SingleSchedule - 指定日時に実行

指定日時に別フローの実行を行うようにスケジューラーサービスにスケジュールを登録します。
このコンポーネントは実行をスケジュールすると直ちに次のコンポーネントに制御が移ります。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明すべてのストリームを入力できます。入力ストリームは実行するフローの入力ストリームとなります。
出力フォーマットすべて
説明 入力ストリームをそのまま出力します。

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
実行日時datetime入力&出力 実行日時を指定します。通常、マッパーでDate型の変数を差し込みます。値を設定する場合は「yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss」形式で設定してください。
実行するフローsubflow入力&出力 実行を予約するフローを指定します。
値フィールドをクリックして表示されるフローの一覧から選択します。
実行モードchoice入力&出力 実行するフローの実行モードを指定します。
引き継ぐ [inherit] - 呼び出し元フローの実行モードを引き継ぎます
通常 [normal] - 通常モード
デバッグ [debug] - デバッグモード
プロファイル [profile] - プロファイルモード
優先 [high] - 優先実行モード
同一セッションで実行boolean- 実行するフローのセッションは現在のセッションと同一セッションにするかどうか選択します。
※「はい」を選択した場合、複数のフローが同一セッションで実行される可能性があるため、複数のフローから同一のセッション変数へアクセスされる可能性があります。Mutexコンポーネントなどを利用して、十分に注意して使用してください。
はい [true] - 同一セッションになります。セッション変数と実行ユーザーが引き継がれます。ただしフローの実行開始までにセッションがタイムアウトした場合は、セッションIDは同じになりますが別セッションとなります。
いいえ [false] - 別セッションになります。
スケジュールIDstring   出力 登録したスケジュールのスケジュールIDが設定されます。これはコンポーネントからの出力のみに使われるプロパティです。
この値を利用して、DeleteScheduleコンポーネントで登録したスケジュールを削除することができます。
パラメーターcategory入力    実行するフローにパラメーターを渡します。
実行するフロー で実行するフローを選択すると、選択したフローに公開したフロー変数が定義されている場合、パラメーターとして自動的に表示されます。値を入力することにより、実行するフローにパラメーター値を渡すことができます。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム1スケジューラーサービスが起動されていない場合
2実行するフロー が設定されていない場合

■実行するフローについて

実行するフロー名は、マッパーで差し込んで指定することができ、動的に実行する処理を変更することができます。

実行するフローの編集

コンポーネントをクリックすると実行するフロー に指定したフローが表示されます。また、フローを選択していない場合は、フローの選択ダイアログボックスが表示されます。コンポーネントを右クリックして表示されるメニューの「フローの編集」でも同様にできます。

実行するフローでのフロー名やフロー変数の変更

実行するフローには、同一プロジェクト内のフロー、別プロジェクトのフローを設定することができます。

呼出し元フローと実行するフローが同一プロジェクト内にある場合

実行するフローのフロー名の変更やフロー変数の変更は自動的に検知され、実行するフロー の設定値は自動的に更新されます。

呼出し元フローと実行するフローが別プロジェクトの場合

実行するフローのフロー名を変更すると、実行するフロー の指定が無効になるため、再度実行するフロー の設定を行う必要があります。実行するフローのフロー変数や出力ストリームを変更した場合は、このコンポーネントに変更内容を反映させます。変更内容を反映するには、コンポーネントを右クリックして表示されるメニューから「パラメーターの更新」をクリックします。