FilePut - ファイルへの出力

ファイルシステムにストリームをファイルとして書き出します。

■ストリーム情報

入力フォーマットすべて
接続数1
説明すべてのストリームを入力できます。
出力フォーマットすべて
説明 入力ストリームをそのまま出力します。

■コンポーネントプロパティ

名前プロパティ型マッピング説明
ファイルパスremoteFile入力&出力 書き込むファイルのパスを指定します。区切り文字「\」と「/」は区別されません。
相対パスの場合は相対パスの起点 の指定に基づいて解釈されます。
例:
directory/file.txt
C:\directory\file.txt
\\server\share\file.txt
ファイルパスの詳細設定group- ファイルパスの詳細設定を行うプロパティ群です。
相対パスの起点pathResolver- 相対パス指定の場合にベースフォルダーを指定します。
プロジェクトフォルダ [Relative]
プロジェクトファイルと同じフォルダを起点にします。
ホームフォルダー [ProjectOwner]
ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
実行ユーザーのホームフォルダー [ExecuteUser]
実行ユーザーのホームフォルダーを起点にします。
絶対パスを許可boolean- 絶対パスを許可するかどうか選択します。
「..」を許可boolean- 上のフォルダへ移動する記述に「..」を許可するかどうか選択します。
書込み処理choice-ファイルパス で指定されたファイルが既に存在していた場合の書き込みを選択します。
新規 [New] - 上書きします。
追加 [Append] - 追加書き込みします。
上書きを許可boolean-ファイルパス で指定したファイル名のファイルが既に存在する場合の動作を指定します。
はい [true] - 上書きします。
いいえ [false] - ファイルが存在する のエラーを発生します。
ロールバック時の処理choice- ロールバック時に書き込んだファイルを削除するかどうか選択します。
ファイルを削除 [true] - ファイルを削除します。
何もしない [false] - 何もしません。

■トランザクション処理

コミット書込み処理 が「追加」の場合、ファイルをクローズします。
ロールバックロールバック時の処理 が「ファイルを削除」の場合、ファイルを削除します。
書込み処理 が「追加」の場合、ファイルをクローズします。

■エラー処理

タイプパラメーターエラー処理フロー
へのストリーム
エラー
コード
説明
汎用「汎用のパラメーター 」
を参照してください。
コンポーネントの入力ストリーム なし ファイルパス で指定されたファイルに書き込めなかった場合
なし 相対パスの起点 が「実行ユーザーのホームフォルダー」の場合に実行ユーザーが存在しないため相対パスが解決できなかった場合
ファイルが存在する「ファイルが存在するのパラメーター 」
を参照してください。
コンポーネントの入力ストリーム4ファイルパス で指定したファイルが既に存在している場合
(書込み処理 が「追加」の場合、および上書きを許可 が「はい」の場合は発生しません。)

■「汎用」のパラメーター

No.名前説明
1FilePathエラー発生時のファイルパス の値

■「ファイルが存在する」のパラメーター

No.名前説明
1FilePathエラー発生時のファイルパス の値

■コンポーネントの操作について

■ファイルのクローズとフローのトランザクション化

書込み処理 が「新規」の場合、コンポーネントの終了時にファイルがクローズされます。

書込み処理 が「追加」の場合、以下のような動作になります。

親フローがトランザクション化されている場合、サブフロー内で本コンポーネントが書き出したファイルは、親フローのトランザクションが完了するまでクローズされません。

※フローのトランザクション化は、StartまたはHttpStartコンポーネントの「トランザクション化」プロパティで指定します。

パフォーマンス

書込み処理 が「追加」の場合でループ処理などで繰り返し追加処理を行うとき、フローをトランザクション化しないと、処理のたびにファイルのオープン、クローズが行われてパフォーマンスが劣化する可能性があります。このような場合、フローをトランザクション化するようにしてください。

DeleteFileコンポーネントでのファイルの削除

DeleteFileコンポーネントでファイルを削除するとき、対象ファイルはクローズされている必要があります。 そのため、本コンポーネントの書込み処理 が「追加」で出力したファイルは、トランザクション化した同一フロー内でDeleteFileコンポーネントを使って削除することはできません。