com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper
クラス MultiOutputFunction

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper.MappingItem
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper.Function
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper.MultiOutputFunction
すべての実装インタフェース:
Cloneable, Comparable

public abstract class MultiOutputFunction
extends Function

複数出力を持つマッパー関数の基底です。


クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper.Function から継承したフィールド
LINK_UNBOUNDED
 
コンストラクタの概要
protected MultiOutputFunction()
          MultiOutputFunction(false)と同じです。
protected MultiOutputFunction(boolean bDynamic)
          コンストラクタ
 
メソッドの概要
 Object clone()
           
protected  Value getSubValue(int n)
          n番目のサブ出力のValueを返します。
protected  Value getSubValue(String name)
          引数nameの名前を持つサブ出力のValueを返します。
protected  int getSubValueCount()
          関数のサブ出力の個数を返します
protected  void setSubValueCount(int n)
          関数のサブ出力の個数を設定します。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper.Function から継承したメソッド
execute, getBaseDirectory, getFunctionName, getInputList, getMaxInputCount, getMessage, getMessage, getMessage, getMessage, getMinInputCount, getOwner, getProperty, getProperty, getPropertyBoolean, getPropertyBoolean, getPropertyDouble, getPropertyDouble, getPropertyInteger, getPropertyInteger, getPropertyString, getPropertyString, getSubItem, init, internalInit, postCompile, registProperty, registProperty, setBaseDirectory, setOwner, term
 
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper.MappingItem から継承したメソッド
beginMapping, compare, endMapping, getCanonicalName, getName
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 
インタフェース java.lang.Comparable から継承したメソッド
compareTo
 

コンストラクタの詳細

MultiOutputFunction

protected MultiOutputFunction()
MultiOutputFunction(false)と同じです。

MultiOutputFunction

protected MultiOutputFunction(boolean bDynamic)
コンストラクタ
パラメータ:
bDynamic - 出力数が動的に変化する場合はtrueを指定します。
メソッドの詳細

setSubValueCount

protected void setSubValueCount(int n)
関数のサブ出力の個数を設定します。 (出力が全部で2つの場合は1を設定します。)

getSubValueCount

protected int getSubValueCount()
関数のサブ出力の個数を返します

getSubValue

protected Value getSubValue(int n)
n番目のサブ出力のValueを返します。

getSubValue

protected Value getSubValue(String name)
引数nameの名前を持つサブ出力のValueを返します。

clone

public Object clone()
オーバーライド:
クラス Function 内の clone