相対パスの起点pathResolver- 相対パス指定の場合にベースフォルダーを指定します。
プロジェクトフォルダ [Relative]
プロジェクトファイルと同じフォルダを起点にします。
ホームフォルダー [ProjectOwner]
ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
実行ユーザーのホームフォルダー [ExecuteUser]
実行ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
絶対パスを許可boolean- 絶対パスを許可するかどうか選択します。
「..」を許可boolean- 上のフォルダへ移動する記述に「..」を許可するかどうか選択します。
更新日時を維持boolean入力&出力 コピーしたファイルの最終更新時刻を維持するかどうかを指定します。
はい [True] - コピー先のファイルの最終更新時刻はコピー元のファイルと同じになります。
いいえ [False] - コピー先のファイルの最終更新時刻はコピーが行われた日時になります。
上書き処理choice入力&出力 コピー先にコピー元と同名のファイルが既に存在した場合の動作を指定します。
上書きしない [Never] - ファイル名が重複したファイルはコピーせず、ファイル名が重複していないファイルのみをコピーします。
上書きする [Force] - ファイルを上書きコピーします。
新しい場合上書きする [Update] - コピー元とコピー先の最終更新時刻を比較してコピー元の方が新しい場合は上書きコピーします。
エラーにする [Error] - コピー先ファイルが既に存在する場合はエラーにします。
コピー元を削除boolean入力&出力 コピー後にコピー元ファイルパス で指定されたファイルを削除するかどうかを指定します。
はい [True] - 削除します。
いいえ [False] - 削除しません。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
コピー元が存在しない なし コンポーネントの入力ストリーム2コピー元ファイルパス で指定したファイルが見つからなかった場合
コピー先が既に存在する なし コンポーネントの入力ストリーム3上書き処理が「エラーにする」の場合に、コピー先のファイルが既に存在していた場合。
フォルダーをコピーする、またはコピー先のパスに含まれるフォルダーを作成するとき、フォルダーと同名のファイルが既に存在していた場合。
ファイルをコピーするとき、コピー先にファイルと同名のフォルダーが既に存在していた場合。
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム4コピー先ファイルパス で指定したフォルダーが存在せず、作成もできなかった場合
9ファイルパスの指定が誤っている場合や、相対パスの起点 が「実行ユーザーのホームフォルダー」の場合に、実行ユーザーが存在しないため相対パスが解決できなかった場合
10その他のIOException。
複数ファイルのコピーを行っている場合は一部のファイルのみコピーに成功し、途中でエラーになることがあります。

■コピー元、コピー先の状況と動作の詳細

コピー元ファイルパス でワイルドカードが使用されず、かつコピー先ファイルパス がパス区切り文字で終了していない場合の動作は、実行時の状況により異なります。
コピー元ファイルパスコピー先ファイルパス で指定したパスに対して、以下の3つのパターンが想定されます。

  1. パスに該当するファイルが存在する
  2. パスに該当するフォルダーが存在する
  3. パスに該当するファイル、フォルダーが存在しない
それぞれのパターンの組み合わせと、このコンポーネントの動作の関係は以下の表のようになります。
コピー元ファイルパスコピー先ファイルパス動作
ファイルファイル上書き処理 の指定に基づいて動作します。
ファイルフォルダーコピー先ファイルパス で指定されたフォルダーの中にコピー元ファイルパス で指定されたファイルをファイル名を変えずにコピーします。
コピー先ファイルパス で指定されたフォルダーの中にコピー元ファイルパス で指定されたファイルと同名のファイルが既に存在する場合は、上書き処理 の指定に基づいて動作します。
コピー先ファイルパス で指定されたフォルダーの中にコピー元ファイルパス で指定されたファイルと同名のフォルダーが既に存在する場合は、"エラーコード=3"のエラーが発生します。
ファイル存在しないコピー先ファイルパス で指定されたパスをファイル名として解釈し、コピー元ファイルパス で指定されたファイルのファイル名をコピー先ファイルパス で指定されたファイルのファイル名に変更してコピーします。
コピー先ファイルパス で指定されたパスに含まれる上位フォルダーが存在しない場合は、そのフォルダーを作成します。
フォルダーファイル"エラーコード=3"のエラーが発生します。
フォルダーフォルダーコピー先ファイルパス で指定されたフォルダーの中にコピー元ファイルパス で指定されたフォルダーをフォルダー名を変えずにコピーします。
コピー先ファイルパス で指定されたフォルダーの中にコピー元ファイルパス で指定されたフォルダーと同名のフォルダーが既に存在する場合は、そのフォルダーの下にコピー元ファイルパス で指定されたフォルダー下のすべてのファイル、フォルダーをコピーしようとします。
コピー先ファイルパス で指定されたフォルダーの中にコピー元ファイルパス で指定されたフォルダーと同名のファイルが既に存在する場合は、"エラーコード=3"のエラーが発生します。
(※注)
フォルダー存在しないコピー先ファイルパス で指定されたパスをフォルダー名として解釈し、コピー元ファイルパス で指定されたフォルダーのフォルダー名をコピー先ファイルパス で指定されたフォルダーのフォルダー名に変更してコピーします。
コピー先ファイルパス で指定されたパスに含まれる上位フォルダーが存在しない場合は、そのフォルダーを作成します。
存在しないファイル"エラーコード=2"のコピー元が存在しない が発生します。
フォルダー
存在しない


コピー先ファイルパス がパス区切り文字(/や\)で終了している場合、あるいはコピー元ファイルパス でワイルドカードが使用された場合は、実行時にコピー元として複数のファイル、フォルダーがマッチしたかどうかにかかわらず、コピー先ファイルパス の指定はフォルダー名として解釈され、以下のように動作します。


(※注)コピー元、コピー先でのファイル名、フォルダー名の重複について
コピー元ファイルパス で指定されたフォルダー下のすべてのファイル、フォルダーのコピーにおいて、コピー先にコピー元と同名のファイル、フォルダーが存在する場合の動作は以下の表のようになります。
コピー元コピー先動作
ファイルファイル上書き処理 の指定に基づいて動作します。
ファイルフォルダー"エラーコード=3"のエラーが発生します。
フォルダーフォルダーコピー元のフォルダー下のすべてのファイル、フォルダーをコピー先のフォルダー下にコピーしようとします。
フォルダーファイル"エラーコード=3"のエラーが発生します。