XSLT - XSLTによる変換

XSLTファイルを使用して入力のXMLを変換します。

■ストリーム情報

入力フォーマットXML
接続数1
出力フォーマットText,XML,HTML,CSV,FixedLength

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
ファイルパスremoteFile入力&出力 XSLTファイルのファイルパスを指定します。
ファイルパスの起点pathResolver- XSLTファイルパスのベースフォルダーを指定します。
プロジェクトフォルダー [Relative] - プロジェクトファイルと同じフォルダーを起点にします。
ホームフォルダー [ProjectOwner] - ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
パラメーターcategory入力&出力 XSLTのパラメーターを指定します。
XSLTファイル内ではパラメーターはトップレベル要素のxsl:paramとして定義されます。
フローサービスの各データ型はXSLTではそれぞれ以下のデータ型として扱われます。
フローサービスXSLT
Booleanboolean
Integer
Decimal
Double
number
String
DateTime
string
Binary使用不可

■ループ処理

なし。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム なし XSLTファイルが見つからない場合
なし XSLTが不正な場合