com.infoteria.asteria.log.parser
Class LogItem

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.log.parser.LogItem
All Implemented Interfaces:
java.io.Serializable

public class LogItem
extends java.lang.Object
implements java.io.Serializable

1行分のログを表すクラス

See Also:
Serialized Form

Constructor Summary
LogItem(long lineNumber)
          行番号を指定してLogItemを作成します。
 
Method Summary
static java.lang.String formatDate(java.util.Date d)
          Dateをログの日時フォーマットでフォーマットします。
 java.lang.String getCategory()
          カテゴリーを返します。
static java.lang.String getDateFormat()
          ログの日時フォーマットを返します。
 java.lang.String getDateStr()
          日時を文字列で返します。
 java.lang.String getDateStr(java.lang.String format)
          指定のフォーアットで日時文字列で返します。
 java.lang.String getLevel()
          ログレベルを返します。
 long getLineNumber()
          行番号を返します。
 java.lang.String getMessage()
          メッセージを返します。
 java.lang.String getThreadName()
          スレッド名を返します。
static java.util.Date parseDate(java.lang.String s)
          文字列をログの日時フォーマットでパースします。
 void setCategory(java.lang.String s)
          カテゴリーを設定します。
static void setDateFormat(java.lang.String s)
          ログの日時フォーマットを設定します。
 void setDateStr(java.lang.String s)
          日時を文字列で設定します。
 void setLevel(java.lang.String s)
          ログレベルを設定します。
 void setLineNumber(long lineNumber)
          行番号を設定します。
 void setMessage(java.lang.String s)
          メッセージを設定します。
 void setThreadName(java.lang.String s)
          スレッド名を設定します。
 java.lang.String toString()
          ログ全体を文字列化します。
 
Methods inherited from class java.lang.Object
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

Constructor Detail

LogItem

public LogItem(long lineNumber)
行番号を指定してLogItemを作成します。
Method Detail

getDateFormat

public static java.lang.String getDateFormat()
ログの日時フォーマットを返します。

setDateFormat

public static void setDateFormat(java.lang.String s)
ログの日時フォーマットを設定します。

parseDate

public static java.util.Date parseDate(java.lang.String s)
                                throws java.text.ParseException
文字列をログの日時フォーマットでパースします。

formatDate

public static java.lang.String formatDate(java.util.Date d)
Dateをログの日時フォーマットでフォーマットします。

getLineNumber

public long getLineNumber()
行番号を返します。

setLineNumber

public void setLineNumber(long lineNumber)
行番号を設定します。

getDateStr

public java.lang.String getDateStr()
日時を文字列で返します。

setDateStr

public void setDateStr(java.lang.String s)
日時を文字列で設定します。

getDateStr

public java.lang.String getDateStr(java.lang.String format)
指定のフォーアットで日時文字列で返します。

getLevel

public java.lang.String getLevel()
ログレベルを返します。

setLevel

public void setLevel(java.lang.String s)
ログレベルを設定します。

getCategory

public java.lang.String getCategory()
カテゴリーを返します。

setCategory

public void setCategory(java.lang.String s)
カテゴリーを設定します。

getThreadName

public java.lang.String getThreadName()
スレッド名を返します。

setThreadName

public void setThreadName(java.lang.String s)
スレッド名を設定します。

getMessage

public java.lang.String getMessage()
メッセージを返します。

setMessage

public void setMessage(java.lang.String s)
メッセージを設定します。

toString

public java.lang.String toString()
ログ全体を文字列化します。
Overrides:
toString in class java.lang.Object