com.infoteria.asteria.flowlibrary2.property
クラス PathResolverProperty

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.property.ValueProperty
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.property.StringProperty
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.property.PathResolverProperty
すべての実装インタフェース:
Cloneable, Property

public class PathResolverProperty
extends StringProperty

ファイルパスを解決するプロパティです。


フィールドの概要
static int INVALID
          不正なプロパティ値
static int OWNER_HOME
          Mode - 相対パスの起点がホームディレクトリ
static int RELATIVE
          Mode - 相対パスの起点がプロジェクトフォルダ
static String STR_EXECUTE_USER
          相対パスの起点が実行ユーザーのホームディレクトリであることをあらわす文字列(ExecuteUser)
static String STR_PROJECT_OWNER
          相対パスの起点がホームディレクトリであることをあらわす文字列(ProjectOwner)
static String STR_RELATIVE
          相対パスの起点がプロジェクトフォルダであることをあらわす文字列(Relative)
static int USER_HOME
          Mode - 相対パスの起点が実行ユーザーのホームディレクトリ
 
コンストラクタの概要
PathResolverProperty(String name, String defValue)
          プロパティ名とデフォルト値を指定してPathResolverPropertyを作成します。
 
メソッドの概要
 void assign(Property prop)
           
 File getExistFile(ExecuteContext context, String path)
          pathの表すFileオブジェクトを返します。
 File getFile(ExecuteContext context, String str)
          strの表すFileオブジェクトを返します。
 String getFilePath(ExecuteContext context, String path)
          pathの表すFileの絶対パスをStringで返します。
 int getMode()
          モードを返します。
 boolean isAllowAbsolute()
          絶対パスの使用を許すかどうかを返します。
 boolean isAllowUpDir()
          「..」の使用を許すかどうかを返します。
 void setAllowAbsolute(boolean b)
          絶対パスの使用を許すかどうかを設定します。
 void setAllowUpDir(boolean b)
          「..」の使用を許すかどうかを設定します。
 void setString(String str)
           
 
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.property.StringProperty から継承したメソッド
setValue, strValue
 
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.property.ValueProperty から継承したメソッド
clone, getName, getType, getValue, getValueType, init, isMapable, isNull, isRequired, toString
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, wait, wait, wait
 

フィールドの詳細

INVALID

public static final int INVALID
不正なプロパティ値

RELATIVE

public static final int RELATIVE
Mode - 相対パスの起点がプロジェクトフォルダ

OWNER_HOME

public static final int OWNER_HOME
Mode - 相対パスの起点がホームディレクトリ

USER_HOME

public static final int USER_HOME
Mode - 相対パスの起点が実行ユーザーのホームディレクトリ

STR_RELATIVE

public static final String STR_RELATIVE
相対パスの起点がプロジェクトフォルダであることをあらわす文字列(Relative)

STR_PROJECT_OWNER

public static final String STR_PROJECT_OWNER
相対パスの起点がホームディレクトリであることをあらわす文字列(ProjectOwner)

STR_EXECUTE_USER

public static final String STR_EXECUTE_USER
相対パスの起点が実行ユーザーのホームディレクトリであることをあらわす文字列(ExecuteUser)
コンストラクタの詳細

PathResolverProperty

public PathResolverProperty(String name,
                            String defValue)
プロパティ名とデフォルト値を指定してPathResolverPropertyを作成します。
メソッドの詳細

isAllowAbsolute

public boolean isAllowAbsolute()
絶対パスの使用を許すかどうかを返します。

setAllowAbsolute

public void setAllowAbsolute(boolean b)
絶対パスの使用を許すかどうかを設定します。

isAllowUpDir

public boolean isAllowUpDir()
「..」の使用を許すかどうかを返します。

setAllowUpDir

public void setAllowUpDir(boolean b)
「..」の使用を許すかどうかを設定します。

setString

public void setString(String str)
               throws PropertyException
クラス ValueProperty の記述:
コンパイル時に値を設定します。
オーバーライド:
クラス ValueProperty 内の setString
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.property.ValueProperty からコピーされたタグ:
パラメータ:
str - プロパティ値として設定される文字列

getMode

public int getMode()
モードを返します。

getFile

public File getFile(ExecuteContext context,
                    String str)
             throws PropertyException
strの表すFileオブジェクトを返します。
相対パスはモードによって解決されます。

getExistFile

public File getExistFile(ExecuteContext context,
                         String path)
                  throws PropertyException,
                         FileNotFoundException
pathの表すFileオブジェクトを返します。
返されたFileが存在しない場合はExceptionになります。

getFilePath

public String getFilePath(ExecuteContext context,
                          String path)
                   throws PropertyException
pathの表すFileの絶対パスをStringで返します。

assign

public void assign(Property prop)
インタフェース Property の記述:
このプロパティの内容を引数のPropertyにコピーします。
引数となるPropertyのクラスはメソッド呼び出しを行うクラスと同一でなければなりません。
オーバーライド:
クラス ValueProperty 内の assign