CheckPoint - チェックポイント

チェックポイントコンポーネントです。
チェックポイントコンポーネントを使用するには、フローの開始コンポーネント(Startコンポーネント, HttpStartコンポーネント)のチェックポイントを使用 プロパティを「はい」にする必要があります。

チェックポイントの詳細については、「はじめに」-「詳細なトピック」-「フローの構成要素」-「チェックポイントと再実行」を参照してください。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数0
説明すべてのストリーム型を定義できます。
出力フォーマットすべて
説明入力と同じストリーム型になります。

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
ステータスstring- チェックポイントのステータスを指定します。
ここで指定したステータスは管理コンソールの「状態」-「フロー」-「ステータス一覧」画面の「チェックポイント」欄に表示されます。
指定しなかった場合はコンポーネントの名前となります。
チェックポイントの再実行時にステータスが変更されているとエラーになりますので、再実行前にステータスは変更しないようにしてください。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
Exception なし コンポーネントの入力ストリーム1チェックポイントの保存に失敗した場合