GzipFile - GZIPファイルへの圧縮

ファイルをGZIPファイルに圧縮します。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明すべてのストリームを入力できます。
出力フォーマットすべて
説明 入力ストリームをそのまま出力します。

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
圧縮対象ファイルパスremoteFile入力&出力 圧縮するファイルのパスを指定します。
UNIXシステムの場合は、パス名は接頭辞が "/" の場合に絶対パスとみなします。Windowsシステムの場合は、パス名は接頭辞がドライブ指示子のあとに "\\" が続く場合、または接頭辞が "\\" の場合に絶対パスとみなします。
相対パスで指定した場合は、相対パスの起点 で指定したホームからの相対になります。
ワイルドカードは指定できません。
GZIPファイルパスremoteFile入力&出力 出力するGZIP形式ファイルのパスを指定します。
指定しなかった場合、圧縮対象ファイルパス で指定したファイルのファイル名に拡張子 .gz を付加したファイルとなります。
UNIXシステムの場合は、パス名は接頭辞が "/" の場合に絶対パスとみなします。Windowsシステムの場合は、パス名は接頭辞がドライブ指示子のあとに "\\" が続く場合、または接頭辞が "\\" の場合に絶対パスとみなします。
相対パスで指定した場合は、相対パスの起点 で指定したホームからの相対になります。
ファイルパスの詳細設定group- ファイルパスの詳細設定を行うプロパティ群です。
相対パスの起点pathResolver- 相対パス指定の場合にベースフォルダーを指定します。
プロジェクトフォルダ [Relative]
プロジェクトファイルと同じフォルダを起点にします。
ホームフォルダー [ProjectOwner]
ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
実行ユーザーのホームフォルダー [ExecuteUser]
実行ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
絶対パスを許可boolean- 絶対パスを許可するかどうか選択します。
「..」を許可boolean- 上のフォルダへ移動する記述に「..」を許可するかどうか選択します。
上書き処理choice入力&出力 出力GZIPファイルが既に存在した場合の動作を指定します。
上書き [Overwrite] - 出力GZIPファイルの有無にかかわらず、新規GZIPファイルに指定のファイルを圧縮します。出力GZIPファイルが既に存在する場合は上書きされます。
エラーにする [Error] - 出力GZIPファイルが既に存在する場合はエラーとします。
圧縮対象ファイルを削除boolean入力&出力 圧縮後に元ファイルを削除するかどうかを指定します。
はい [True] - 圧縮後に圧縮対象ファイルパス で指定されたファイルを削除します。
いいえ [False] - 圧縮後に圧縮対象ファイルパス で指定されたファイルを削除しません。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
圧縮対象ファイルが存在しない なし コンポーネントの入力ストリーム2圧縮対象ファイルパス で指定したファイルが見つからなかった場合
GZIPファイルが既に存在する なし コンポーネントの入力ストリーム3上書き処理が「エラーにする」で出力GZIPファイルが既に存在していた場合。
あるいは出力GZIPファイルと同一名称のフォルダーが存在していた場合
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム4GZIPファイルパス で指定したフォルダーが存在せず、作成もできなかった場合
5GZIPファイルパス で指定したGZIPファイルの作成に失敗した場合
9ファイルパスの指定が誤っている場合や、相対パスの起点 が「実行ユーザーのホームフォルダー」の場合に、実行ユーザーが存在しないため相対パスが解決できなかった場合