com.infoteria.asteria.flowlibrary2.component
クラス SimpleComponent

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowengine2.flow.Component
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.component.SimpleComponent
すべての実装インタフェース:
Cloneable
直系の既知のサブクラス:
MapperComponent

public abstract class SimpleComponent
extends Component

入力コネクタ1本、出力コネクタ1本のシンプルなコンポーネントの基底クラスです。
このクラスでは「Exception」というプロパティがあらかじめ登録されています。


クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.flow.Component から継承したフィールド
LOOP_CONTINUE, LOOP_END, LOOP_NOTHING, STATE_DEFAULT
 
コンストラクタの概要
SimpleComponent()
          コンストラクタ
SimpleComponent(int inputTypes, int outputTypes)
          入力可能なストリームフォーマットと出力可能なストリームフォーマットを指定するコンストラクタ。
 
メソッドの概要
protected  InputConnector getInputConnector()
          入力コネクタを取得します。
protected  OutputConnector getOutputConnector()
          出力コネクタを取得します。
protected  void passStream()
          入力コネクタのストリームをそのまま出力コネクタにセットします
入力コネクタが複数のリンクを受け入れる場合にこのメソッドを呼び出すとDeveloperExceptionが発生します。
protected  void setOutputStream(StreamDataObject stream)
          setOutputStream(stream, true)と同じです。
protected  void setOutputStream(StreamDataObject stream, boolean isSetProperties)
          出力ストリームを設定します。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowengine2.flow.Component から継承したメソッド
clone, commit, endFlow, execute, executeLoop, getCompiler, getComponentEntrance, getComponentExit, getComponentName, getExecuteCount, getFullName, getLicenseStr, getMessage, getMessage, getMessage, getMessage, getMessageResource, getName, getProperty, getProperty, getPropertyCount, getState, getStateArray, init, isBreakPoint, loopPossibility, registProperty, rollback, setExceptionParam, term
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

SimpleComponent

public SimpleComponent()
コンストラクタ

SimpleComponent

public SimpleComponent(int inputTypes,
                       int outputTypes)
入力可能なストリームフォーマットと出力可能なストリームフォーマットを指定するコンストラクタ。
パラメータ:
inputTypes - 入力可能ストリームフォーマット。StreamTypeクラスのシンボルを使用して設定します。
outputTypes - 出力可能ストリームフォーマット。StreamTypeクラスのシンボルを使用して設定します。
メソッドの詳細

getInputConnector

protected InputConnector getInputConnector()
入力コネクタを取得します。

getOutputConnector

protected OutputConnector getOutputConnector()
出力コネクタを取得します。

passStream

protected void passStream()
                   throws StreamException
入力コネクタのストリームをそのまま出力コネクタにセットします
入力コネクタが複数のリンクを受け入れる場合にこのメソッドを呼び出すとDeveloperExceptionが発生します。
入力ストリームがコンテナの場合も、 isExpandContainerの影響を受けずにそのままセットされます。

setOutputStream

protected void setOutputStream(StreamDataObject stream)
                        throws StreamException
setOutputStream(stream, true)と同じです。

setOutputStream

protected void setOutputStream(StreamDataObject stream,
                               boolean isSetProperties)
                        throws StreamException
出力ストリームを設定します。
パラメータ:
stream - 設定するストリーム
isSetProperties - trueの場合、streamに対してStreamFactory#setPropertiesを適用します。