com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream
クラス StreamFactory

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream.StreamFactory
直系の既知のサブクラス:
StreamFactoryBinary, StreamFactoryParameterList, StreamFactoryRecord, StreamFactoryText

public abstract class StreamFactory
extends Object

ストリームファクトリ。
ストリームファクトリはコンポーネントで設定されたフィールド定義とストリームプロパティを保持し、 ストリームに対して適用します。


コンストラクタの概要
StreamFactory()
           
 
メソッドの概要
abstract  StreamDataObject create(byte[] b)
          バイト列を基にストリームを作成します。
 StreamDataObject create(File file)
          Fileオブジェクトからストリームを作成します。
 StreamDataObject create(InputStream is)
          java.io.InputStreamからストリームを作成します。
 StreamDataObject createEmptyStream()
          空のストリームを作成します。
 FieldDefinition getFieldDefinition()
          フィールド定義を取得します。
 int getType()
          このファクトリのストリームフォーマットを返します。
 void setProperties(StreamDataObject stream)
          引数のstreamに対してストリームプロパティを適用します。
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

StreamFactory

public StreamFactory()
メソッドの詳細

setProperties

public void setProperties(StreamDataObject stream)
                   throws StreamException
引数のstreamに対してストリームプロパティを適用します。
引数のstreamに既にストリームプロパティが設定されている場合は何もしません。

getFieldDefinition

public FieldDefinition getFieldDefinition()
フィールド定義を取得します。

getType

public int getType()
このファクトリのストリームフォーマットを返します。
返り値はStreamTypeクラスで宣言されているシンボルのいずれかになります。

create

public abstract StreamDataObject create(byte[] b)
                                 throws StreamException
バイト列を基にストリームを作成します。
返り値のストリームにはストリームプロパティが適用されています。

createEmptyStream

public StreamDataObject createEmptyStream()
                                   throws StreamException
空のストリームを作成します。

create

public StreamDataObject create(File file)
                        throws StreamException
Fileオブジェクトからストリームを作成します。
実際にはファイルの内容を取得して、create(byte[])メソッドが呼び出されます。

create

public StreamDataObject create(InputStream is)
                        throws StreamException
java.io.InputStreamからストリームを作成します。
実際にはInputStreamの内容を取得して、create(byte[])メソッドが呼び出されます。