com.infoteria.asteria.flowlibrary2
クラス FlowException

java.lang.Object
  |
  +--java.lang.Throwable
        |
        +--java.lang.Exception
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.FlowException
すべての実装インタフェース:
Serializable
直系の既知のサブクラス:
ComponentException, FlowConnectionException, MapperException, PropertyException, StreamException

public class FlowException
extends Exception

Flowの実行中に発生するExceptionです。

関連項目:
直列化された形式

フィールドの概要
static int STATE_DEFAULT
          Stateのデフォルト値(=0)
 
コンストラクタの概要
FlowException(Exception e)
          別の例外をラップするコンストラクタ
FlowException(Exception e, int state)
          別の例外をラップし、Stateを指定するコンストラクタ
FlowException(String message)
          メッセージ指定のコンストラクタ
FlowException(String message, int state)
          メッセージとStateを指定するコンストラクタ
 
メソッドの概要
 void addParam(String name, Value value)
          パラメータを設定します。
 Component getComponent()
          Exceptionが発生したコンポーネントを取得します。
 String getComponentName()
          Exceptionが発生したコンポーネント名を取得します。
 String getErrorCode()
          エラーコードを取得します。
 String getMessageWithComponentName()
          先頭にコンポーネント名をつけたメッセージを取得します。
 Object getObject(String name)
          任意のオブジェクトを取得します。
 Exception getOriginalException()
          別の例外をラップしている場合のオリジナルの例外を返します。
 Value getParam(int idx)
          インデックスを指定してパラメータを取得します。
 Value getParam(String name)
          パラメータ名を指定してパラメータを取得します。
 int getParamCount()
          パラメータ数を取得します。
 String getParamName(int idx)
          インデックスを指定してパラメータ名を取得します。
 VariableList getParams()
          設定されるパラメータのVariableListを取得します。
 int getState()
          Stateを取得します。
 StreamDataObject getStream()
          Exceptionフローの入力となるストリームを取得します。
 void printStackTrace()
           
 void printStackTrace(PrintStream s)
           
 void printStackTrace(PrintWriter s)
           
 void setErrorCode(String value)
          エラーコードを設定します。
 void setObject(String name, Object o)
          任意のオブジェクトをセットします。
 void setOriginalException(Exception e)
          ラップする別の例外を設定します。
 void setState(int state)
          Stateを設定することにより、Exception時に起動するフローを切り替えることができます。
 void setStream(StreamDataObject stream)
          Exceptionフローの入力となるストリームを設定します。
 
クラス java.lang.Throwable から継承したメソッド
fillInStackTrace, getCause, getLocalizedMessage, getMessage, getStackTrace, initCause, setStackTrace, toString
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

STATE_DEFAULT

public static final int STATE_DEFAULT
Stateのデフォルト値(=0)
コンストラクタの詳細

FlowException

public FlowException(String message)
メッセージ指定のコンストラクタ

FlowException

public FlowException(String message,
                     int state)
メッセージとStateを指定するコンストラクタ

FlowException

public FlowException(Exception e)
別の例外をラップするコンストラクタ

FlowException

public FlowException(Exception e,
                     int state)
別の例外をラップし、Stateを指定するコンストラクタ
メソッドの詳細

getState

public int getState()
Stateを取得します。

setState

public void setState(int state)
Stateを設定することにより、Exception時に起動するフローを切り替えることができます。
関連項目:
ExceptionProperty

getOriginalException

public Exception getOriginalException()
別の例外をラップしている場合のオリジナルの例外を返します。

setOriginalException

public void setOriginalException(Exception e)
ラップする別の例外を設定します。

addParam

public void addParam(String name,
                     Value value)
パラメータを設定します。
パラメータはExceptionでサブフローが起動された際にシステム変数のExceptionParamで参照されます。

getParams

public VariableList getParams()
設定されるパラメータのVariableListを取得します。
パラメータがひとつも設定されていない場合はnullを返します。

getParam

public Value getParam(String name)
パラメータ名を指定してパラメータを取得します。

getParam

public Value getParam(int idx)
インデックスを指定してパラメータを取得します。
インデックスは0ベースです。

getParamName

public String getParamName(int idx)
インデックスを指定してパラメータ名を取得します。
インデックスは0ベースです。

getParamCount

public int getParamCount()
パラメータ数を取得します。

getComponent

public Component getComponent()
Exceptionが発生したコンポーネントを取得します。

getComponentName

public String getComponentName()
Exceptionが発生したコンポーネント名を取得します。

setStream

public void setStream(StreamDataObject stream)
Exceptionフローの入力となるストリームを設定します。
設定されない場合はコンポーネントの入力ストリームがExceptionフローの入力ストリームとなります。

getStream

public StreamDataObject getStream()
Exceptionフローの入力となるストリームを取得します。

setObject

public void setObject(String name,
                      Object o)
任意のオブジェクトをセットします。
Exceptionフローで使用するコンポーネントに内部的なオブジェクトを渡したい場合に使用します。

getObject

public Object getObject(String name)
任意のオブジェクトを取得します。

getMessageWithComponentName

public String getMessageWithComponentName()
先頭にコンポーネント名をつけたメッセージを取得します。

printStackTrace

public void printStackTrace()
オーバーライド:
クラス Throwable 内の printStackTrace

printStackTrace

public void printStackTrace(PrintStream s)
オーバーライド:
クラス Throwable 内の printStackTrace

printStackTrace

public void printStackTrace(PrintWriter s)
オーバーライド:
クラス Throwable 内の printStackTrace

getErrorCode

public String getErrorCode()
エラーコードを取得します。

setErrorCode

public void setErrorCode(String value)
エラーコードを設定します。