SlackGet - Slackのメッセージを取得

SlackのWeb APIを使用してSlackのメッセージを取得します。
メッセージにスレッドがある場合、そのリプライを取得します。
ユーザまたはボットが参加している会話(チャンネル、ダイレクトメッセージなど)からメッセージを取得できます。
ユーザトークンを利用する場合はユーザが参加していないパブリックチャンネルのメッセージを取得できます。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明 入力ストリームは使用せず、すべて無視します。
出力フォーマットRecord
説明 次のようなフィールド定義の固定のレコードが出力されます。 x
フィールド名データ型説明
TypeStringSlackイベントの種類を出力します。現在は「message」のみ出力します。
UserIdStringメッセージを投稿したユーザのIDを出力します。
BotIdStringメッセージを投稿したボットのIDを出力します。
TextStringメッセージ本文を出力します。
※ファイルなどのコンテンツを添付したテキストをボットが投稿した場合などのような特殊なケースでは、Slack上で表示されているテキストを取得できない場合があります。
TimestampStringメッセージのタイムスタンプを出力します。
HiddenBooleanメッセージが削除されていた場合trueを出力します。
ParentUserIdStringリプライの場合、親メッセージを投稿したユーザのIDを出力します。リプライではない場合は空文字です。
ThreadTimestampString親メッセージまたはリプライの場合、スレッドのタイムスタンプを出力します。同一スレッドのスレッドタイムスタンプはすべて同じ値です。スレッドのないメッセージの場合は空文字です。

出力ストリーム変数

名前データ型説明
StatusCodeintHTTPレスポンスのステータスコード

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
コネクションを使用boolean- 接続先に以下のコネクション を使用するかどうか選択します。
はい [true] - 以下のコネクション で指定されたSlack接続名を接続先として使用します。
いいえ [false] - コネクション情報 以下のプロパティを使ってSlackに接続を行います。
コネクションconnection-コネクションを使用 が「はい」の場合に、Slackアプリケーションへの接続用コネクションを指定します。
コネクションペインまたは管理コンソールにて作成した接続名を選択します。
コネクション情報group-コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
Slack APIのトークンstring入力&出力 Slack Web APIのトークンを指定します。トークンは「Your Apps>Add features and functionality>Permissions>OAuth&Permissions」画面から取得したOAuth Access Tokenを使用します。
会話の種類(conversation type)によって次のスコープの設定が必要になります。
  • ユーザートークン: channels:history、groups:history、im:history、mpim:history
  • ボットトークン: channels:history、groups:history、im:history、mpim:history
channels、groups、im、mpimはそれぞれパブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージ、グループダイレクトメッセージを意味します。
コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
チャンネルstring入力&出力 メッセージを取得するチャンネルを指定します。
パブリックチャンネル、プライベートチャンネルを指定する場合は、チャンネルID(例 C024BE91L)を指定します。
ダイレクトメッセージ、グループダイレクトメッセージを送信する場合は、ID (例 D023BB3L2)を指定します。
※IDはSlackのWeb画面で対象のチャンネルやユーザーを選択するとURLの最後のパスとして表示されています。
コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
タイムアウト(秒)int入力&出力 リクエスト時およびコネクション接続時のタイムアウトまでの時間を秒単位で指定します。
コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
リトライ回数int入力&出力 リクエスト時にHTTPサーバーに接続できなかったときに自動的にリトライするカウントを指定します。リトライしない場合は0を指定します。
コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
リトライ間隔(秒)int入力&出力 上記リトライ時に再度接続リクエストを送るまでの間隔を秒単位で指定します。
コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
プロキシ設定を使用boolean- 管理コンソールで設定したプロキシ設定を使用するかどうかを指定します。
コネクションを使用 プロパティが「いいえ」の場合に使用されるプロパティ群です。
はい [true] - プロキシ設定を使用します。
いいえ [false] - プロキシ設定を使用しません。
これより前datetime入力&出力 指定した日時より前のメッセージが対象となります。書式については、下記トピック「これより前、これより後プロパティの設定書式」を参照してください。
これより後datetime入力&出力 指定した日時より後のメッセージが対象となります。書式については、下記トピック「これより前、これより後プロパティの設定書式」を参照してください。
取得するメッセージ件数int入力&出力 取得するメッセージ件数を指定します。入力しない場合または負の整数を入力した場合は全てのメッセージを取得します。
取得する返信件数int入力&出力 1つのスレッドあたりの取得する返信件数を指定します。入力しない場合または負の整数を入力した場合は全てのリプライを取得します。
削除されたメッセージを含むboolean入力&出力 親メッセージが削除されていた場合、その親メッセージとスレッドに含まれるリプライを出力レコードに含めるか指定します。
はい [true] - 削除されたメッセージとスレッドに含まれるリプライが出力されます。
いいえ [false] - 削除されたメッセージとスレッドに含まれるリプライは出力されません。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
SlackApiException「SlackApiExceptionのパラメーター 」
を参照してください。
コンポーネントの入力ストリーム1 Slack APIがエラーを返した場合
HTTPException なし コンポーネントの入力ストリーム2Slackとの通信中にエラーが発生した場合
3Slackとの通信中、もしくは通信前処理でエラーが発生した場合
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム5コネクション に指定したコネクションが見つからない場合
9その他のエラーが発生した場合

■「SlackApiException」のパラメーター

No.名前説明
1HTTPStatusLineサーバーから返されたHTTPステータスラインが返されます。
2HTTPBodyサーバーから返されたHTTPレスポンスのボティが返されます。

■これより前、これより後プロパティの設定書式

これより前これより後 に値を設定する場合は「yyyy-MM-dd'T'HH:mm:ss」形式で指定します。設定時刻ちょうどでマイクロ秒が0のメッセージは含まれません。

■フローの強制終了

フローを強制終了すると、通常は実行中のコンポーネントの処理が終了してから次のコンポーネントに制御が遷移する時点でフローがアボートしますが、本コンポーネントでは実行中の処理を強制的に終了してフローがアボートします。