ImageConverterStd - イメージフォーマットの変換

イメージデータの、フォーマット、色、向き、透明度を変換します。
サポートされている入力データフォーマットはJPEG, PNGです。出力フォーマットはJPEGまたはPNGを選択できます。

■ストリーム情報

入力フォーマットBinary
接続数1
出力フォーマットBinary

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
出力形式choice入力&出力 イメージデータの出力フォーマットを指定します。
JPEG - JPEGに変換します。
PNG - PNGに変換します。
出力品質int入力&出力出力形式が「JPEG」の場合に、JPEGの出力品質を0から100の数値で指定します。
値が0の場合に高圧縮で低品質に、100の場合に低圧縮で高品質になります。
初期値は75です。
出力イメージの幅int入力&出力 出力イメージデータの幅をピクセル単位で指定します。
値が0、かつ縦横比で出力するが「いいえ」の場合、入力イメージの幅がそのまま適用されます。「はい」の場合、入力イメージデータの縦横比を保つ値が適用されます。
出力イメージの高さint入力&出力 出力イメージデータの高さをピクセル単位で指定します。
値が0、かつ縦横比で出力するが「いいえ」の場合、入力イメージの高さがそのまま適用されます。「はい」の場合、入力イメージデータの縦横比を保つ値が適用されます。
縦横比で出力するboolean入力&出力 入力イメージデータに対する出力イメージの比率適用方法を指定します。
出力イメージの幅 が0、かつ出力イメージの高さ が0の場合、このプロパティの値は無視されます。
はい [true] - 入力イメージデータの縦横比で伸張して出力されます。
いいえ [false] - 出力イメージの幅出力イメージの高さ の値に指定されたサイズに合わせて出力されます。
カラーモードchoice入力&出力 出力イメージデータの色をカラーにするか白黒にするかを指定します。
白黒 [grayscale] - 入力のイメージデータがカラーイメージの場合に、白黒イメージに変換します。
カラー [color] - 入力のイメージデータをそのままの色で出力します。
不透明度int入力&出力出力形式が「PNG」の場合に、出力イメージデータの不透明度を0から100の数値で指定します。
値が0の場合に出力イメージは透明に、100の場合に不透明になります。
背景を透過するboolean入力&出力出力形式が「PNG」の場合に、背景を透明にするかどうかを指定します。
左上のピクセルの色を背景色とみなし、その色のすべてのピクセルを透明にします。
左上のピクセルとは異なる色が背景に含まれている場合、背景の一部のみが透明になります。
はい [true] - 背景を透明にします。
いいえ [false] - 背景を透明にしません。
回転角度choice入力&出力 イメージデータの回転角度を指定します。初期値は0で回転しません。
回転角度なしでなく、かつ、反転方向が「なし」の場合、反転方向を優先し最初にイメージデータを反転してから回転させます。
なし [0] - 回転しません。
時計回りで90度 [90] - 時計回りで90度回転します。
反時計回りで90度 [-90] - 反時計回りで90度回転します。
180度 [180] - 180度回転します。
反転方向choice入力&出力 イメージデータをどの方向に反転するかどうかを指定します。初期値は「なし」で反転しません。
回転角度なしでなく、かつ、反転方向が「なし」の場合、反転方向を優先し最初にイメージデータを反転してから回転させます。
なし [none] - 反転しません。
左右反転 [horizontal] - 上下に反転します。
上下反転 [vertical] - 左右に反転します。
出力ファイルパスremoteFile入力&出力 このファイルパスを指定した場合は、指定されたファイルパス名でイメージを出力します。
出力ファイルパスの起点pathResolver-出力ファイルパス を指定した場合、ファイルパスのベースフォルダーを指定します。
プロジェクトフォルダー [Relative]
プロジェクトファイルと同じフォルダーを起点にします。
ホームフォルダー [ProjectOwner]
ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
実行ユーザーのホームフォルダー [ExecuteUser]
実行ユーザーのホームフォルダーを起点にします。

■ループ処理

なし。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム なし 入力イメージフォーマットがサポート対象以外のフォーマットだった場合
なし 出力ファイルパスの起点 が「実行ユーザーのホームフォルダー」のときに実行ユーザーが存在しないため相対パスが解決できなかった場合