com.infoteria.asteria.flowengine2.transaction
Interface RecoveryData

All Superinterfaces:
Serializable

public interface RecoveryData
extends Serializable

トランザクションのリカバリー情報を表すインターフェース
ファイルに保存され障害発生時にはこの情報を元にリカバリーが行われます。


Method Summary
 String getTransactionName()
          トランザクション名
 void recover(RecoveryContext context, Xid xid, TransactionStatus status, boolean bCommit)
          リカバリー実行のコールバックメソッド
 

Method Detail

getTransactionName

public String getTransactionName()
トランザクション名

recover

public void recover(RecoveryContext context,
                    Xid xid,
                    TransactionStatus status,
                    boolean bCommit)
             throws FlowException
リカバリー実行のコールバックメソッド
Parameters:
context - リカバリー時のコンテキスト
xid - トランザクションのXid
status - 障害発生時のトランザクションのステータス
bCommit - リカバリーでcommitするべきかどうか