com.infoteria.asteria.flowlibrary2.component
Class Utility

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.component.Utility

public class Utility
extends java.lang.Object

コンポーネント/マッパー関数から使用可能なUtilityメソッド


Inner Class Summary
static class Utility.Logger
          HttpLoggerを継承したロガークラスです。
HttpClient.execute(com.infoteria.asteria.httpclient.HttpRequest, HttpLogger) の第二引数に渡すことが出来ます。
 
Constructor Summary
Utility()
           
 
Method Summary
static com.infoteria.asteria.httpclient.HttpClient createHttpClient(ExecuteContext context, boolean forSSL, boolean useUserClientCert, java.lang.String clientCertAlias, boolean useProxy, java.lang.String basicAuthUserName, java.lang.String basicAuthPassword)
          HTTPのコネクションプロパティを使用せず、必要な情報を渡してHttpClientを作成します。
static com.infoteria.asteria.httpclient.HttpClient createHttpClientFromConnection(ExecuteContext context, ConnectionProperty connectionProp)
          HTTPのコネクションプロパティを使用してHttpClientを作成します。
static Component getPreviousComponent(Component c)
          getPreviousComponent(c, true, false)と同じです。
static Component getPreviousComponent(Component c, boolean bIgnore)
          getPreviousComponent(c, bIgnore, false)と同じです。
static Component getPreviousComponent(Component c, boolean bIgnore, boolean bFirst)
          引数のコンポーネントの直前のコンポーネントを取得します。
bIgnoreがtrueの場合、直前のコンポーネントがIgnoreByGetPreviousインターフェースを 実装していた場合にはさらにその直前のコンポーネントにさかのぼります。
bFirstがtrueの場合、引数のコンポーネントが複数の入力を受け入れている場合には 最初の入力をさかのぼります。
bFirstがfalseで複数の入力を受け入れている場合や引数がStartComponentの場合はnullを返します。
static boolean isAxisUseProxyInThread()
          コンポーネントが内部でjakarta-axisを使用する場合にASTERIAのプロキシー設定を使用するかどうかを取得します。
設定はカレントスレッドでのみ有効です。
static boolean isPropertyMapped(Component c, java.lang.String propertyName)
          指定のプロパティに対して値がマッパーによって差し込まれているかどうかを返します。
CategoryPropertyの場合はpropertyNameに「プロパティ名/項目名」のようにプロパティ名と項目名を 「/」で区切って指定します。
static java.lang.String parseSQL(java.lang.String sql, java.util.List sqlParams, VariableList flowParams)
          SQLBuilderの生成したSQL文をPreparedStatementで実行可能な形式に変換します。
static void setAxisUseProxyInThread(boolean b)
          コンポーネントが内部でjakarta-axisを使用する場合にASTERIAのプロキシー設定を使用するかどうかを設定します。
設定はカレントスレッドでのみ有効です。
 
Methods inherited from class java.lang.Object
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

Constructor Detail

Utility

public Utility()
Method Detail

getPreviousComponent

public static Component getPreviousComponent(Component c)
getPreviousComponent(c, true, false)と同じです。

getPreviousComponent

public static Component getPreviousComponent(Component c,
                                             boolean bIgnore)
getPreviousComponent(c, bIgnore, false)と同じです。

getPreviousComponent

public static Component getPreviousComponent(Component c,
                                             boolean bIgnore,
                                             boolean bFirst)
引数のコンポーネントの直前のコンポーネントを取得します。
bIgnoreがtrueの場合、直前のコンポーネントがIgnoreByGetPreviousインターフェースを 実装していた場合にはさらにその直前のコンポーネントにさかのぼります。
bFirstがtrueの場合、引数のコンポーネントが複数の入力を受け入れている場合には 最初の入力をさかのぼります。
bFirstがfalseで複数の入力を受け入れている場合や引数がStartComponentの場合はnullを返します。

parseSQL

public static java.lang.String parseSQL(java.lang.String sql,
                                        java.util.List sqlParams,
                                        VariableList flowParams)
                                 throws FlowException
SQLBuilderの生成したSQL文をPreparedStatementで実行可能な形式に変換します。
Parameters:
sql - SQLBuilderの生成したSQL。SQL文中には「?」または「$」で括られたパラメータが含まれていて構いません。
sqlParams - 引数として空のListを渡すとそこにPreparedStatementのパラメータが格納されます。
flowParams - SQLParameterを渡します。SQL文中の「$」で括られたパラメータはこの引数で置換されます。
Returns:
PreparedStatementで実行可能なSQL。引数sqlParamsのサイズ文のパラメータが定義されています。

isPropertyMapped

public static boolean isPropertyMapped(Component c,
                                       java.lang.String propertyName)
指定のプロパティに対して値がマッパーによって差し込まれているかどうかを返します。
CategoryPropertyの場合はpropertyNameに「プロパティ名/項目名」のようにプロパティ名と項目名を 「/」で区切って指定します。
Parameters:
c - コンポーネント
propertyName - プロパティ名
Returns:
そのプロパティに対して値が差し込まれている場合はtrue

isAxisUseProxyInThread

public static boolean isAxisUseProxyInThread()
コンポーネントが内部でjakarta-axisを使用する場合にASTERIAのプロキシー設定を使用するかどうかを取得します。
設定はカレントスレッドでのみ有効です。
Returns:
axisでプロキシー設定を使用する場合はtrue

setAxisUseProxyInThread

public static void setAxisUseProxyInThread(boolean b)
コンポーネントが内部でjakarta-axisを使用する場合にASTERIAのプロキシー設定を使用するかどうかを設定します。
設定はカレントスレッドでのみ有効です。
Parameters:
b - axisでプロキシー設定を使用する場合はtrue

createHttpClientFromConnection

public static com.infoteria.asteria.httpclient.HttpClient createHttpClientFromConnection(ExecuteContext context,
                                                                                         ConnectionProperty connectionProp)
                                                                                  throws FlowException
HTTPのコネクションプロパティを使用してHttpClientを作成します。
Parameters:
context - 実行コンテキスト
connectionProp - HTTPのコネクションプロパティ
Returns:
HttpClient
Throws:
FlowException -  

createHttpClient

public static com.infoteria.asteria.httpclient.HttpClient createHttpClient(ExecuteContext context,
                                                                           boolean forSSL,
                                                                           boolean useUserClientCert,
                                                                           java.lang.String clientCertAlias,
                                                                           boolean useProxy,
                                                                           java.lang.String basicAuthUserName,
                                                                           java.lang.String basicAuthPassword)
HTTPのコネクションプロパティを使用せず、必要な情報を渡してHttpClientを作成します。
Parameters:
context - 実行コンテキスト
forSSL - SSLで接続する場合はtrue、そうでない場合はfalse
useUserClientCert - forSSLがtrueの場合に、クライアント認証が必要でそのクライアント証明書としてユーザーの証明書を使用する場合はtrue
clientCertAlias - useUserClientCertがtrueの場合に、クライアント証明書として使用するユーザーの証明書のエイリアス名
useProxy - プロキシーを使用する場合はtrue、使用しない場合はfalse
basicAuthUserName - BASIC認証する場合はユーザー名を指定します。BASIC認証しない場合はnullを指定します。
basicAuthPassword - BASIC認証する場合はパスワードを指定します。BASIC認証しない場合はnullを指定します。
Returns:
HttpClient