com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream
クラス StreamFactoryXML

java.lang.Object
  |
  +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream.StreamFactory
        |
        +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream.StreamFactoryText
              |
              +--com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream.StreamFactoryXML

public class StreamFactoryXML
extends StreamFactoryText

XMLのストリームファクトリ。
StreamFactory#getTypeがStreamType.XMLを返す場合このクラスにキャストできます。


メソッドの概要
 StreamDataObject create()
          空のストリームを作成します。
 StreamDataObject create(byte[] b)
           
 StreamDataObject create(byte[] b, String enc)
           
 StreamDataXML create(Document doc)
          Documentからストリームを作成します。
 StreamDataObject create(String str)
           
 StreamDataObject createEmptyStream()
          要素名が"root"という名前の、root要素のみが存在するXMLを作成して返します。
 String getDoctypeSystemId()
          SystemIdプロパティの値を取得します。
 int getOutputForm()
          OutputFormプロパティの値を返します。
 boolean isNormalize()
          Normalizeプロパティの値を取得します。
 boolean isValidating()
          Validateプロパティの値を取得します。
 
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream.StreamFactoryText から継承したメソッド
getEncoding, getLineFeed
 
クラス com.infoteria.asteria.flowlibrary2.stream.StreamFactory から継承したメソッド
create, create, getFieldDefinition, getType, setProperties
 
クラス java.lang.Object から継承したメソッド
clone, equals, finalize, getClass, hashCode, notify, notifyAll, toString, wait, wait, wait
 

メソッドの詳細

create

public StreamDataObject create(byte[] b)
                        throws StreamException
クラス StreamFactory の記述:
バイト列を基にストリームを作成します。
返り値のストリームにはストリームプロパティが適用されています。
オーバーライド:
クラス StreamFactoryText 内の create

create

public StreamDataObject create(byte[] b,
                               String enc)
                        throws StreamException
クラス StreamFactoryText の記述:
バイト列とエンコーディングを指定してストリームを作成します。
encがnullの場合AutoDetectとなります。
返り値のストリームにはストリームプロパティが適用されています。
オーバーライド:
クラス StreamFactoryText 内の create

create

public StreamDataObject create()
                        throws StreamException
空のストリームを作成します。
返り値のストリームにはストリームプロパティが適用されています。
※空のXMLはXMLとしてValidではないのでこのメソッドは常にExceptionになります。
オーバーライド:
クラス StreamFactoryText 内の create

create

public StreamDataObject create(String str)
                        throws StreamException
クラス StreamFactoryText の記述:
文字列からストリームを作成します。
返り値のストリームにはストリームプロパティが適用されています。
オーバーライド:
クラス StreamFactoryText 内の create

create

public StreamDataXML create(Document doc)
                     throws StreamException
Documentからストリームを作成します。
返り値のストリームにはストリームプロパティが適用されています。

isNormalize

public boolean isNormalize()
Normalizeプロパティの値を取得します。

isValidating

public boolean isValidating()
Validateプロパティの値を取得します。

getDoctypeSystemId

public String getDoctypeSystemId()
SystemIdプロパティの値を取得します。

getOutputForm

public int getOutputForm()
OutputFormプロパティの値を返します。(StreamDataXML#FORM_XXXX)

createEmptyStream

public StreamDataObject createEmptyStream()
                                   throws StreamException
要素名が"root"という名前の、root要素のみが存在するXMLを作成して返します。
オーバーライド:
クラス StreamFactoryText 内の createEmptyStream