SlackPost - Slackにメッセージを送信

SlackのWeb APIを使用してSlackにメッセージを送信します。
パブリックチャンネル、プライベートチャンネル、ダイレクトメッセージを送信できます。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明 入力ストリームは使用せず、すべて無視します。
出力フォーマットXML,CSV,FixedLength,Text,HTML,Binary,MIME
説明Slack APIのレスポンスが出力されます。

出力ストリーム変数

名前データ型説明
StatusCodeintHTTPレスポンスのステータスコード

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
URLstring入力&出力 Slack Web APIのURLを指定します。
初期値は「https://slack.com/api/」で基本的に変更することはありません。
タイムアウト(秒)int入力&出力 リクエスト時およびコネクション接続時のタイムアウトまでの時間を秒単位で指定します。
プロキシ設定を使用boolean- 管理コンソールで設定したプロキシ設定を使用するかどうかを指定します。
はい [true] - プロキシ設定を使用します。
いいえ [false] - プロキシ設定を使用しません。
パスstring入力&出力 Slack Web APIのメソッドのパスを指定します。
初期値は「chat.postMessage」で基本的に変更することはありません。
ここで指定したパス文字列は上記のURLで指定されているURLに付加されます。
※URLのパス名に付加するパス文字列であり、スキームやホスト名を含むことはできません。
Slack APIのトークンstring入力&出力 Slack Web APIのトークンを指定します。トークンは「Your Apps>Add features and functionality>Permissions>OAuth&Permissions」画面から取得したOAuth Access Tokenを使用します。トークンのタイプによって次のスコープの設定が必要になります。
  • ユーザートークン: chat:write:user または chat:write:bot
  • ボットトークン: bot
  • ワークスペーストークン: chat:write または conversations.app_home:create
チャンネルstring入力&出力 メッセージを送信するチャンネルを指定します。
パブリックチャンネル、プライベートチャンネルを指定する場合は、チャンネ名(例 #general)もしくはチャンネルID(例 #C024BE91L)を指定します。
ダイレクトメッセージを送信する場合は、ID (例 D023BB3L2)を指定します。
※IDはSlackのWeb画面で対象のチャンネルやユーザーを選択するとURLの最後のパスとして表示されています。
メッセージstring入力&出力 送信するテキストを指定します。
テキストのフォーマットについてはhttps://api.slack.com/docs/message-formattingを参照してください。
ユーザー名string入力&出力 メッセージを送信するユーザー名を指定します。指定しない場合はSlack Web APIのアプリ名が使用されます。
スコープがchat:write:userの場合はこのプロパティは使用されません。
リトライ回数int入力&出力 リクエスト時にHTTPサーバーに接続できなかったときに自動的にリトライするカウントを指定します。リトライしない場合は0を指定します。
リトライ間隔(秒)int入力&出力 上記リトライ時に再度接続リクエストを送るまでの間隔を秒単位で指定します。

■トランザクション処理

コミット何もしません。
ロールバック何もしません。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用 なし コンポーネントの入力ストリーム なし Slack Web APIサーバーに接続できない場合
HTTPException「HTTPExceptionのパラメーター 」
を参照してください。
サーバーから返されたHTTPレスポンスのMIMEHTTPレスポンスのステータスコードSlack Web APIサーバーがエラーを返した場合

■「HTTPException」のパラメーター

No.名前説明
1HTTPStatusLineサーバーから返されたHTTPステータスラインが返されます。
2HTTPBodyサーバーから返されたHTTPレスポンスのボティが返されます。

■フローの強制終了

フローを強制終了すると、通常は実行中のコンポーネントの処理が終了してから次のコンポーネントに制御が遷移する時点でフローがアボートしますが、本コンポーネントでは実行中の処理を強制的に終了してフローがアボートします。