MongoDBGet - MongoDBからの入力

MongoDBからドキュメントを取得します。

MongoDBへの接続情報を設定することで「MongoDB Browser」からデータベース名 プロパティとコレクション名 プロパティを選択することができます。
「MongoDB Browser」の詳細については下記トピック「MongoDB Browserの使い方」を参照してください。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明 入力ストリームは使用せず、すべて無視します。
出力フォーマットText
説明 MongoDBから取得したドキュメントをJSONの形式で出力します。

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
コネクションを使用boolean- 接続先に以下のコネクション名 を使用するかどうか選択します。
はい [true] - 以下のコネクション名 で指定されたMongoDBコネクションを使用してMongoDBへの接続を行います。
いいえ [false] - コネクション情報 以下のプロパティを使ってMongoDBへの接続を行います。
コネクション名connection-コネクションを使用 が「はい」の場合に、MongoDBへの接続情報を定義したMongoDBコネクションを指定します。 コネクションペインまたは管理コンソールにて作成したMongoDBコネクション名を選択します。
コネクション情報group-コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
ホストstring入力&出力 MongoDBへ接続するときのホストを指定します。
コネクションを使用 が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。
ポート番号int入力&出力 MongoDBへ接続するときのポート番号を指定します。
コネクションを使用 が「いいえ」の場合にこの設定が参照されます。
認証group-コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用される認証用プロパティ群です。
ユーザー名string入力&出力 MongoDB接続時に認証を行う場合のユーザー名を指定します。
パスワードpassword入力&出力 MongoDB接続時に認証を行う場合のパスワードを指定します。
ユーザーデータベース名string入力&出力 MongoDB接続時に認証を行う場合のユーザーの所属するデータベースを指定します。
指定しなかった場合は「admin」になります。
SSLを使用するboolean- MongoDB接続時にSSLで接続するかを選択します。
はい [true] - SSLで接続します。
いいえ [false] - 接続時にSSLを使用しません。
データベース名string入力&出力 接続するデータベースを指定します。
コレクション名string入力&出力 接続するコレクションを指定します。
クエリーstring入力&出力 クエリーに使用するJSON文字列を指定します。
ソートstring入力&出力 ソートに使用するJSON文字列を指定します。
リミットint入力&出力 取得ドキュメント数を指定します。
オフセットint入力&出力 指定した数だけ出力するドキュメントをスキップして出力します。30を指定した場合、ドキュメント先頭から30ドキュメントは出力されず、31番目のドキュメントから出力されます。
ループを開始loopProcess- 複数のドキュメントが指定にマッチする場合に、ドキュメントをまとめて出力するか1ドキュメントずつループして出力するかを選択します。
はい [true] - ループの起点となって1ドキュメントずつストリームに出力します。
いいえ [false] - すべてのドキュメントをまとめて配列のJSON文字列としてストリームに出力します。
ドキュメントが無い場合エラーboolean- 対象のドキュメントが存在しない場合にエラーを発生するかどうかを選択します。
はい [true] - エラーを発生します。
いいえ [false] - 空のストリームを出力します。
ドキュメント数int   出力 出力ストリームに出力するドキュメント数を返します。ループを開始が「はい」の場合は1となります。
接続タイムアウト(秒)int入力&出力 接続タイムアウトを秒で指定します。
ソケットタイムアウト(秒)int入力&出力 ソケットタイムアウトを秒で指定します。

■ループ処理

ループを開始が「はい」の場合、 このコンポーネントがループの起点となって検索されたドキュメントを1ドキュメントずつ出力します。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム1通信に失敗した場合
2JSON構文が間違っている場合
3MongoDBサーバーエラーが発生した場合
ドキュメントが無い なし コンポーネントの入力ストリーム4ドキュメントが無い場合エラー プロパティが「はい」の場合に、ドキュメントが存在しなかった場合

■動作に必要なライブラリ

MongoDBコンポーネントを使用するには、MongoDBのJavaドライバーをフローサービスにコピーする必要があります。MongoDBのJavaドライバーはMongoDBの公式サイトよりダウンロードしてください。
ダウンロードしたmongo-java-driver-[version].jarファイルを次のフォルダーにコピーし、フローサービスを再起動します。

ライブラリを配置するフォルダー

[DATA_DIR]/system/lib/drivers

※MongoDBのJavaドライバーは3.1以上のバージョンを使用してください。
※MongoDBのJavaドライバーのファイル名はmongo-java-driver-[version].jarであり、mongodb-driver-[version].jarではありませんので注意してください。

■MongoDB Browserの使い方

本コンポーネントをダブルクリックするか、右クリックメニューの「MongoDB Browser」を実行すると、MongoDB Browserが起動します。


MongoDB Browserの画面構成

①.MongoDB構成情報ツリー
接続したMongoDBのデータベースとコレクションをツリー構造で表示します。
ここで選択したデータベース、コレクションがプロパティへ設定されます。
②.選択内容
MongoDB構成情報ツリーで選択した項目別に表示します。
  • MongoDB
    • 「データベース作成」ボタン
      クリックして表示されるダイアログに、作成するデータベース名を入力してデータベースを作成します。作成したデータベースには「newCollection」という名前のコレクションが作成されていますので、必要でなければ削除してください。
  • データベース
    • 「コレクション作成」ボタン
      クリックして表示されるダイアログに、作成するコレクション名を入力して、選択しているデータベースにコレクションを作成します。
    • 「データベース削除」ボタン
      クリックすると選択しているデータベースを削除します。
  • コレクション
    • ドキュメント数
      選択しているコレクション内のドキュメント数を表示します。
    • インデックス数
      選択しているコレクション内のインデックス数を表示します。
    • 「ドキュメント追加」ボタン
      クリックして表示されるダイアログに追加するJSONを入力して、選択しているコレクションにドキュメントを追加します。
    • 「インデックス追加」ボタン
      クリックして表示されるダイアログに追加するJSONを入力して、選択しているコレクションにインデックスを追加します。
    • 「全ドキュメント削除」ボタン
      クリックするとコレクション内のドキュメントをすべて削除します。
      ※削除対象のドキュメントには、表示されていないドキュメントも含まれます。
    • 「全インデックス削除」ボタン
      クリックするとコレクション内のインデックスをすべて削除します。
    • 「コレクション削除」ボタン
      クリックすると選択しているコレクションを削除します。
③.ドキュメント・インデックス情報
  • ドキュメント
    MongoDB構成情報ツリーでコレクションを選択した場合に、コレクションに含まれるドキュメントを指定の開始位置から指定数取得して内容を表示します。
    • 開始位置
      取得するドキュメントの開始位置を0以上の数値で指定します。
    • 取得数
      取得するドキュメント数を1以上の数値で指定します。
    • 「更新」ボタン
      クリックするとドキュメントを再取得します。
    • 「ドキュメントの削除」ボタン
      クリックするとドキュメントを削除します。
  • インデックス
    MongoDB構成情報ツリーでコレクションを選択した場合に、コレクションに設定されたインデックスを取得して内容を表示します。
    • 「インデックスの削除」ボタン
      クリックするとインデックスを削除します。
④.保存・キャンセル
  • 「保存」ボタン
    クリックするとMongoDB構成情報ツリーで選択したデータベースとコレクションをプロパティへ設定し「MongoDB Browser」を終了します。
  • 「キャンセル」ボタン
    クリックすると内容を破棄して「MongoDB Browser」を終了します。