com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper
クラス MapperException

java.lang.Object
  |
  +--java.lang.Throwable
        |
        +--java.lang.Exception
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.FlowException
                    |
                    +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.mapper.MapperException
すべての実装インタフェース:
Serializable

public class MapperException
extends FlowException

マッパー関数の実行中に発生するExceptionです。

関連項目:
直列化された形式

クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.FlowException から継承したフィールド
STATE_DEFAULT
 
コンストラクタの概要
MapperException(Exception e)
          他のExceptionをラップするコンストラクタ
MapperException(int code)
          エラーコードを引数とするコンストラクタ。
MapperException(int code, Object o1)
          エラーコードと置換文字列を引数とするコンストラクタ。
MapperException(int code, Object o1, Object o2)
          エラーコードと置換文字列を引数とするコンストラクタ。
MapperException(int code, Object o1, Object o2, Object o3)
          エラーコードと置換文字列を引数とするコンストラクタ。
MapperException(String message)
          エラーメッセージを引数とするコンストラクタ
 
メソッドの概要
 String getItemName()
          Exceptionが発生したMappingItemの名前
 String getMessageWithComponentName()
          先頭にコンポーネント名とマッパー関数名をつけたメッセージを取得します。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.FlowException から継承したメソッド
addParam, getComponent, getComponentName, getErrorCode, getObject, getOriginalException, getParam, getParam, getParamCount, getParamName, getParams, getState, getStream, printStackTrace, printStackTrace, printStackTrace, setErrorCode, setObject, setOriginalException, setState, setStream
 
クラス java.lang.Throwable から継承したメソッド
fillInStackTrace, getCause, getLocalizedMessage, getMessage, getStackTrace, initCause, setStackTrace, toString
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

コンストラクタの詳細

MapperException

public MapperException(String message)
エラーメッセージを引数とするコンストラクタ

MapperException

public MapperException(int code)
エラーコードを引数とするコンストラクタ。
エラーコードにはExecuteInfoで宣言されているシンボルを使用します。

MapperException

public MapperException(int code,
                       Object o1)
エラーコードと置換文字列を引数とするコンストラクタ。
エラーコードにはExecuteInfoで宣言されているシンボルを使用します。

MapperException

public MapperException(int code,
                       Object o1,
                       Object o2)
エラーコードと置換文字列を引数とするコンストラクタ。
エラーコードにはExecuteInfoで宣言されているシンボルを使用します。

MapperException

public MapperException(int code,
                       Object o1,
                       Object o2,
                       Object o3)
エラーコードと置換文字列を引数とするコンストラクタ。
エラーコードにはExecuteInfoで宣言されているシンボルを使用します。

MapperException

public MapperException(Exception e)
他のExceptionをラップするコンストラクタ
メソッドの詳細

getItemName

public String getItemName()
Exceptionが発生したMappingItemの名前

getMessageWithComponentName

public String getMessageWithComponentName()
先頭にコンポーネント名とマッパー関数名をつけたメッセージを取得します。
オーバーライド:
クラス FlowException 内の getMessageWithComponentName