SimpleMail - メールの送信

SMTPでメールを送信します。
メールサーバーとの接続にSSL通信を使う場合、管理コンソールで登録された証明書を使用してPKI基盤に従って通信を行います。

■ストリーム情報

入力1フォーマットすべて
接続数1
説明入力ストリームを本文とするが「はい」の場合、メールの本文として処理されます。
「いいえ」の場合は使用されません。
入力2フォーマットすべて
接続数無制限
説明ファイルを添付 が「はい」の場合のみ表示されます。
各入力ストリームの内容はメールの添付ファイルとして処理されます。
入力ストリームの形式が「MIME」の場合は、「multipart/mixed」の「Content-Type」として添付ファイルとして扱います。 その他の形式はそれぞれを添付ファイルとして扱います。
入力ストリームに「FilePath」のストリーム変数がある場合は、その値を「Content-Type」内のFilename属性に添付ファイル名として設定します。 それ以外の場合はこのコンポーネント内でファイル名は自動的に生成されます。
入力ストリームに「MIMEType」のストリーム変数がある場合は、その値を「Content-Type」として設定します。 それ以外の場合はこのストリーム型に応じて自動的に「Content-Type」は決定されます。
出力フォーマットText
説明 入力ストリームをそのまま出力します。

入力ストリーム変数(入力2)

名前データ型説明
FilePathString存在する場合添付ファイルのファイル名になります。
MIMETypeString存在する場合添付ファイルのContent-Typeになります。

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
コネクション名connection- 送信時に使うSMTPサーバーを指定します。 コネクションペインまたは管理コンソールにて作成したSMTP接続名を選択します。
差出人string入力&出力 送信元のメールアドレスを設定します。表示名も一緒に渡したい場合は、「"John Smith" <jsmith@infoteria.co.jp>」のように設定します。表示名に日本語や空白を含む場合は必ず「"」で括らなければなりません。
宛先string入力&出力 送信先のメールアドレスを指定します。このフィールドは複数のメールアドレスを記述することができます。 複数のメールアドレスを記述する場合は、「;」または「,」をセパレータとして使用してください。 表示名も一緒に渡したい場合は差出人 のフィールドの説明と同じ方法で指定することができます。
CCstring入力&出力 カーボンコピーのメールアドレスを指定します。このフィールドは複数のメールアドレスを記述することができます。 複数のメールアドレスを記述する場合は、「;」または「,」をセパレータとして使用してください。 表示名も一緒に渡したい場合は差出人 のフィールドの説明と同じ方法で指定することができます。
BCCstring入力&出力 ブラインドカーボンコピーのメールアドレスを指定します。このフィールドは複数のメールアドレスを記述することができます。 複数のメールアドレスを記述する場合は、「;」または「,」をセパレータとして使用してください。
件名string入力&出力 メッセージの件名を指定します。
入力ストリームを本文とするboolean- 入力ストリームをメッセージの本文とするかどうかを指定します。
はい [true] - 本文は入力ストリームの文字列となります。
いいえ [false] - 本文は本文プロパティの設定値となります。
本文string入力&出力入力ストリームを本文とするが「いいえ」の場合に使用するメッセージの本文を指定します。
同一コネクションで送信boolean- 1つのフローの中でコネクションを保持するかどうか指定します。
はい [true] - すべてのメッセージの送信のために、1つのSMTPサーバーへのコネクションを使って送信します。
いいえ [false] - メッセージ送信のたびにSMTPサーバーへのコネクションを張ります。
ファイルを添付boolean- メールに添付ファイルをつけるかどうかを指定します。
このプロパティではいを指定するとコンポーネントのアイコンサイズが大きくなり、添付ファイル用の入力コネクタが表示されるようになります。
添付ファイルをつける場合はそこに添付するファイルを入力ストリームとして差し込んでください。
はい [true] - 添付ファイルをつけます。
いいえ [false] - 添付ファイルをつけません。
追加するヘッダーcategory入力&出力 標準でプロパティとして定義されている以外のメールヘッダーを付加する場合にヘッダー名と値を定義します。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム なし コネクション名 に指定したコネクションが見つからない場合
なし SMTPサーバーに接続できない場合
なし SMTPサーバーがエラーを返した場合

■エンコーディングとContent-Typeについて

件名や本文などで使用されるエンコーディングとしてはiso-2022-jpが使用されます。iso-2022-jpで文字化けする場合にはutf-8が使用されます。また、追加するヘッダーでContent-Typeを指定し、このエンコーディングを変更することは出来ません。